同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 雨の中の激闘制し開幕戦勝利:サッカー部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
雨の中の激闘制し開幕戦勝利:サッカー部
2015/04/05 HEAD LINE NEWS

関西学生サッカー2部A前期リーグ (2015年4月5日)

4月5日に同志社大学京田辺グラウンドで行われた関西学生サッカー2部前期リーグ第1節・天理大戦。同志社は3-1で天理大を下し、リーグ開幕戦を白星で飾った。



開幕スタメンを勝ち取ったのはこの11人



同志社にとって2年ぶりとなる関西リーグ2部の試合。スタメンに名を連ねたのはGK佐藤航(政策2)、DF長谷(スポ3)、渡邊(スポ2)、和田(スポ3)、平田(スポ4)、MF松井(商3)、生部(政策4)、西村洋(商4)、鶴崎(スポ3)、FW俵石(文情4)、岡村(経3)の11人。悪天候のためピッチのコンディションも不安定な中、開幕戦の相手・天理大に挑んだ。



開幕戦独特の緊張感に包まれながら始まったこの試合。相手は昨季、2つ下のカテゴリーに所属していた天理大。それでも「我慢のゲームだった」(生部主将)と語るように、難しい試合となった。「立ち上がりは動きが固かった」(平田)と、本来の実力を発揮できない同志社。逆に昇格組の天理大はジャイアントキリングを狙い、序盤から出足の良さでペースを握った。前半5分、8分と天理大はスリッピーな芝を生かそうと立て続けにミドルを放つが、公式戦初出場のGK佐藤航を中心とした守備陣がゴールを守る。前半15分には平田の左からの低いクロスに岡村が合わせ、この試合初めての決定機を迎えるも枠を捉えられず。前半19分には天理大が左サイドから切れ込みシュートを打つもGK正面。お互い崩しきれない時間帯が続く中、均衡が破られたのは前半22分。生部のFKがDFに当たってコースが変わり、こぼれ球を俵石が押し込んでゴール。一昨年と昨年に続く俵石の自身3度目の開幕戦のゴールで同志社が先制に成功した。先制して波に乗りたい同志社は、前半26分の岡村のシュートや前半35分の鶴崎のシュートでリズムをつかんでいく。そして迎えた前半37分、中央で松井からのパスを受けた俵石が左足でコースを狙い済ましたシュート。俵石の「(ステップ、シュートともに)練習通り」というゴールで貴重な追加点を奪う。前半アディショナルタイムにはエリア内で長谷が相手を倒してPKを献上。これを決められて1点差に詰められたところで前半が終了した。



ドリブルで攻め込む岡村


背番号10を背負う松井は今季公式戦初出場



後半はより一層の雨が降りしきる中キックオフ。後半16分には途中出場の安井のクロスから俵石がボレーを放ち、3点目を狙うもこれはGKがセーブ。後半20分には岡村が裏に抜け出して相手GKと接触すると倒れ、PKを獲得。キッカーは岡村。左隅を狙ったシュートは一度は止められるものの、こぼれ球を岡村が再び押し込みゴール。岡村の今季初ゴールでリードを2点に広げる。後半32分、33分には途中出場の向井、松井の立て続けのシュートで4点目を貪欲に狙うも、惜しくもゴールとはならず。試合終了間際には、低い位置からボールを放り込む相手に対して体を張ったディフェンスで対応。集中したプレーで守りきり、3-1で同志社が勝利した。



GK佐藤航は公式戦初出場を飾った


相手DFと競り合う鶴崎


「内容的には微妙だった」(望月監督)と言うように、決して納得のいく勝ち方ではなかった。しかし、サッカーは内容ではなく結果が全て。強いチームは自分たちの思い通りに運べない試合でも勝ち切ることができるのだ。その意味でも、今日の試合はわずか4勝に終わった昨季からの成長が垣間見えた。そして、今日の試合では新戦力が台頭したこともひとつの収穫だろう。公式戦初出場のGK佐藤航は持ち前の守備範囲の広さを生かして最小失点に抑えた。試合後には、「努力という名の種を蒔けば花が咲くことを証明できた」と安堵の表情で語った。鶴崎に代わって投入されたMF西川も公式戦初出場を飾り、得意のドリブルで見せ場をつくった。出場こそかなわなかったが、期待のFW丸本もベンチ入りを果たした。


負けて得られるものは大きい、しかし勝って得られるものも大きいことを証明した一戦だった。たかが18試合中の1試合、されど18試合中の1試合。開幕戦の勝利は勝ち点以上に大きな意味を持つ。リーグ戦で何よりも重要なのは継続すること。その先に結果はついてくるだろう。紫色の戦士たちよ、1部という名の夢の舞台へと導いてくれ。(西村健汰)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について