同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 大教大撃破!!雪辱果たし悲願の1部復帰:アメリカンフットボール部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
大教大撃破!!雪辱果たし悲願の1部復帰:アメリカンフットボール部
2013/12/12 HEAD LINE NEWS

関西学生アメリカンフットボールリーグDiv.1-2入替戦 (2013年12月8日)

12月8日、神戸市立王子スタジアムにて行われた関西学生アメリカンフットボールリーグDiv.1-2入替戦 対大阪教育大学DRAGONS。同志社は24-9で勝利し、Div.1復帰を決めた。

 

 

去年のこの日、同志社はここ王子スタジアムで大教大に敗れ降格の屈辱を味わった。あれから1年、追う者と追われる者の立場は変わったが、この戦いが再び実現することに。大教大とは一昨年も入替戦で対戦しており、このカードは実に3年連続だった。大教に負けた悔しさは大教大戦でしか晴らせない。対する大教大も初の1部を1年で譲るわけにはいかない。絶対に負けられない意地と意地のぶつかり合いが、超満員の王子スタジアムで幕を開けた。

 

 

大教大のキックオフで試合開始。序盤、同志社はパスを多用するも得点には至らない。しかし、この我慢の展開にディフェンス陣も奮起し、第1Qは大教大の攻撃を2回とも3アンドアウトに抑える。第1Q終盤、大教大に2度目のパントを蹴らせると、一旦バウンドしたパントをR植田(経4)がフィールド左端でレシーブ。カバーチームをかわした植田は右サイドを駆け上がりそのままエンドゾーンへ。「しっかりブロックしてくれたから走らなければと思った」(植田)。先制のパントリターンTDを奪った(7-0)。

 

 

約60ヤードの独走で先制のパントリターンTDをあげた植田

 

 

第2Qに入り、大教大はランでフレッシュを更新し始める。勢いづいた相手を何とか止めたい同志社だが、ここでDB市川(法4)が魅せた。パスを投じられたWRの前に出るとインターセプトを奪いそのままゴール前5ヤードへ。するとRB長野(商3)が中央をつきTD(14-0)。ディフェンス陣の作ったチャンスをしっかりと得点につなげた。

 

 

TDへとつながるインターセプトを奪った市川

 

 

前半残り5分、リバースを試みた大教大から同志社はファンブルを奪う。自陣30ヤードからの攻撃権を得ると、RB長野へのハンドオフフェイクからRB松本(政策3)が敵陣30ヤード付近まで一気に侵攻。次のプレーではWR光山(スポ1)へのパスでゴール前10ヤードへ迫り、RB長野のランではゴール目前に。最後はRB植田が中央からエンドゾーンに飛び込みTD(21-0)。流れを大きく引き寄せる追加点をあげた。一方、得点を入れて前半を終えたい大教大。自陣27ヤードからじりじりと進むと遂にレッドゾーンに侵入する。だがここでDB福澤(商3)が流れを断ち切るインターセプト。モメンタムは渡さずに後半へ折り返した。

 

 

力強い走りで40ヤード近いロングゲインを奪った松本

 

 

RB長野のランでエンドゾーン目前に

 

 

後半最初のプレーで大教大はハンドオフミスからファンブルを犯す。敵陣25ヤードからの攻撃権を獲得し、TDこそできなかったもののFGで3点を追加した(24-0)。絶対にTDがほしい大教大は、直後のドライブでゴール前10ヤードに迫ると4thダウンギャンブルを選択。すると相手RBに一気にTDを許しリードを縮められた(24-7)。

 

 

後半のファーストプレーでファンブルリカバーを見せたDL樋口(政策3)

 

 

第4Qに入ると、大教大はゴール前7ヤードから再びギャンブルに出る。だがこれは集まりの良い守備で同志社に軍配が上がった。続く攻撃ではパントに追い込まれたローバーだったが、ロングスナップが大きく浮いてしまいボールはエンドゾーンまで転がる。このプレーでセイフティとなり2点を献上してしまった(24-9)。残り6分、残留へ後がない大教大は主将・巽のランやパスで攻撃を展開する。しかしCB鄭(経3)が何度も素晴らしいカバーを見せ、ギャンブルではワイルドキャットフォーメーションからのRB巽のランをシャットダウン。粘り強い守りを見せた同志社が大教大を蹴落として昇格を決めた。

 

 

終盤、何度も見事なカバーでパスを封じた鄭。開始早々にも鋭いタックルを見せた

 

 

試合終了の合図とともに歓喜の輪が広がった

 

 

試合後のハドルで岩田主将(#56)の話を涙ながらに聞く選手たち

 

 

昨季リーグ戦全敗、そして降格という究極の屈辱を味わい始まった岩田組の一年。「結束」というスローガンを掲げ、春には今季好調だった京大と引き分け、立教大との定期戦では5年ぶりの白星をあげた。だが、5月に格下の阪大に完封負けを喫すると、それ以降は思わしくない結果が続く。そして迎えたリーグ戦。開幕2連勝を飾るも第3節でなんと大産大に敗戦。昇格へいきなり正念場を迎えた。しかし、「負けたのが良かった。4回生が人間として成長したのが大きかった」(小林監督)。敗戦後、4回生を中心により強い結束が生まれチームは入替戦出場へ突き進む。同率優勝でリーグ戦を終えると、プレーオフでは一度負けた大産大に借りを返し入替戦にこぎつけた。

 

 

「2部を経験するのは自分たちだけで良い」(岩田主将・文4)。昨年の雪辱を果たすため強い気持ちで臨んだ入替戦。大産大戦の黒星で一度どん底を味わったローバーに怖いものはなかった。リーグ戦同様、オフェンスが不調でもキッキングやディフェンスでビッグプレーを連発。第4Qにはギャンブルを2回しのぎ、終盤のパスも封じた。「ディフェンスには本当に感謝している」(岩田主将)。守備陣の作ったチャンスをオフェンスがしっかりと得点につなげ昇格をもぎ取った。「このチームでやれて本当に良かった。ありがとう」。試合後のハドルで涙ながらこう語った岩田主将。波乱万丈の一年を象徴する瞬間だった。1部復帰という絶対の目標を達成し、岩田組の航海は幕を閉じた。しかし、ワイルドローバーの旅はまだまだ終わらない。甲子園という聖地に再び立つその日まで。(渋谷充彦)

 

 

1Q 7-0
2Q 14-0
3Q 3-7
4Q 0-2
TS 24-9

 

  

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について