同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 内容、結果ともに完璧たる勝利:サッカー部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
内容、結果ともに完璧たる勝利:サッカー部
2014/10/11 HEAD LINE NEWS

関西学生サッカー1部後期リーグ (2014年10月11日)

10月11日に山城総合運動公園太陽が丘陸上競技場(京都府)で行われた関西学生サッカー、1部後期リーグ第5節対大産大。同志社は2ー1で勝利した。



今季初スタメンが2人並ぶなど前節から4人メンバーが変更



前節5失点し現在2連敗中の同志社。今節はメンバーを入れ替え、スターティングイレブンにGK小出(経4)、左からDF長谷(スポ2)、渡邉(スポ1)、免田(商3)、坂本(文4)、MF宮本(スポ4)、佐々木(経4)、鶴崎(スポ2)、生部(政策3)、FW俵石(文情3)、岡村(経2)が並び、6位大産大に挑んだ。



持ち味のハードワークを見せた佐々木


打点の高いヘディングでシュートを打つ渡邊



大産大ボールでキックオフされた前半。前節は開始から受け身になり早い段階で失点したが、この日は序盤から先制点を狙っていく。まず1分、鶴崎が左サイドから中央にドリブルでカットイン。これを大産大DFが倒し、ゴール前でFKを獲得。キッカー坂本が直接狙い、無回転のシュートはゴール枠内に飛ぶが、このシュートはGKの正面を突き先制点を奪うことはできない。先制のチャンスを逃した同志社。反対に前半12分、左サイドから大産大にクロスを入れられ、クリアしたこぼれ球をFW4,山内にシュートを打たれる。しかし、これはゴール枠外に外れ事なきを得た。大産大にゴールを脅かされた3分後の前半15分。同志社は再び鶴崎からチャンスが生まれる。左サイドでボールを持った鶴崎がドリブルで相手DFを抜き、マイナスにグラウンダーのクロスを入れると、合わせたのは上がってきた佐々木。だが、ボールを浮かしてしまいゴール枠上に大きく外れる。2度目の先制の機会を逃してしまった同志社だったが、「(今日は)セカンドボールを相手よりも拾えていて、ハードワークができていた」(望月監督)。運動量で相手よりも上回り、前半21分にMF10,藪内にシュートを打たれた以外は攻撃の形を大産大に作らせない。すると23分にはFKから坂本が、36分にはCKから渡邉がシュートを狙うも相手GKのファインセーブなどにあい先制とはならず。しかし前半37分、ついに同志社が先制点を決める。坂本がアーリークロスを入れ、俵石に渡るもゴール前で混戦に。そして流れてきたボールに反応したのは岡村。「こぼれ球を狙っていた」(岡村)。強烈なシュートが大産大ゴール枠内を襲い、GKが反応し手に当てるもボールは枠内へ(1ー0)。後期第1節阪南大戦以来となる岡村のゴールで同志社は先制し、1ー0で前半を終える。



先制点を決める岡村


ゴールを決め岡村は同志社の応援団に指を突き上げた



後半、風上に立ち同志社ボールでキックオフ。前半の良い流れのまま入り、同志社は攻守で最初から圧倒する。ボールを支配し、守備でも「しっかり潰すことが出来た」(渡邊)。長谷やリーグ戦初出場のルーキー渡邉が前節から入れ替ったDFラインは、後半も落ち着いてロングボールなどを対処。中盤でも佐々木、宮本が前半同様相手以上にセカンドボールを拾い、大産大の攻撃の芽を摘むと後半11分。俵石のスルーパスに岡村が抜け出し、GKと1対1に。岡村がGKを交わし無人のゴールへ左足で流し込み、この日2点目を決め追加点を同志社が上げる(2ー0)。



GKを交わそうとする岡村


2点目を決め喜ぶイレブン


良い時間帯で2点目をとった同志社であったが、攻撃の手を緩めない。16分には生部のロングボールから、岡村が裏に抜け出し左足でシュートを放つが、大きくゴール枠左に外してしまい3点目とはならず。その後も同志社ペースで進み、試合は2ー0まま後半35分まで経過する。しかし、ここまで相手にシュートを1本も打たせていなかった同志社DFラインが後半38分。一瞬の隙を突かれてしまう。「結果的に少し足が止まってしまった」(佐々木)。同志社の右サイドから崩されゴール中央にパスを出されると、″オフサイド″とDFラインは判断するが、プレーは続行。ボールはFW15,樽谷に渡り、GK小出との1対1を制され1点を返される(2ー1)。反撃の1点を大産大に与えてしまったが、なんとか勝利を上げ、勝ち点3をとりたい同志社は後半45分。岡村に代えFW白石(理工4)を投入し、相手陣内のサイド深い位置でボールキープを試みる。白石が身体を張り時間を稼ぎロスタイムの3分は刻々と過ぎる。そして試合は2ー1でタイムアップ。同志社は連敗を2で止め、残り試合に弾みが付く勝利を上げた。



白石は懸命にボールをキープ


勝利し喜ぶイレブン


前節京産大に大差で敗れ、「(この1週間は)もう一度自分たちのサッカーを見つめ直した」(望月監督)。ハードワークで自分たちより順位が上の大産大に走り勝ち、また渡邉など新戦力も活躍。2連敗と少し調子を落としていたが、この日は内容でも結果でも完璧と言える試合運びを見せた。今試合を忘れず残り6試合を戦っていきたい同志社。リーグ戦16試合を終えて連勝はまだ1度もないが、ここでもう負けるわけにはいかない。次節勝利で今季初の連勝を――。紫魂を込めて戦えば、必ずやできるはずだ。(堀 大輝)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について