同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > ライバル相手に3失点完敗:サッカー部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ライバル相手に3失点完敗:サッカー部
2014/11/02 HEAD LINE NEWS

関西学生サッカー1部後期リーグ (2014年11月2日)

11月2日にキンチョウスタジアム(大阪府)で行われた関西学生サッカー1部後期リーグ、第8節対立命館。同志社は0ー3で敗れた。



合同で集合写真を撮る両イレブン



前期と同じ会場で行われた公式戦で今季3度目の同立戦。ここまで1勝1敗と五分の成績だが、中断明けの前期での戦いでは同志社が2ー0で勝利し後期の好スタートにつなげることができた。しかし、残り4節で同勝点の両チーム。どちらとも勝てば自動降格圏内から抜け出し、負ければ最下位と命運がはっきり分かれる中今節を迎えた。今の状況、そして相手がライバル立命館ということを考えると絶対に負けられない同志社。スターティングイレブンは、GK小出(経4)、DF左から平田(スポ3)、渡邊(スポ1)、免田(商3)、坂本(文4)、MF宮本(スポ4)、佐々木(経4)、安井(商1)、西村拓(商3)、FW俵石(文情3)、白石(理工4)。フォーメーション4-4-2の、ゲームキャプテンは宮本が務め同立戦に臨んだ。



強風の中、同志社ボールでキックオフされた前半。2分に俵石のミドルシュートで幕が開けると、同志社が立て続けに多くのチャンスを作る。12分に俵石が、18分には相手スローインのボールをカットした西村拓がミドルシュートを打つも、どちらもゴール枠外やキーパー正面を突きに先制とはならない。その1分後には、俵石とのコンビネーションから白石が遠目の位置からボレーシュートを打つも、ゴール枠外に外れてしまった。多くのシュートを打ちながらも、先制できずにいると27分。立命館GK31,の蹴ったクリアボールが、MF29,知念へと渡り、そこからMF14,高畑にダイレクトでシュートを打たれる。直前のCKで最終ラインを押し上げていた途中であった同志社は対応できず、強烈なシュートがポストを叩きながらゴールを襲い先制を許す(0ー1)。この失点からつかみかけていた流れを同志社は失い、次々とピンチを迎える。DFラインの裏をとられ31分、32分と1対1の場面を立命館に作られるが、ここはシュートミスでゴール枠外へと飛び追加点を決められることなく、0ー1のリードされた状態で後半を迎える。



ドリブルでサイド奥深く切り込む白石


クロスを上げる平田



まずは同点に追いつきたい同志社。後半から安井に代えてMF高橋(経3)を投入すると、その高橋からいきなりチャンスを迎える。右サイドでボールを持った高橋は、左足でファーサイドにクロスを入れると、これに待っていたのはフリーの俵石。ダイレクトボレーで合わせようとしたが、うまく合わせられずゴール枠内へと飛ばなかった。このシュートからしばらくはなかなか動きのない展開になるが、後半10分に立命館がチャンスを作ると、同志社も14分。オーバーラップした平田が1対1で仕掛け、ニアサイドにクロスを入れる。良い位置にボールは入ったが相手GKに弾かれ、誰も合わせることはできなかった。すると後半18分、佐々木がゴール前で立命館GKと接触し負傷退場してしまう。思わぬアクシデントで、相手の攻撃の芽を摘んでいた佐々木を失った同志社は次第に立命館に流れを持っていかれる。ロングボールを入れ、サイドから攻撃に転じたい同志社であったが、セカンドボールを次々と拾われ、うまく攻撃の形を作れない。そうこうしていると後半27分、CKからまさかの追加点を許す。ファーサイドに入れられたボールを、一度は同志社がクリアするもこれがペナルティエリアすぐ外の中央で待っていた立命館MF14,高畑の元へ。「セカンドボールを詰めたかったが誰もいけなかった」(平田)。高畑にこの日2点目のゴールを決められ、同志社は苦しい状況に。後が無くなった同志社は、後半30分に最後のカードでFW岡村(経2)が入る。3トップに近い形で相手ゴールに迫り後半39分には、岡村が裏に抜け出しシュートを打つもゴール枠右へ。チャンスで決め切れなかった同志社に対し、立命館は後半43分に再びCKからゴールを上げ、同志社はここで万事休す(0ー3)。終了間際の白石のシュートもGK正面を突き、0ー3で敗れた。



後半1分の場面


シュートを打つ白石


立命館に敗れ悔しい表情を見せるイレブン



同立戦を物に出来ず、また3節を残して残留に向け手痛い一敗となった同志社。試合後、「攻撃に関しても、守備に関してもなかなかうまくいかなかった」と望月監督は嘆いた。再び単独最下位となった同志社は、次節ここ10年で1度しか勝ったことのない関大との一戦を迎える。今年も前期は0ー4、新人戦は1ー3と敗れている。決して相性が良くない相手だが、「そんなの関係なく気持ちで勝ちにいきたい」(渡邊)。1部残留に向け、窮地に立たされた同志社。「(次節は)どんな形であれ勝ち点3」(平田)を――。勝ち続けるしか道は開けない。その道を背水の陣で切り開いてほしい。(堀 大輝)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について