同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 秋季リーグ終幕【バドミントン男子】:バドミントン部
第68回関西学生アイスホッ...
第68回関西学生アイスホッ...
壁越えられず
課題が明確に
夏季結果号
'21ルーキー特...
'21ルーキー特...
「己の選んだ道を信じて挑戦...
'21 同立戦特集号
小栗成男氏が聖火を繋ぎました!
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年10月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
秋季リーグ終幕【バドミントン男子】:バドミントン部
2021/09/10 HEAD LINE NEWS

令和3年度関西学生バドミントン秋季リーグ戦大会 (2021年9月9日)

9月9日、令和3年度関西学生秋季リーグ戦大会が和歌山県立橋本体育館で行われた。天理大相手に3-2で勝利を収め、秋季リーグを7位で終幕した。


悔しい敗戦が続いていた秋リーグ。第1シングルスで前川(心理4)が4回生の意地を見せる。ファーストセットを先取すると、好調に滑り出すと思われた。しかし、第2セットを7-21で終える。天理大の猛追を受け、苦戦を強いられる展開となったが、終盤で追い上げを見せた。デュースに持ち込む熱戦を制し、23-21で勝利。チームを大きく勢いづける一勝となった。



サーブを放つ前川



第2シングルスでは大屋(商4)が登場。序盤から両者一歩も譲らぬ攻防を繰り広げた。第2セット中盤で連続得点を許すと、立て直すことができず、僅差で敗北を喫した。



構える大屋



絶対に勝利し、3ゲーム先取に王手をかけたい第1ダブルス。安定感のある4回生ペア伊藤(スポ4)・前川(心理4)がコートに立った。見事な連携プレーから鋭いスマッシュを放ち、粘り強く戦い抜き、22-20、21-19のストレート勝ちを収めた。



強打を打ち込む前川、伊藤



第2ダブルスにはシングルスのリベンジを図る大屋と柴崎(スポ3)が臨んだ。最初から相手に隙を与えない強打を放ち、9連続得点を奪う。そのまま勢いに乗り、大差をつけて第1セットを先取。続く第2セットでも順調に点を重ね、同志社の勝利を確定させた。



ダブルスを組む柴崎、大屋



最終ゲームの第3シングルスでは辻(文情3)が拮抗した試合展開を強いられる。最初から大量得点し、第1セットを大差で獲得するも、相手も粘りを見せ、第2セットを12-21で奪われた。フルセットにも連れ込み、一進一退の攻防を繰り広げる。しかし、終盤で一歩及ばず敗戦。個人としては悔しさを残す結果となった。



スマッシュを打つ伊藤


主将の今城(理工3)が怪我により不在となるも、4回生が意地を見せ、最終戦は勝ち星を挙げた。次戦は1部リーグ残留をかけた入れ替え戦に臨む。下位リーグの相手との熱戦が予想されるが、インカレ出場に向け、残り少ない今年度のチームの試合を全身全霊で全うする。(文責・松久莉万、撮影・待鳥桜子)


【試合結果詳細】

同志社大学 3-2 天理大

 S1 前川(心理4)☆2(21-14、7-21、23-21)

 S2 大屋(商4)★0-(17-21、19-21)2

D1伊藤(スポ4)前川(心理4)☆2(22-20、21-18)0

D2 柴崎(スポ3)大屋(商4)☆2(21-13、21-16)0

S1 辻(文情3)★1(21-10、12-21、17-21)2


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について