同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > インカレ初日 大阪夏の陣:水泳部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
インカレ初日 大阪夏の陣:水泳部
2017/09/02 HEAD LINE NEWS

日本学生選手権水泳競技大会 (2017年9月1日)

9月1日から3日間、東和薬品RACTABドーム(大阪府)にて行われている日本学生選手権水泳競技大会。大会初日、同志社は複数の個人種目、リレーで決勝、B決勝に進出した。


悲願の優勝ならず


400㍍自由形に出場した蟹由恭平(商4)、最後のインカレにかける思いは特別だった。4年生として、そして主将として。


おなじみの蟹由ポーズ


予選を難なく通過し、決勝へと駒を進めたものの、タイムを上げることができず、5位に終わった。「悔しいの一言」。長きに渡り優勝を目標にしてきたこの種目。悲願の初優勝とはならなかった。


必死に追い上げた後半


末吉、チームに貢献!


末吉萌(スポ3)は得意の200㍍バタフライで決勝に進出。タイムを落とすが、7位という結果でチームに貢献した。B決勝に進出した安達未莉も、自己ベスト更新とはならずも、4位で点数を稼いだ。


大きなストロークで泳ぐ末吉


表彰台に届かずも見事な記録で同志社新!


予選を4位で通過した400㍍フリーリレーでは、今大会好調で50㍍自由形でついに23秒の壁を破った第一泳者の河野が50秒台前半をマーク。河野が良い流れを作り、残りの3人に引き継いだ。


今大会好調の河野


続く蟹由、川村に続き、アンカーの福原にバトンを託した。ラスト50㍍で果敢に追い上げるも、日本大に惜しくも破れ、4位となり、表彰台に登ることはできなかった。しかし、同志社記録を塗り替えるハイレベルな記録を叩き出し、2日目の今日に向け、良い流れを作った。


チーム全員の思いを乗せ、アンカー福原へと引き継いだ


大会初日は表彰台こそ上れなかったが、幸先のいいスタートを切った。今年の言葉「必笑」を胸に、どんな時も最高の笑顔で、2日目の今日もまたエンジン全開でそれぞれのレースに臨む。2年ぶりのシード権獲得に向けて-。(愛甲純平)


○主将蟹由のコメント

「リレーは表彰台を逃してしまったけど、歴代最高記録なので嬉しいですし決勝で泳がせてくれたリレーメンバーに感謝したいです。シード権はすぐ目の前なので3日目の8継(800㍍リレー)の決勝まで諦めずに粘り強く泳ぎます!」

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について