同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 善戦するも後期初黒星:サッカー部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
善戦するも後期初黒星:サッカー部
2014/09/28 HEAD LINE NEWS

関西学生サッカー1部後期リーグ (2014年9月28日)

9月28日にJ-GREEN堺メインフィールド(大阪府)7で行われた関西学生サッカー1部後期リーグ、第3節対びわこ成蹊大戦。同志社は0ー1で敗れた。



前節から同じメンバーが並んだ



前節関学に勝利し、今季初の連勝を狙いたい今節。スターティングイレブンは、GK小出(経4)、DF左から平田(スポ3)、免田(商3)、杉本(政策2)、坂本(文4)、MF宮本(スポ4)、松井(商2)、鶴崎(スポ2)、生部(政策3)、FW俵石(文情3)、岡村(経2)。フォーメーション4-4-2で現在2位のびわこ成蹊大に挑んだ。



ここ2試合、前半序盤から攻めに回っていた同志社であったが、今節はびわこ成蹊大にゲームの主導権を握られる。びわこ成蹊大DFラインからロングボールを掘り込まれ、なんとか免田、杉本を中心に跳ね返すがDFラインを下げられ、受けに回ってしまう。セカンドボールも拾われることが多かったが、キックオフから前半途中まで身体を張ったディフェンスでシュートは打たせない。すると同志社はカウンターから好機を見出し、前半22分。スローインから鶴崎がドリブルで運びサイドからクロスを上げる。びわこ成蹊大にこのクロスは跳ね返されるも、セカンドボールを拾った生部がシュート。しかし、これはゴール枠左へ外れてしまう。生部のシュートから流れをつかみたかった同志社であったが、耐えていたびわこ成蹊大のロングボールから先制点を許してしまう。「全体的にプレーの準備ができていなかった。あれは切り替えの早さの違いが出た」と望月監督が話した前半34分の場面。まずロングボールをびわこ成蹊大に同志社DFラインの裏に蹴られ、GK小出が前へ出てクリアするも相手FWに詰められ、相手ボールのスローインに。すぐにリスタートされ、ゴール中央にボールを運ばれ1度は防ぐも、こぼれ球をMF16,嘉茂に決められる(0ー1)。その直後の前半36分に、FKから坂本がヘディングシュートを狙うが同点とはできず。前半ロングボールに苦しんだ同志社は0ー1とリードされた状態で後半を迎える。



ミドルシュートを打つ松井


前半36分のシーン


今試合も何度も左サイドを駆け上がった平田



逆転を狙いたい同志社は、後半風上に立ってプレーする。後半10分すぎまでなかなかチャンスをつかめないが、早い段階で最初の交代カードを切る。鶴崎に代えて、MF西村洋(商3)を投入すると、いきなり西村洋がチャンスを作る。後半11分、カウンターから数的有利な状況になり、松井が左サイドを駆け上がった西村にスルーパスを送る。パスを受けた西村洋は中央へクロスを上げると、ボールは生部へ。切り返しで相手DFを交わし、左足でシュートを放つ。ゴール枠内を捉えたシュートであったが、相手GKに足でセーブされる。絶好のチャンスを逃した同志社であったが、その1分後にもチャンスを作る。坂本がロングスローで相手ペナルティエリア内に掘り込み、混戦から免田がシュートを放つもこれはゴール枠上へ。決定機を2回外してしまった同志社だったが、ここからボールを支配する。宮本、松井を中心にボールを回し、前線では俵石が相手ボランチの裏のスペースに入り込むなどしてゴール前へ何度も進む。しかし、「今日は90分を通してフィニッシュの質が悪かった」(松井)。最後のところでクロスが合わず、パスミスなどもありシュートまで持ち込めない。後半中盤に交代で阪南大戦で活躍したFW清岡(法2)、高橋(経3)の2人を投入するも、0ー1のままロスタイムへ。同志社は最後の粘りを見せ、パワープレーで前線へとロングボールを蹴り込むが、残り1分で相手ゴール前で迎えた最後のチャンスは、俵石が決めることができずタイムアップ。0ー1で敗れ、3戦連続上位から勝ち点を奪うことはできなかった。



久々リーグ戦出場の西村洋はフレッシュな動きで攻撃を活性化


生部のシュートは正面を突いた


免田が放ったシュートは上に外れてしまった



後期が開幕しここまで阪南大に引き分け、関学に勝利し、今節びわこ成蹊大戦を迎えたが、「今日はやりたいサッカーをやられてしまった。しかし、後半のようなサッカーをできればまた違っていた」(望月監督)。惜敗してしまった同志社だが、阪南大、関学戦同様手応えをつかんだ部分もあった。前期上位につけた3チームから奪った勝ち点は4。前期は7しかあげれながったが、上々の出来で少しずつ上のチームへと迫りつつある。そして次節から最終節までの8試合は勝ち点が迫った大学と当たる。「まだインカレへの可能性は残っているが、まずは入れ替え戦圏内順位より上にいきたい」(望月監督)。1つ1つ勝ち点を積み重ね、そしていずれはもっと高い順位へ――。そのためにイレブン達はピッチを駆け回れ!(堀 大輝)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について