同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 吉村ベスト8:フェンシング部
日本学生デュアスロン選手権
第19回全日本学生室内アー...
ヒューマンヒストリー片岡樹...
ヒューマンヒストリー今井栞...
同志社のフィギュアスケート
インカレ開幕!
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年1月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
吉村ベスト8:フェンシング部
2018/12/16 HEAD LINE NEWS

第71回全日本フェンシング選手権大会 (2018年12月6日)

126日から9日にかけて駒沢オリンピック公園総合運動場体育館(東京都)にて行われた全日本フェンシング選手権大会。1日目に女子エペで吉村(スポ3)が出場し、ベスト8となった。


鋭い突きを見せる吉村



点数を入れガッツポーズを決める吉村



予選を42敗で終え、トーナメントに挑んだ。1回戦、序盤からリードを奪うと、差を縮められることなく15-8で快勝した。続く2回戦、相手は予選プールでも当たった法大の選手だった。予選では敗北した相手だったが、「自分のプレーをすれば勝てる」と強い気持ちで試合に臨んだ。結果は15-9で圧勝。3回戦も近代五種の選手相手に勝利し、ベスト8進出を決めた。

 迎えた準々決勝。共に日本代表に選出されている山田あゆみとの対戦だった。前半からリードを許し、クードゥブルも含め4連続ポイントを取られる。しかし、吉村も負けていなかった。相手の隙を狙い、着実にポイントを重ね、7-9まで点差を縮めた。後半もその勢いで逆転を狙ったが、2点の差が縮まることは無かった。後一歩届かず惜しくも13-15で敗れ、ベスト8となった。「優勝を目指してきたので満足はしていないけど、この結果を受け止めてまた頑張りたい」と前向きに語った。国際試合を間近に控え、次の目標に向かって今一度剣の腕を磨く。(雄島未来)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について