同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 開幕戦でつかんだ2つのメダル:ボート部
第96回関西学生サッカーリ...
関大に惜しくも敗北
10得点で大勝。秋季リーグ...
選手コメント
西谷監督へのインタビュー
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年9月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
開幕戦でつかんだ2つのメダル:ボート部
2018/05/24 HEAD LINE NEWS

朝日レガッタ (2018年5月6日)


5月3日~6日、滋賀県立琵琶湖漕艇場にて行われた朝日レガッタ。同志社からは14艇が出場した。今年は大会3日目の競漕距離が500㍍に変更されたり、男子シングルスカル以外の敗者復活戦が中止されたりと強風による影響で難しいコンディションの中行われた。そんな中、対校として出場した男子エイトAが見事準優勝に輝いた。さらに男子ダブルスカルで出場した小島(商1)西村(社1)組が3位入賞を果たした。


仲間を送り出す部員たち


2年連続5位だったこの大会で、今年は見事男子エイトが準優勝に輝いた。大会2日目、予想外の出来事が彼らを襲った。予定されていた予選レースが強風の影響で翌日に持ち越されたことを受け、艇庫に戻る途中だった。2度の高波が艇を襲い転覆。9人全員が無事であったが、予想外のアクシデントに驚きを隠せなかった。それでも、翌日のレースではアクシデントを感じさせない見事な漕ぎを見せてくれた。予選は持ち前のパワーをいかし、難なく準決勝に進んだ。続く準決勝では、風の影響で艇の向きが曲がったままスタートをしてしまうも、その後は「自分達の漕ぎが出来た」(石田主将・商4)と焦ることなく他艇を突き離し、組1位通過で決勝に駒を進めた。波も収まり今大会で一番コンディションが整ったなか行われた決勝。「東レを倒そうというつもりで挑んだ」(石田主将)と昨年優勝した東レ滋賀を重視した。スタート直後、サイド負けによって2レーン方向に侵入しかけた。急いで体制を立て直している間に、東レ滋賀にリードを許してしまう。強みの中盤で追い上げを狙うも、差を詰めることは出来なかった。ラストスパートで少し崩れたこともあり約6秒差の2位でゴールした。「悔しさ半分、嬉しさ半分」(石田主将)。王者を倒すことは出来なかったが、出場大学の中ではトップの成績を残した。「スタートが弱いことがよく分かったが、今後十分に戦える内容だった。」(監督)と改めて浮き彫りになった課題とともに今後に期待ができるレースとなった。


息の合ったストロークを見せる対校エイト


一方、男子ダブルスカルではボート経験者で組まれた1年生クルーがルーキーとは思えない漕ぎを見せ、見事3位入賞を果たした。予選は得意の先行逃げ切りの形でレースを展開させることに成功し、全クルー中1位のタイムで準決勝に進んだ。準決勝では500㍍の短距離レースだった為、スプリント勝負で挑み、難なく決勝進出を決めた。迎えた決勝。自信のあったスタートを成功させ、前半は横一列に並ぶ展開が繰り広げられた。しかし中盤で横波の影響を受け、今治造船と龍谷大に遅れを取った。その後、差を詰めようと猛追するもそのまま3位でフィニッシュ。「デビュー戦だったので入賞出来てとても嬉しいです。」(小島・商1)と喜びを表すと同時に「日本一にはまだまだ及ばないので、もっとレベルアップします」(小島)と今後のレースに闘志を燃やした。


喜び合う西村(左)と小島(右)


「インカレで勝つという通過点としては十分な結果」と監督は振り返った。今大会はあくまでスタート地点であり、目指すはインカレ。「チーム力は上がってきている。ただ、あと1歩で決勝に届いていないクルーが多かったので、そこのあと1歩を削り出したい」(石田主将)。全クルーの最終日進出を目標に掲げているからこそ、その1歩が求められる。シーズンが本格化する中、徐々に頂点へと近づいている同志社ボート部は目標に向けて大きく漕ぎだした。(廣田 晴香)





以下、全クルーの結果


男子エイトA 準優勝

C:藤本(政策3)S:櫻間(法4)7:石田(商4)6:山田(法2)5:藤原嵩(法3)4:中村(法3)3:田川(政策3)2:藤原駿(経4)B:久保(法4)


男子ダブルスカルA  3位入賞

S:小島(商1)B:西村(社1)


男子シングルスカルA 敗者復活戦 敗退

芦田(法3)


男子シングルスカルB 敗者復活戦 敗退

藤岡(商3)


女子シングルスカルA 準決勝敗退

西田(社4)


女子シングルスカルB 予選 敗退

平林(文2)


男子ダブルスカルB 準決勝 敗退

S:木村(経4)B:岡本(法4)


男子ダブルスカルC 予選 敗退

S:山本涼(商2)B:大谷文(スポ4)


女子ダブルスカルA 準決勝 敗退

S:谷(商2)B:宇佐見(文3)


女子ダブルスカルB 予選 敗退

S:武安(政策2)B:落合(法2)


男子舵手付きフォアA 準決勝 敗退

C:白水(商2)S:神宮(経3)3:中澤(経3)2:高本(法2)B:高野(文4)


男子舵手付きフォアB 準決勝 敗退

C:村上(商3)S:加木(社2)3:末次(政策4)2:大慈(商3)B:長谷部(法2)


男子エイトB 準決勝 敗退

C:山口(商3)S:大谷鋭(文3)7:中野(商2)6:大谷大(経3)5:原田(理工4)4:涌羅(商2)3:竹内(スポ2)2:澤(経4)B:桑田(GR2)


女子舵手付きクォドルプル 準決勝 敗退

C:福井(スポ3)S:永富(経2)

3:齋藤(商4)2:山根(経2)B:竹本(文3)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について