同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 悪夢再び1年での2部降格……:サッカー部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
悪夢再び1年での2部降格……:サッカー部
2014/11/15 HEAD LINE NEWS

関西学生サッカー1部後期リーグ (2014年11月15日)

11月15日に高槻市立総合スポーツセンター(大阪府)で行われた関西学生サッカー1部後期リーグ、第10節対大院大。同志社は0-4で敗れた。この結果、同志社の11位以下が決まり2部Aリーグへの自動降格が決まった。



平田がスタメン復帰を果たした



現在12位の同志社。引き分けか敗れるかで2部Aリーグへの自動降格が決まってしまうという中、同志社はインカレへ最近好調子の6位大院大との一戦を迎えた。同志社のフォーメーションは4-4-2。スタメンにGK小池(社4)、DF左から平田(スポ3)、渡邊(スポ1)、免田(商3)、坂本(文4)、MF松井(商2)、宮本(スポ4)、鶴崎(スポ2)、生部(政策3)、FW西村拓(商3)、岡村(経2)。ゲームキャプテンは宮本が務めた。



快晴の下キックオフされた前半、同志社は大院大にロングボールを放り込まれ10分までにCKを3回も与えてしまうが決定的なシュートは打たせない。すると前半10分過ぎから左サイド鶴崎を起点に少しずつ同志社はチャンスをつかみ11分。西村拓が相手陣内の左サイドを奥深くドリブルで切り込み、マイナスにクロスを入れると反応したのは岡村。浮き球に対し右足を振り抜くが、ゴール枠上に外れた。3分後の14分にも同志社は松井がミドルシュートを放つがゴール枠左に大きく外れた。少しずつ攻撃でリズムが出てきた同志社。しかし前半15分、同志社の右サイドから大院大MF10,堀野にクロスを入れられ、クリアするもボールはDF5,岡元へ。その岡元から同志社の最終ライン裏に浮き球パスを出され、MF83,河合が反応。小池が飛び出すもループシュートを決められ(0ー1)。先制点を奪われてしまった同志社。残留に向け負けられないため、失点後からすぐ攻勢に出る。27分、鶴崎がドリブルで得意な形のカットインからミドルシュートを打つもまたもやゴール枠右へ。28分に小池が大院大MF14,桑島とのピンチを迎えるも、セーブし同志社を助けると37分。前半最大の決定機を迎える。「鶴崎がうまく溜めてくれたので前に出ていけた」(宮本)。鶴崎とのパス交換から、ボランチの宮本がうまく抜け出しGKとの1対1を迎える。だがシュートはGKに阻まれ同点とはならなかった。同志社は結局追いつくことはできず0ー1で前半を折り返した。



前半再三オーバラップした平田


スライディングをかいくぐりシュートを打つ宮本



風上の後半、同志社ボールでキックオフされ3分。松井の裏へのボールに坂本がオーバラップし受けると、マイナスへクロスを供給。生部がフリーの状態で合わせるも、浮き球をうまく処理できずゴール枠上へ外れた。後半6分にも坂本がミドルシュートを打つが、ゴール枠左へ外れなかなか同点に追いつけない。すると8分大院大に14,桑島、DF2,浜崎とワンツーで抜け出され最後は浜崎にゴール中央でシュートを打たれるも、なんとか同志社が身体に当てCKに逃れた。ここで12分FW清岡(法2)を投入するが、6分後の後半18分。絶対に与えてはいけない2点目を献上してしまう。大院大MF8,岡本にCKのこぼれ球を、豪快なミドルシュートで叩き込まれ(0ー2)。この失点で攻めるしかなくなった同志社。後半19分にMF俵石(文情3)を、25分にMF佐々木(経4)を交代で入れる。すると29分、32分に立て続けにチャンスを作る。29分は鶴崎がドリブルで左サイドを突破。ここでファールを受け、FKを宮本がファーサイドに蹴る。渡邊が一度触り、俵石がこれをヘディングするもゴール枠上に外れた。32分は、左サイドから宮本がクロスを上げ生部をヘディングするも、勢いがなくGKにキャッチされた。追いつくことができない中試合は0ー2で進んでいくと後半37分、大院大MF10堀野にミドルシュートを決められてしまい万事休す(0ー3)。その2分後の39分にも前がかりになったところを突かれ、最後は大院大FW88,斎藤に決められ(0ー4)。同志社は最後、渡邊を前線に残しパワープレーを図るも一矢報いることはできず、0ー4で無情のタイムアップ。最終節を待たずして1年での降格が決まってしまった。



同志社の攻撃にドリブルでリズムを作った鶴崎


途中出場ながら存在感を出した佐々木


俵石のシュートはブロックされた


降格が決まり呆然とする生部


免田も膝に手を突き悔しさをにじませた



試合後、「うちの今年の悪さが出てしまった試合。先制をされ、フィニッシュまで持ち込むも決められず後半に離された」と望月監督。この試合に勝利し、なんとか最終節へ入替戦への可能性を残したかったが、その目標は絶たれてしまった。最終節の次節は消化試合になってしまうが、「最後に諦めない姿勢を見せたい」(望月監督)。次戦は長く戦った1年を締めくくる試合とともに、また4年生の最後のゲームともなる。ここまで多くの試合でゲームキャプテンを務めてきたは宮本は「数少ない4回生を下級生が支えてくれた。下級生、スタッフ、関係者すべての人に感謝し、勝利したい」と話した。最終節は消化試合ではなく、意味のあるゲームへ――。1年間全22節を、胸を張って終えれるようにしたい。(堀 大輝)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について