同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 女子2連覇!シーズン集大成を飾る:スピードスケート部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
吉村ベスト8
1部昇格ならずも成長見えた
チームのために出来ること
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
女子2連覇!シーズン集大成を飾る:スピードスケート部
2018/02/24 HEAD LINE NEWS

関西学生氷上競技選手権大会 (2018年2月17日)

2月17日に神戸ポートアイランドスポーツセンターにて行われた第66回関西学生氷上競技選手権大会スピードスケート競技。同志社は個人で入賞を果たしたほか、女子3000㍍Rにおいて大会新記録を樹立し、学校対抗の部において女子は堂々の2連覇を果たした。


「関カレで男子入賞、女子二連覇」―。今大会がシーズンを通した最終目標の舞台だった。男子は強豪校の選手に予選突破こそ阻まれたが、1500㍍序盤で高橋(理工4)が先頭に立ち競争に絡むなど、自身の滑りに集中するレース展開が見られた。女子も3000㍍などの長距離で他選手が様子見してスロースタートを決める中、同志社の選手がレースを先導し存在感を放った。女子7人のうち5人の選手が決勝へ進出を決め、優勝へと着実に得点を積み上げた。


男子で予選を唯一突破した浜田(理工3)


1500㍍予選を滑走する高橋。


3000㍍予選を先導する岡本(同女4)


個人種目が全て終了した時点で、得点差から女子の優勝は確定していた。競技は関学大と同志社の2校によるリレーを残すのみとなっていた。学校対抗の部で女子が初優勝した昨年、唯一最終種目のリレーで敗北を喫した同志社。たとえ優勝が決まっていても完璧な勝利を勝ち取るためには、今年こそ負けられないレースだった。だが関学大の選手は1人負傷していたためチームは完全な状態でなかったという。「レース前、モチベーションをどう保つか、どういう風に頑張ればいいかが難しかった」(土佐)。優勝が決まっているからといって油断も妥協も許されない。その思いが、円陣を組んだ際の「勝つぞ」という土佐の掛け声に込められた。ひとりひとりが慎重に、一方で積極的に順番を繋いだ。関学大の女子エース・中野選手に足の負担がたまっていく隙にも着実に交代を繰り返し差を広げた。同志社は関学大の持っていた大会記録を5秒近く更新する新記録でフィニッシュラインを通過した。


円陣を組み気合を入れるリレーメンバーたち


今や女子リレーメンバーに欠かせない存在となった中川(政策1)


岡本(経3)。3000㍍では3位となった


落ち着きながらも積極的な滑走を意識したという土佐


アンカーの丸山(社2)


今の3年生にバトンを渡し部を見守ってきた4年生はこの関カレが引退試合だった。試合後の表彰式では後輩たちとの別れを惜しむ姿があった。「同期に男子選手がいない大変さは多少はあったけれど、他校の選手と一緒に練習したり助けてもらった。やりぬけたと思う」(高橋)。1つ上の先輩・同期に同じ男子選手がいなくても周りに支えられた。リレーで転倒をしたもののやりきれたと、高橋の顔は晴れ晴れとしていた。「自分たちが1年生の頃は2連覇なんて考えられなかった。先輩や選手層を厚くしてくれた後輩、そして自分たち自身の頑張りに感謝したい」(岡本)。同志社”女子”スピードスケートの先駆けとなったのは岡本と土佐だった。「優勝のために頑張ってくれた皆に感謝したい。後輩たちはもっと強くなれると思うので頑張ってほしい」(土佐)。スピードスケート部の支えとなった4回生。シーズン最後の大舞台で有終の美を飾り、笑顔でリンクを後にした。(田中美穂)


表彰式後、トロフィーを手に笑顔の女子選手たち


4年生の選手とマネージャー


【結果一覧】

<選手権男子500㍍>

赤元(商2) 予選4着

篠原(文1) 予選3着

田村(理工1)予選4着


<選手権男子1000㍍>

浜田(理工3)予選3着→準々決勝4着

赤元 予選3着

篠原 予選5着


<選手権男子1500㍍>

高橋(理工4)予選5着

浜田 予選6着

中(法1) 予選5着


<選手権男子3000㍍>

高橋 予選5着

田村 予選記録なし

中 予選6着


<選手権男子3000㍍R>

同志社(高橋、浜田、赤元、中)決勝7位


<オープン男子500㍍>

篠原 失格

蓑原(文1)予選3着


<オープン男子1000㍍>

蓑原 予選3着


<選手権女子500㍍>

土佐(スポ4)予選2着→決勝4位

丸山(社2) 予選1着→決勝3位


<選手権女子1000㍍>

西畑(文3) 予選3着

丸山 予選1着→決勝 準優勝

中川(政策1)予選1着→決勝3位


<選手権女子1500㍍>

岡本(同女4)予選3着→決勝6位

土佐 予選2着→決勝5位

栗原(同女2)予選4着

中川 予選3着→決勝3位


<選手権女子3000㍍>

岡本 予選4着

西畑 予選記録なし

山本(経3)予選2着→決勝3位

栗原 予選2着→決勝5位


<選手権女子3000㍍R>

同志社(土佐、山本、丸山、中川)優勝

※大会新記録


<学校対抗>

男子 7位

女子 優勝

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について