同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 次に繋がる敗戦:アーチェリー部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
次に繋がる敗戦:アーチェリー部
2014/12/26 HEAD LINE NEWS

関西学生アーチェリーインドア選手権大会 (2014年12月6日)

12月6・7日に大阪大学吹田キャンパス体育館にて関西学生アーチェリーインドア選手権大会が行われた。

リカーブ部門で、小岩(商4)は準々決勝敗退、岡田(商1)は2回戦敗退、コンパウンド部門では村田(経4)が4位に終わった。

小岩は初戦、不戦勝で2回戦に進出。2回戦では6-2で難なく勝利し、準々決勝へと駒を進めた。迎えた準々決勝、相手の調子の勢いに押され、4-6で敗戦。「負けてしまったのは実力不足だが、思い切ったいい試合ができたと思う」と冷静に振り返り、続けて小岩は次の大会となるインカレに向けて強く意気込んだ。「後輩達に立派な背中を見せられるように頑張りたい。」



狙いを定める小岩



3人の中で最年少の岡田。1回戦で自分の流れをつかみ、6-2と大差で勝利。続く2回戦では先に相手に流れをつかまれ苦しい展開に。その後徐々に自分の流れをつかみ取るも、結果は4-6で惜敗。岡田は2回戦敗退で大会に幕を閉じた。「ここぞという場面で当てることが出来るようになれば高得点に繋がる。それを試合でできるように練習からしっかりやっていきたい。」(岡田)この敗戦を糧に、インカレという大舞台で岡田の成長した姿がきっと見られるだろう。



射に集中する岡田


今大会は4年生の村田にとって学生として最後の大会。楽しむ気持ちを持って臨んだが、初戦から思っていた以上に緊張をしてしまい自分らしいプレーができず、111-141で敗れた。続く3位決定戦では善戦するも、136-140で敗れ、4位に終わった。


射を終えた村田


小岩、岡田にとって次の目標はインカレ優勝。
インカレまで残り2か月、今大会得た収穫と経験で成長し、二人の表彰台に乗っている凛々しい姿を見れるに違いない。
(今川将成)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について