同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 桃学大を圧倒!同率優勝でプレーオフへ:アメリカンフットボール部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
桃学大を圧倒!同率優勝でプレーオフへ:アメリカンフットボール部
2013/11/06 HEAD LINE NEWS

関西学生アメリカンフットボールリーグ (2013年11月2日)

11月2日、神戸市立王子スタジアムにて行われた関西学生アメリカンフットボールリーグDiv.2 Bブロック最終節対桃山学院大学Thundering Legion, Lions。同志社は35-7で勝利した。

 

 

「負けたら終わり」(岩田主将・文4)。負ければその時点で昇格の可能性が消滅する試合だった。だが、この試合でROVERは強い結束と集中力を見せ、ここまで全勝の桃学大を圧倒。入替戦まであと1勝となった。

 

 

前半レシーブを選んだ同志社はファーストシリーズで、QB永井(経4)が自らの足でゲインを稼ぎ、敵陣35ヤードまで侵攻。ここでボールを得たRBの植田(経4)は中央を抜け出し、相手ディフェンスをかわしながら35ヤード走り切り、エンドゾーン右端へ(7-0)。いきなりオフェンス陣が魅せた。

 

 

RB植田のランで先制。OLトン(商2)は相手LBを青天させるほどのブロックで走路を切り開いた

 

 

続く桃学大の攻撃も集まりの良いラン守備で3アンドアウトに封じ、再び同志社の攻撃へ。自陣10ヤードからのこのドライブでは、ファーストプレーでRB長野(商3)が右サイドをかけ上がり、一気に51ヤードを獲得。そして次のプレーではWR高見(政策4)が相手の厳しいカバーを受けながらも好捕。ゴール前4ヤードまで迫った。すると再びRB長野が倒れ込みながらTD(14-0)。自陣10ヤードからわずか3プレーでTDに結びつけた。

 

 

2人にカバーされながらもキャッチしたWR高見

 

RB長野が倒れこみながらTD

 

 

第2Q中盤、桃学大に40ヤードのパスを許し、ゴール前10ヤードに攻め込まれる。しかし、ここはディフェンス陣が奮起しTDを許さない。第4ダウンでFGを狙われるも、ボールは右にそれ、FG失敗。チーム一丸となってこのピンチをしのぎ切った。相手のFG失敗により同志社は自陣20ヤードから攻撃を開始。RB松本(政策3)が相手ディフェンスを跳ね返しながら敵陣へ。そして前半残り1分38秒、WR原田(スポ1)へ35ヤードのTDパスがヒット(21-0)。リードを広げ前半を終えた。

 

 

RB松本の力強い走りで敵陣へ

 


TDレシーブでスターター抜擢に応えたWR原田

 


DL川口(法4)の豪快なサック

 

 

後半、試合の雲行きが怪しくなる。同志社のキックオフで後半が始まると、桃学大は自陣48ヤードからオフェンスを展開。QBからラテラルのパスを受けた選手が、フィールド奥まで走りこんだ選手にロングパスを狙い一発TD(21-7)。いきなりのトリックプレーで相手の術中にはめられてしまった。次の攻撃では失点から切り替えようと、WR原田へのパスやRB松本のランで着実に前進。ゴール前3ヤードからの攻撃権を獲得すると、QBは土屋(商4)へ。だが、ここで痛恨のスナップミス。高く浮いたスナップは土屋の頭上を越え、ボールはフィールドに。このボールを桃学大の選手がリターン。同志社陣49ヤードで止めたものの、攻撃権を献上してしまった。失点に続き、不穏な空気が同志社サイドに流れる。しかし、ここで流れを断ち切ったのはディフェンスチームだった。このシリーズでフリーフリッカーを試みた桃学大オフェンスを封じ、第3Q終盤、再び桃学大の攻撃。自陣深くから投じたパスをDBの市川(法4)が狙っていたかのようにインターセプト。レッドゾーンで捕球した市川はすぐさまエンドゾーンへ。試合を決定づけるTDを奪った(28-7)。

 

 

インターセプトリターンTDを奪ったDB市川を祝福するディフェンス陣

 

 

第4Q序盤、桃学大のギャンブルが失敗すると、同志社は敵陣34ヤードから攻撃を開始。第1・2ダウンでRB植田がボールを受けると、第3ダウンも植田が走る。ここで植田は一気にエンドゾーンに持ち込みTD(35-7)。相手サイドからは落胆の声がもれた。その後、DBの市川・水田(経4)・鄭(経3)が立て続けにインターセプトを奪い、追いすがる桃学大を突き放した。

 

 

強烈なタックルを見舞ったLB松岡(経2)

 

 

リーグ戦が終了し、この日大産大も勝利したため、同志社は大産大と同率優勝となった。これにより、大産大との代表校決定戦を行うことに。この試合に勝つと入替戦進出が決まる。しかし、「まだスタートラインではない」(小林監督)。本当の勝負は入替戦だ。大産大はリーグ戦で負けている相手だけに雪辱を果たして入替戦に進みたい。「前にやられた理由は明白。実力を出せば勝てる」とQB永井は不調だった大産大戦からのリベンジを誓った。「勝つだけです」(岩田主将)。この勢いのまま入替戦へ突き進め!(渋谷充彦)

 

1Q 14-0
2Q 7-0
3Q 7-7
4Q 7-0
TS 35-7

 

<代表校決定戦>

11月9日 於:EXPO FLASH FIELD(大阪府) 対大阪産業大学LIONS 15:10キックオフ

 

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について