同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 目標に向けた各々の戦い:水泳部
第96回関西学生サッカーリ...
近大に敗戦し暗雲立ち込める...
’18秋の展望「準硬式野球部」
戦い抜いた一部残留劇
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年9月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
目標に向けた各々の戦い:水泳部
2018/06/22 HEAD LINE NEWS

第17回関西学生夏季公認記録会 (2018年6月17日)

616.17日に京都アクアリーナにて行われた第17回関西学生夏季公認記録会。同志社からは5人の選手が出場し、自己ベスト更新、そして各種大会参加標準記録突破にむけて己との戦いを繰り広げた。


またもやこの男が自己ベストを更新した。杉本(文情3)の勢いはとどまるところを知らない。本大会1日目、彼にとって大本命である50㍍自由形に出場。「インカレの標準記録を切りたかった」と語る杉本は、見事な力泳を見せ2313でフィニッシュ。自己ベストである2382から0.69秒縮めることに成功した。更に、このタイムは本大会の目標として定めていたインカレの標準記録である2350を悠々と突破している。


スタートを切る杉本


大会2日目には、100㍍自由形にも出場した。タイムは5174。自己ベストである5163に迫る記録を残すも、急成長を遂げている彼にはやはり物足りなかったようだ。「自己ベストも出すことが出来ず悔しかった」。現状に決して満足しないその姿勢から、更なる成長を予感させられた。彼の伸び代は測りきれない。


好タイムをたたき出す会心の泳ぎをみせる杉本


そんな杉本とともに本大会に出場した、有賀(スポ2)にも注目だ。2年立て続けに右肩に怪我を負い、思うように練習出来ずにいた彼は、復活に向けて努力を重ねていた。

大会1日目、50㍍自由形に出場し、15315でレースを終えた。彼のベストである14980にはまだ程遠いタイムであった。更に2日目に出場した400㍍自由形では35839でフィニッシュするが、こちらもベストに8秒近く届かない結果となった。「ベストからはは程遠いが、タイムは少しずつ戻ってきている。やっていることは間違っていないかなと思う」と語った。 現状を知るために出場したという本大会で、練習の成果を実感できたことは大きな収穫だろう。


力泳する有賀



タイムを確認する有賀


高校時代から、有賀の活躍は目ざましかった。全国大会でも決勝に駒を進めるほどの実力を持っていた。そんな彼にとって、怪我の影響で泳げなかった半年間、そしてリハビリの日々のつらさを想像することは容易だ。「自分だけが周りから遅れていくと思う日々が続いてすごくしんどかった」と心境を語った。しかし、彼の素晴らしい泳ぎは怪我にかき消されることは無い。水の感覚を戻す練習に始まり、体力を戻すために持久系のトレーニングを集中的に行った。前を向き、焦らず着実にトレーニングを積んでいる。目標とする、インカレのリレーメンバーの座を獲得できるか。復活の時はそう遠くない。きっと、再び大輪の花を咲かせてくれるだろう。今後の活躍から目が離せない。(泉 美咲)

 

[結果]

杉本(文情3)

50㍍自由形2313

100㍍自由形 5174

 

有賀(スポ2)

200㍍自由形 15315

400㍍自由形 35839

 

今北(2)

200㍍自由形 15200

チャレンジレース 1分52秒48

 

矢野(スポ2)

100㍍自由形 5281

200㍍自由形 15542

 

佐々木(1)

200㍍自由形 15343

400㍍自由形 40094

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について