同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 接戦制し、昨年の借り返す:バスケットボール部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
接戦制し、昨年の借り返す:バスケットボール部
2014/05/04 HEAD LINE NEWS

関西学生バスケットボール選手権大会 (2014年5月4日)

5月4日に大阪市立東淀川体育館にて行われた関西学生バスケットボール選手権大会順位決定戦。同志社は大経大と対戦し65-54で勝利。因縁の対決を制した。


昨年と同じ顔合わせとなったこの試合。「去年の借りを返す」(田野・商4)。昨年、1点差で敗れ涙をのんだ相手だけに負けられない一戦だった。試合が始まると同志社は積極的なリバウンドを見せる。神門(文情4)のポストプレーからのバスケットカウントなど、昨日より格段にインサイドが良かった。一方で、「ボールマンへのプレスが甘かった」(尾前H・コーチ)と外からのシュートで大経大も得点を重ね、勢いにのる。内容では互角のゲームをみせるも第1Qを12-18と相手のリードで終える。




このゲーム、絶好調の荒谷(スポ3)



2Q開始早々に荒谷の連続スリーが決まると、徐々にDFも機能し始める。ボールマンへの密接なDFでプレッシャーをかけ、相手の無理なプレーを誘う。相手のミスから速攻と同志社らしい攻撃もうまれると、これで勢いに乗った同志社。井島(法3)の気迫のこもったリバウンド、谷口のブロックなどスーパープレーがとびだす。相手も負けじと外からのシュートを決め、一進一退の攻防をみせる。前半終了時点で、34-32のワンゴール差。緊迫したゲームが続く。




井島は積極的な攻撃をみせた



次のクオーター。相手はゾーンDFにスイッチすると同志社は攻めあぐねる。「(就活での遅れで)ゾーン対策が出来なかった」(谷口・スポ3)と外でパスを回すだけで、決定機が見出せない。DFでは1人が抜かれてもカバーに入り全員で防ぎきる。試合が進むにつれてゾーンを攻略し始める同志社。田野が1人抜いてからチャンスメイク。自分でミドルシュートを放ったと思うと、味方にアシスト。変幻自在の攻撃で徐々にゾーンを崩し始めるといい形での得点も増えた。第3Qを終えて46-44のワンゴール差。勝敗の命運は最終Qにもつれこんだ。



4Q開始前、気合いを入れる選手たち


第4Q。終盤までどちらが勝ってもおかしくない手に汗握るゲームに。「(点差を)離せるところで、離せなかった」。三枝(大経大・21)の連続3ポイントが決まるなど、大経大も必死に食らいつく。とってはとられのシーソーゲーム。苦しい時間帯が続いたが、残り2分のところで仲西がみせる。味方のシュートを拾い、タップシュート。そのこぼれ球をもう一度タップでねじ込む。相手のファールも絡みバスケットカウント。執念のゴールで5点差までつきはなす。最後は谷口がノーマークで、ミドルシュートをきっちり決めダメ押し。65-56で同志社が勝利し、昨年の借りを返す結果となった。



田野はゲームを通して安定感抜群だ



「相手を58点におさえたのは良かった」(尾前H・コーチ)と昨日課題に挙がったデェフェンスは改善したが「まだ精度は上げれる」と谷口。同志社が目指すところはまだまだ上にある。明日、京産大との5位決定戦に挑む同志社。彼らの使命は“勝利”の二文字だ。(平野裕貴)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について