同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 近大の壁越えられず悔しさ残る関西準Ⅴ:アーチェリー部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
近大の壁越えられず悔しさ残る関西準Ⅴ:アーチェリー部
2014/05/20 HEAD LINE NEWS

第49回関西学生アーチェリーリーグ戦(女子) (2014年5月11日)

5月11日大阪大学レンジにて行われた関西学生アーチェリーリーグ戦・優勝決定戦。同志社は宿敵である近大に3125―3262で勝利を許し敗北。打倒近大に向けてチーム一丸となっていた同志社にとって悔しい結果となった。



4月6日に開幕し、約一ヵ月間に渡って行われてきたリーグ戦。第1回戦から5回戦は相手を圧倒する射で勝ち進み、最大の宿敵・近大の待つ優勝決定戦へコマを進めた。



「ナイスショット」という声に笑顔で答える遊佐(スポ4)



リーグ最終戦である今大会は風が強く選手にとって不利な状況の中での戦いとなった。50mでは相手が1射目から50点越えを射ち出す中、同志社は40点後半から50点と第1エンドを24点差でリードを許す。それからも近大は次々と点数を伸ばし最高で57点を射つが、同志社は50点の壁を超えられず、110点という大差をつけられ50mを終えた。



集中力を高める三好


応援は選手にとって大きな力になる



続く30m、1射目で遊佐が30金をたたき出すなど、を5人全員が50点後半を射ち出し近大とわずか3点差でスタート。その後も2射目で佐藤、5射目で伊藤(スポ1)、10射目で山田(スポ2)が30金を射抜くも、少しずつ離されていく点数差をうめることが出来ず27点差。50m、30m合計137点という大差で今大会に幕を閉じた。



的を見据え矢を引く佐藤(スポ4)



「点が伸びず全体的に悔いが残る試合だった」(佐藤)。昨年の悔しさ晴らせず今年も王者の座に一歩届かなかった同志社。「風対策出来ず、流されてしまった」(山田)と課題も見つかった。しかし「初めての近大。覚悟してたが思ったほどじゃなくて自分たちがしっかり射てたら勝てない相手じゃない」とルーキ―の伊藤。迫る6月の王座では再び近大が待ち構える。「最後の王座。今はアーチェリー最優先にしたい」(遊佐)。この悔しさを一ヶ月後の“打倒近大”へ――。王座奪還に向けて彼女たちの戦いはもう始まっている。(田中夕香子)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について