同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > リーグ5戦目を落とす:女子バスケットボール部
関西大学ラグビーAリーグ
立命大相手に手応え[陸上ホ...
関西ベスト4に輝く
春秋連覇ならず、来年度リベ...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リーグ5戦目を落とす:女子バスケットボール部
2018/09/23 HEAD LINE NEWS
-
-

関西女子女子学生バスケットボールリーグ戦 (2018年9月22日)

9月22日園田学園女子大学スポーツセンター(兵庫県)にて行われた平成30年度関西女子学生バスケットボールリーグ。3勝1敗と負けられない同女大だったが京学園相手に62-72と10点差をつけられ第5戦を落とした。


河合(同女3)のフリースロー


小根澤(スポ4)の先制ポイントで第1Qが始まった。前リーグ4戦の反省点であるリバウンドやノーファールを意識したプレーで相手のパワープレーに対応。河合と松本(同女1)の裏をとったゴール下での連携プレーや小根澤の安定した2Pシュートで得点を重ねた。フリースローは前試合より確実に決定率が上がり、第4戦からの1週間で同女大のスキルアップがうかがえた。京学園に押され気味の接戦ではあったものの、前半を同点で折り返した。(32-32)


笑顔でハイタッチ


なんとかリードしたい第3Q。後藤(社3)と小根澤の積極的なカットインで得点するも、相手のシュート決定率も高く、とってはとられの試合展開だった。(48-51)


チームの得点に沸くベンチ


第4Qのラスト2分半で試合は動いた。京学園の強いオールディフェンスを受けボールが回らず、同女大のスキをついた速攻で点差を広げられる。最後まで諦めず積極的なシュートとリバウンドで会場を沸かせたものの、だめ押しで得点を立て続けに決められ、62-72と10点差まで広がった。前試合の改善が見られる良い試合ではあったが、負けられないリーグ5戦目を落とした。


リーグ5戦中3勝2敗。総当たり戦の中、園田大が現在全勝していることもあり目標の2部優勝は厳しい状況だ。「まだこれからなにがあるかわからない。良い意味で切り替えて明日は絶対勝つ」(主将・川原田)。まだ消えない2部優勝への決意を胸にチーム全員で勝ちに行く。(藤城 明子)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について