同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 新チーム始動!初勝利!:女子バスケットボール部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
課題修正しインカレに挑む
強さ見せつけた京都選手権
チームのために出来ること
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
新チーム始動!初勝利!:女子バスケットボール部
2018/11/24 HEAD LINE NEWS

関西女子女子学生バスケットボール秋季トーナメント大会 (2018年11月18日)

11月18日に奈良学園大学登美ヶ丘キャンパス(奈良県)において行われた平成30年度関西女子学生バスケットボール秋季トーナメント大会第1戦。流科大相手に75-64で勝利した。10月にリーグ戦が終わり、新チームが始動。同女大は初戦を白星で飾った。


ゲームをつくる後藤(社3)


第1Qは石坂(同女1)のカットインで相手のファールを誘い、フリースローで1点先制。縦の素早いパス回しを駆使して後藤がゲームを作った。序盤から両校ともにシュート率が悪く、ファールも多かった。チームプレーがあまり見られず、個人のカットインで得点を重ねた。相手の18への固いディフェンスで思うようにプレーができない。同志社のビハインドで第1Q終えた。(12-15)

相手のディフェンスに苦しめられた第2Qだった。同女大のカットインをノーファールでとめてくる流科大。諦めずに何度もゴールを狙い、フェイントからのインで松本(同女1)が連続得点を挙げた。石坂の3Pシュートで逆転に成功すると、続いた第3、第4Qはリードを保ち、75-64と9点差で勝利した。


果敢に攻める佐藤(商1)


能美(法1)のドリブルイン


司令塔小根澤(スポ4)が引退した。秋季リーグ戦からすでに多くの1年生が試合に出場する中、後藤、野村(政策3)、河合(同女3)の3人がキャプテンとして先輩としてこれからチームを鼓舞していく。2部優勝の目標に向けて新チームが元気に始動した。(文・藤城 明子  写真・福田 千乃)




○選手コメント○


新キャプテン 48 後藤似菜

ー試合の反省。

自分たちのやろうと言っていた早い攻めが出だしはできて良かったけど、ボディーチェックとかディフェンスの面でファールをしてしまったり、リバウンドを取りきれないところがあったからそこは修正していきたい。


ー新チーム初戦を終えてどうだったか。

ボディーチェックとボックスアウトが徹底できていないときにディフェンス面でやられたと思うんから、しっかりとそこを見直したい。


ー新チームの目標は。

2部優勝、1部昇格。


ー目標に向けて今試合見られた課題は。

攻めの部分で、早い段階から正確に確実に点を取れるようにしていかないといけない。



16 能美寿梨

ー今日の試合の反省。

良かったところは自分が走ってリズムを作りたいと思っていたのでそれが出来たのが良かった。

悪かったところはディフェンスのボールマン以外のところでチームの決まりごとが徹底できなかったところがあったので修正したい。


ー新チームになって初めての試合はどういう気持ちで挑んだか。

とりあえず出た時に自分のやらなあかんこと(オフェンスに切り替わった時に1番に走る、ディフェンスの一線をがんばる、ドライブ狙える時にいく)をやろうと思っていた。


ー初戦を勝って終えてどういう気持ちか。

チームの勝利にちょっとでも貢献できたと思うので次も頑張りたいと思う。


ー次に向けて。

次はもっとドライブ行った時に工夫して確実にシュートを決めれるように練習したいと思う。

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について