同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 上回生の意地!関学撃破:バスケットボール部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
近大に快勝。大学選手権へ望...
田辺での最終戦を完勝で終える
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
上回生の意地!関学撃破:バスケットボール部
2014/08/31 HEAD LINE NEWS

関西学生バスケットボールリーグ戦 (2014年8月30日)

8/30に流通科学大学にて行われた関西学生バスケットボールリーグ戦開幕戦。同志社は春に敗れた関学と対戦し74-72で勝利。見事にリベンジを果たし大事な初戦をものにした。



試合前、互いに健闘を誓う選手達


田野(商4)・谷口(スポ4)2枚看板擁する同志社。2人にとって、4年生にとって最後の秋リーグが幕をあけた。同志社の掲げるテーマは「DFから速攻」。開始早々からDFがよく機能し、マイボールにすると全員で走り速攻を繰り出す同志社らしいバスケットで相手の出鼻をくじく。春に幾度ととられたOFリバウンドも今日は許さず、リバウンドから速攻がでる理想のゲーム展開に。また当たり負けし、外に頼りきりになったセンター陣が今日は違った。谷口から仲西(商4)、中での合わせや外からカットインで合わせなど多彩なOFで得点を重ねる。「1人では勝てない。全員の底上げをしないといけない」(田野)。全員が動き、どこからでも得点できる。ボールをもってない人が連携をとり、ガードからいい形でボールを受ける回数が多くなった。またかわって入った川武(社3)や荒谷(スポ3)も積極的にミドルシュートやアシストをきめ、スターター顔負けのプレーを見せる。関学は外からのシュートで得点を重ね、41-31で同志社リードも緊張感ある前半となった。


大事な局面での勝負強さがひかった仲西


第3Q。互いに粗いプレーが目立ち、24秒ぎりぎりのところで無茶なOFが続き両者リズムを作れない。先に立て直したのは関学だった。OFリバウンドから得点、同志社のミスから速攻と最悪な形で3連続得点を許す。同志社ベンチからは「耐えろ」とげきがとぶ。しかし残り時間わずかのところでミスから速攻をくらい失点。じわじわと関学に詰め寄られ気づけば59-58。1点さと緊迫した試合の命運は最終Qへ。



インサイドでのプレーもレベルアップ神門(文情4)


最終Qは池島(関学・34)をとめることができず、相手の思うように得点される。同志社は「みんなに行けと言われた」と仲西がミスマッチをつき勝負をしかけ、大事なシュートを幾度と沈めた。とってはとられのシーソーゲームで2点以上の点差がひらかない時間帯が続いた。


ガード・佐藤(商3)も積極的に1対1をしかける


残り1分をきり、同志社2点リード。慎重になりすぎ、消極的なプレーが増えるこの状況でエースが魅せる。まだ24秒が残った場面で左45度、ノーマークでパスをもらうと外からシュート。会場全員が息を飲んでボールを追う。一瞬静まりかえった会場に「3ポイント、同志社大学#0田野」。興奮気味なアナウンスが響き渡ると田野は両手を広げベンチは総立ちに。5点差に広がり勝利をグッとたぐりよせる。しかしすぐに関学もスリーを決め、残り15秒で関学がタイムアウトをとる。2点差、相手のスローインから再開。1秒、また1秒と試合終了に近づく。残り8秒のところでエース・渡邊(関学・7)にボールがわたる。すかさずシュートを狙うもリングに嫌われ試合終了。75-73とワンゴール差で同志社が接戦を制した。


春は3Qまで競るも、最後に足が止まり勝ちきれない試合が多かった同志社。夏を経て、プレーはもちろん精神面での成長がみられた試合になった。「夏練習で個人の目標がチームの目標になった」(尾前H・コーチ)。全員の思いを1つに――。勢いにのった同志社が明日、ライバル京産大との一戦に臨む。(平野裕貴)
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について