同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 優勝逃す(関カレ4日目)[フェンシング部]:フェンシング部
関西大学ラグビージュニアリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
新人戦スプリント準優勝
劇的逆転も...9回裏に悪夢。
'17秋の展望「...
これぞエース:福島孝輔
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
優勝逃す(関カレ4日目)[フェンシング部]:フェンシング部
2017/09/25 HEAD LINE NEWS

関西学生フェンシング選手権大会 (2017年9月22日)

9月19日から24日にかけて豊橋市総合体育館(愛知県)で行われている第67回関西学生フェンシング選手権大会。4日目の22日は団体男子エペ・女子サーブルが行われた。



男子エペメンバー



男子エペは初戦で中京大と対戦した。角田(商3)が5-2と流れを掴むと、その後も最少失点に抑え得点を重ねた。最後こそ4連続シングルで失点し苦しんだものの、危なげなく45―31で初戦を突破した。

続く相手は「山場になる(角田)」と語った朝日大。1周目、篠原(商2)が3―5とリードされたものの、角田が6―6に追いつくと二ノ宮が11点を奪い、大きくリードを広げた。波に乗った同志社は攻撃の手を緩めず得点を重ねた。2周目終了時には9点にリードを広げ、最終的には45―33で快勝した。



初戦の角田



準決勝では序盤からリードを許した。7―14と1周目にして7点差をつけられる苦しい展開となる。しかし篠原が15―20と差を縮めると、その後20―23とした。ところが再び差を広げられ23―29。ここから3周目の篠原相手がシングル6本を奪い、再び1点差まで巻き返した。最後は角田に託された。普段は相手の攻撃を待ち攻撃の機会をうかがう角田だが、リードされた場面では状況が異なる。果敢に攻めた。しかし相手にうまくかわされ、結果的には思うような得点を奪うことができなかった。39―45で3位決定戦に回ることとなった。

直後に行われた3位決定戦は関学大と接戦を繰り広げることとなった。1周目12―15と若干のリードを奪われるも、必死に食らいつき2周目には2点ビハインドとした。1日目の個人戦から毎日試合に出続けた二ノ宮、篠原は体に痛みと戦いながらの試合となったが、必死に望みをつないだ。しかし追い上げ叶わず40―45で敗戦。4位という結果に終わったが、春季リーグ5戦全敗から大きな成長を遂げた。



攻撃を仕掛ける白峰



女子サーブルは初戦で関学大と戦った。序盤、1度はリードされたものの、中盤に白峰杏香(スポ1)が逆転に成功。その後はリードされることなく45―38で初戦を突破した。

中京大戦は中盤までリードされる苦しい試合となった。しかしビハインドを最小限に抑え、2周目を終えて29―30。1点差で勝負は3周目へと入った。白峰が再びリードを3点に広げられたものの、先輩坪井(スポ3)が40―37とついに逆転を果たした。安部(スポ2)もリードを守り切り、45―42で決勝戦に進んだ。



サーブルメンバーと福崎監督



「目標は決勝に行くこと(坪井)」とここまで勝ち上がってきた。対戦するは朝日大。個人戦では上位3人を朝日大が独占するなど、ベスト8に5人が名を連ねる実力校だ。ベスト8に1人もランクインしていない同志社だが、チーム力の強さで戦ってきた。1人目安部がいきなり3連続で得点を奪い、チームも盛り上がりを見せた。ところがここから5点を連取され3―5とした。続く白峰、坪井もリードを広げられると、勢いのついた朝日大を止めることはできなかった。27―45。最後は実力の差を見せつけられてしまった。残念ながら優勝は逃したが、インカレでもチーム力で勝ち上がる姿に期待したい。(森戸尚毅)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について