同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > インカレに向け好発進[ボート部]:ボート部
日本学生トライアスロン選手...
近畿学生トライアスロン選手権大会
全国、全国、全国や!!
早大に競り勝つ
待ちに待った完全復活!:平...
’17春の展望「柔道部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
インカレに向け好発進[ボート部]:ボート部
2017/05/14 HEAD LINE NEWS

朝日レガッタ (2017年5月7日)

         

5月4日~7日、滋賀県立琵琶湖漕艇場にて行われた朝日レガッタ。今大会は70回記念大会ということもあり、海外からの招待選手やドローンによる撮影などが行われ、今までにない盛り上がりを見せた。そんな中、同志社は男子ダブルスカルに出場した星野(GR4)飯田(政策2)組が見事、準優勝に輝いた。また、対校エイトと女子シングルスカルで共に5位入賞を収め、シーズンの開幕戦となる今大会は部にとって追い風となった。




準優勝を喜び合う部員たち


り付ける太陽とともに、彼らの季節がやってきた。この大会は学生だけでなく、社会人も出場するため上位を狙うことは容易ではない。そんな中、2人の男が成果を出した。予選では強豪ぞろいの組合わせに当たり、あえなく敗者復活戦にまわるも、さらにタイムをあげた彼らは難なく準決勝に進んだ。準決勝では組の上位1艇のみが決勝を決めるハードな戦いの中、ラストスパートで他艇を突き放す漕ぎを見せ、決勝進出を決めた。迎えた決勝。課題だったスタートも徹底された練習の努力が実を結び、スピードに乗ることができた。序盤は、ほぼ横一列に並ぶ展開が繰り広げられた。誰が抜き出てもおかしくない状況に「1位か最下位でゴールするくらいの気持ちで攻めた」(星野)と勝利に向けて貪欲な姿勢を崩さない。均衡が続く中、ラスト250m。仲間からの強い声援が響き渡った。同志社応援団の前を通過すると同時に1艇、また1艇と置き去りにし、2位のトヨタ紡織を視野に入れるとぐいぐいと加速した。並んだのもつかの間、一瞬にして追い抜きそのままスピードを落とすことなくフィニッシュ。「まさか2位になれるとは思ってなかった。純粋にうれしい。」(星野)と彼らは喜び合った。


抱き合う星野と飯田


一方、エイトは予選、準決勝と社会人クルーを抑えて堂々の全クルートップのタイムで決勝に進んだ。しかし、勝負の決勝ではまさかの強風でコースのワイヤーが切れ、約1時間30分遅れでスタートするアクシデントが発生した。そんな中でも彼らは、昨年同様のラフコンディションということもあり「想定内」と落ち着いてレースに臨んだ。結果は惜しくも5位。「優勝はそんなに甘いもんじゃない」と悔しさを見せたが、予選、準決勝では、「自分たちらしいボートを進めたら、早いんだ!強いんだ!と間違いなく大きな自信になった。」(桑原)と手ごたえを感じるレースができた。


息を合わせる対校エイトのクルーたち


また、女子シングルスで5位入賞を果たした高瀬(経4)。予選では少し出遅れてのスタートとなったが、「周りは気にせずに自分の艇に集中した」と徐々に他の艇を追い越し、最後は余裕をもって決勝進出を決めた。3回目のシングル出場にして決勝に進んだのは今回が初めてであり「やっぱりうれしい」と笑顔がこぼれた。しかし、決勝では横風の影響で思うように力が発揮出来ず、「正直、不完全燃焼」と悔しさをにじませた。



ゴールに向けて艇を進める高瀬


急成長を見せるボート部。「選手層の底上げ、厚みを増しているので予選を突破できる確率が高くなった」(監督)。今大会では出場クルーの半分以上が準決勝に進み、シーズンの初戦で好スタートを切った。しかし、「技術面、体力面、メンタル面の3つがまだまだ足りない」(松本主将)と課題も見えた。そんな中「艇走を楽しみながらチーム一丸となって戦っていきたい」(松本主将)とシーズン目標であるインカレで全クルー最終日進出に向け意気込んだ。躍進を見せるボート部から目が離せない。(廣田 晴香)





以下、全クルーの結果


女子シングルスカル
高瀬(経4) 5位入賞


男子シングルスカル
澤(経3)は敗者復活戦敗退
中村(法2)は準決勝敗退


女子ダブルスカル
福井(スポ2)・竹本(文2)組 敗者復活戦敗退
齋藤(商3)・宇佐見(文2)組 準決勝敗退


男子ダブルスカル
星野(GR4)飯田(政策2)組 準優勝
松坂(社4)・山本(商2)組、槇田(社4)・岡本(法3)組 準決勝敗退


男子舵手つきフォア
cox籠重(法3)・木村(経3)・芦田(法2)・大慈(商2)・藤岡(商2) 敗者復活戦敗退
cox藤本(政策2)・黒田(経4)・石田(商3)・安藤(経2)・大谷鋭(文2) 準決勝敗退


男子エイト
C山口(商2)・S神宮(経2)・7中澤(経2)・6大谷大(経2)・5藤原嵩(法2)・4大谷文(スポ3)・3高野(文3)・2古賀(社4)・B松本(経4) 準決勝敗退
C桑原(文4)S阿部(スポ4)7糸魚川(商4)6櫻間(法3)5大森(商4)4藤原駿(経3)3久保(法3)2村田(経4)B原田(理工3) 5位入賞

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について