同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 逆転で慶大に勝利:ラグビー部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
借り返せず天理大に敗北[J...
念願叶わず、初戦敗退
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
逆転で慶大に勝利:ラグビー部
2017/05/07 HEAD LINE NEWS

同慶ラグビー定期戦 (2017年5月4日)

5月4日、秩父宮ラグビー場(東京都)にて行われた、第100回同慶ラグビー定期戦。同志社は先制点を許したが、鶴田の4トライの活躍もあり、

55-40で逆転勝利を収めた。今回の勝利によって定期戦通算成績を41勝55敗4分とした。


大学定期戦の前では、同志社小学校対慶應幼稚舎や、かつて大学選手権決勝で相まみえた同慶レジェンドチームのマッチが行われた。

試合後にはミスターラグビー・平尾誠二氏(故)への黙祷を会場全体がささげた。



カレッジソングを斉唱する紺グレ



試合は序盤からFWで押し込まれる局面が目立った。「ロータックルや連携がまだレベルが低い」(野中主将・スポ4)。ゴール前で耐え切れずに失点を喫するシーンが目立った。しかし、同志社も負けじとLO堀部(社2)・HO平川(法3)のトライで食らいつく。前半を26-26の同点で折り返し、後半に入ると、見違えたように同志社が試合を支配した。慶大のタックルを、いとも簡単にWTB鶴田(法4)がかわし、試合全体で4トライを量産。「みんなが身体を張ってつなげてくれたボールなので、トライをとる事だけを考えて走った」。鶴田の間を抜ける突破と大きなスワーブに会場が何度も沸いた。終わってみれば55-40で慶大に逆転し、野中組最初の対外試合を勝利で収めた。



スクラムは互角


シーソーゲームを見事に制した



失点の多さ

慶大は攻撃型のチームではなく、低いタックルでロースコアに持ち込んでくるが、同志社の失点が目立った。新監督・萩井好次監督は「後半は慶應さんもハーフを動かしてアタックしてこられて、受け気味のディフェンスが多くなってしまった。」と振り返る。選手自身もミスタックルの多さを課題にあげており、自陣インゴール前は元より、ディフェンス面での弱さが出てしまった。


FWで5本、BKで4本

得点シーンを振り返れば、全9本のトライのうちFWが5本のトライをあげた。展開ラグビーでBKが得点源の同志社には新たな突破口が見えた。「前に出れたし相手を圧倒することができた」。2トライをあげた平川は、接点の部分で貪欲さをみせた。野中主将は、後半13分にペナルティを獲得後、自らリスタートで押し込みトライ。「いけると思ったのでいった」。主将が気持ちの入ったプレーを見せた。

BKでは鶴田が4トライの活躍を見せたが、背景には他のBK陣がいる。永富(商3)は絶妙なパスで慶大のディフェンスを翻弄し、安田(商3)は得意のステップで何度もビックゲインを見せた。



平川がゴール前でダイビングトライ


鶴田が4トライの活躍



失点をなんとかカバーできた試合だったが、日本一を目指すにはまだ課題が多い。「勝って反省が多いのは良い事」。大学選手権で頂点を取るために、今回の勝利に甘んじることはない。着々と準備を進めるために、紺グレは次の早大戦へ焦点を当てた。(只松 憲)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について