同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 1点に泣く手痛い敗戦:サッカー部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
1点に泣く手痛い敗戦:サッカー部
2014/10/18 HEAD LINE NEWS

関西学生サッカー1部後期リーグ (2014年10月18日)

10月18日にキンチョウスタジアム(大阪府)で行われた関西学生サッカー1部後期リーグ、第6節対大体大。同志社は0―1で敗れた。



前節からMF鶴崎(スポ2)が怪我で外れた



前節勝利したが、いまだリーグ戦で連勝をしたことのない同志社。今節は前年度インカレ王者ながら、前期開幕戦で2―2の打ち合いを演じた大体大。フォーメーションは4-4-2。鶴崎が怪我のためベンチ外となり、スターティングイレブンはGK小出(経4)、DF左から長谷(スポ2)、渡邉(スポ1)、免田(商3)、坂本(文4)、MF宮本(スポ4)、佐々木(経4)、生部(政策3)、安井(商1)、FW俵石(文情3)、岡村(経2)の11人。ゲームはキャプテンは宮本が務めた。



同志社ボールでキックオフされた前半。序盤はかなり静かな展開となる。同志社はいつも通り岡村をターゲットに、パスを繋ぎながら大体大のDFの裏を狙う。だがこの日は裏をとることができても大体大DFにしっかりカバーリングをされ、なかなかチャンスを作れないでいると前半11分。大体大にファーストシュートを許してしまう。FKのこぼれ球から全日本大学選抜のFW10,澤上にペナルティエリア内でシュートを打たれるが、このシュートはゴール枠左に外れる。ここから両者ともにサイドからチャンスを作ろうとするが、シュートまで持ち込めず前半25分まで0―0で経過する。なんとか先制点を決めたい両チームだが、同志社に前半27分チャンスが生まれる。左サイドからの攻撃でCKを獲得すると、キッカー宮本はファーサイドのボールを選択。これに坂本がヘディング合わせるも、ヒットせずゴール枠右に外れる。最初のチャンスを外してしまった同志社であったが、その7分後の34分。前半最大の決定機を迎える。中盤でパスカットし、そのボールをボランチ佐々木が岡村にスルーパスを出す。ボールを受けた岡村はDF1人を交わし、ペナルティエリアすぐ外からGKの頭上を超えるミドルシュートを狙う。しかし、わずかにゴール枠上に逸れてしまう。同志社は前半終了間際の43分にも岡村がドリブルからミドルシュートを打つが外れ、前半は0-0で終えた。



左SBの長谷は守備では安定感を披露し何度か攻撃でもサイドを駆け上がった


スルーパスを出し決定機を演出した佐々木


岡村のミドルシュートは惜しくも外れた



後半も同じメンバーで臨んだ同志社。「最初の5分から10分はうちの時間帯だった」(望月監督)。キックオフ直後から同志社は両サイドを起点に相手ゴール陣内で攻め込むが、クロスが合わず先制点を奪うまでにはいたらない。すると後半7分、CKからピンチを招く。ニアサイドでDF3,坂本に合わせられる。ボールはゴール枠内に飛ぶが、宮本がゴールライン上で身体で止め、ボールをクリアしピンチを防ぐ。その直後の後半9分、「得点を狙いに行けと言われた」(白石・理工4)。同志社は岡村に代えて、FW白石を投入する。早い段階から先制点を狙いにいくが、ここからゲームの主導権をつかんだのは大体大。ロングボールを同志社DFライン裏に何本も蹴り込み、渡邉、免田がクリアし続けるも最終ラインは下がってしまい、セカンドボールも拾えない状況が続き後半17分。同志社はクリアミスからつながれ、MF6,池上に同志社右サイドの突破を許す。マイナスにクロスを入れられてしまった同志社は待っていた澤上への対応に間に合わず、きっちり決められ欲しかった先制点を大体大に献上した(0ー1)。



2人目の交代でMF松井(商2)が入った



失点し劣勢に陥っていた同志社は、後半23分に怪我から復帰した松井を投入し打開に入る。安井と代わった松井は右サイドに入り、起点を作ろうとすると後半34分。カウンターから松井にボールが渡ると松井は右サイドでドリブルで駆け上がる。ゴール前まで迫り3対2と数的優位の状況を作った同志社。松井は左サイドの生部にグラウンダーのクロスを供給し、生部はノーマークの状態でダイレクトでシュートを打つ。しっかりと生部はゴール枠内にシュートを打つが、ボールは惜しくもキーパー正面を突き同点とはならず。この瞬間思わずスタンドからため息がこぼれた。残り10分を切り同志社は最後の交代でFW清岡(法2)を投入し、また渡邉が上がりパワープレーを仕掛ける。しかし時間は刻々と過ぎ、ロスタイムに突入。3分のロスタイムの中で大体大にボールをキープされるが、2分を過ぎたところでFKを獲得する。ロングボールを同志社は掘り込み混戦となり、最後は白石のところにこぼれるが、シュートをうまく合わすことはできずゴール枠外に。この後、ピッチ内に主審の笛が鳴り響きタイムアップ。同志社は惜しくも0ー1で敗れた。



逆サイドの生部にクロスを送る松井


後半最後のシュートを打つ白石


落ち込む選手達



前半0ー0で折り返したが、後半は「相手の攻撃に合わしてしまい、自分たちのパスサッカーで強さを出すことはできなかった」(望月監督)。前節は自分たちのサッカーが出来ていただけに、今節は今後の状況を考えると手痛い敗戦となってしまった。リーグ戦も終盤を迎えた今、同志社の順位は最下位。厳しい状況にいるのは間違いないが、勝ち点を積み重ねなければ2部降格となってしまう。それだけはどうしても避けたい同志社。「次節はもう負けられない状況。死ぬ気でやるしかない」(免田)。下を向いていても仕方がない。残された試合は5試合。勝ち続けよう。そして這い上がっていこう。1部残留のために――。(堀 大輝)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について