同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 男子エペ優勝:フェンシング部
第46回西日本フィギュアス...
第46回西日本フィギュアス...
無念のリーグ初黒星
'20ルーキー特...
秋季リーグ2位で閉幕!
本部の仕事とは
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年10月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
男子エペ優勝:フェンシング部
2019/10/28 HEAD LINE NEWS

関西学生フェンシング選手権大会 (2019年10月20日)

10月16日から20日にかけて大山崎町体育館(京都府)にて行われた関西学生フェンシング大会。4日目は女子エペ、男子サーブルの団体戦がおこなわれた。女子エペ、男子サーブルどちらも準優勝をつかんだ。

準優勝を決めにこやかな女子エペメンバー


女子エペは1戦目、京大との試合だった。序盤から点差を広げ相手を一切寄せ付けず45ー19、大差で勝利した。2戦目の相手は関学だった。序盤吉村(スポ4)が5-2でリードするとそのままリードを保っていたが8人目で29ー29で並んで再び吉村にバトンが渡る。そして14点を一人で取る活躍を見せ決勝に駒を進めた。「チームとして一歩及ばなかった」(吉村)。朝日大戦終始相手にリードされ追いつくことがかなわなかった。


男子サーブルの初戦、8人目で35-40とリードされたが川北(法3)がラスト10点を取る活躍を見せ逆転した。2戦目は愛工大、序盤からリードを広げそのまま差を縮められずに勝利をつかんだ。決勝の相手はリーグ戦で勝利した朝日大。試合展開はリーグ戦と違い序盤から点差をひろげられ詰めることができずに敗北を喫した。

決勝に望むサーブル陣


最終日は女子サーブルと男子エペの団体戦が行われた。結果は女子サーブルは準優勝、男子エペは優勝を掴み取った。女子サーブルは初戦、2戦目を危うげない試合展開を見せ勝利した。決勝戦の相手は朝日大。一人め安倍が0-5でリードを許した。2人目の植村(スポ2)が7ー10と点差を縮めたがその後徐々にさを広められ最後一歩届かず破れた。


勢いよくつく宿院(商1)


 男子エペの2戦目の相手は関学。序盤からリードを広げ主導権を握った。終盤相手に連続ポイントを許すも二ノ宮(商3)がしっかりとリードを守りきり勝利した。決勝の相手は立命大。試合は常に拮抗した展開だった。1人目宿院(商1)が相手のエースとの対面でリードを1点に抑える活躍を見せ同志社に勢いをつけた。そこから点を取って取られのシーソーゲームが続いた。最後9人目二ノ宮に同点の状況でバトンをつないだ。ラスト二ノ宮は相手のエースに競り勝ち同志社エペ団体を優勝に導いた。


団体戦全てで良い結果を残した同志社。この勢いで11月に行われるインカレに望む。(岩田佳樹)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について