同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 苦戦強いられるも勝利、開幕2連勝!:サッカー部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
苦戦強いられるも勝利、開幕2連勝!:サッカー部
2015/04/12 HEAD LINE NEWS

関西学生サッカー2部A前期リーグ (2015年4月12日)

4月12日に同志社大学京田辺グラウンドで行われた関西学生サッカー2部A前期リーグ第2節・京都学園大戦。同志社は京都学園大に1-0で競り勝ちリーグ戦開幕2連勝を飾った。



白岡、吉村のルーキー2人が初スタメン


開幕戦に勝利し、幸先のよいシーズンのスタートを切った同志社。スタメンに名を連ねたのは、GK白岡(商1)、DF吉村(スポ1)、和田(スポ3)、杉本(政策3)、平田(スポ4)、MF松井(商3)、生部(政策4)、安井(商2)、鶴崎(スポ3)、FW俵石(文情4)、岡村(経3)の11人。期待のルーキー2人をスタメンに抜てきし、開幕2連勝を目指して京園大に挑んだ。


「前節同様非常に難しいゲームで、相手の守備に穴が空かなかった」(生部主将)と言うように、京園大は守備に枚数をかけ、徹底してロングボールに頼るチーム。そんな相手に対し、同志社は思わぬ苦戦を強いられることとなった。前半は完全に同志社のペースで試合が進む。5分、右サイドの岡村からの折り返しに、鶴崎がこの試合のファーストシュートを放つもDFがブロック。10分には松井のスルーパスに岡村がエリア内で反応するもボールにはわずかに届かず。14分の鶴崎のミドルシュートはGKの正面へと飛んでしまう。26分には俵石の落としから安井がシュートも放つも、これもGKの正面で止められる。チャンスは幾度となく作るも、なかなかゴールをこじ開けられない同志社。ボールを圧倒的に保持しているもののゴールが遠い、そんな嫌な時間が続く。それでも均衡を破ったのは43分。左サイド平田からのクロスを俵石がダイレクトでボレー。一度はGKにはじかれるも、こぼれ球を岡村が押し込んだ。「ボールに詰める意識は練習でもやっていた」(岡村)、「泥臭く点が取れたのは大きい」(望月監督)という前半終了間際のゴールで先制。1-0のまま前半は終了した。


平田は果敢なオーバーラップで攻撃の起点となった

右足にテーピングを巻いてプレーする松井


エンドの替わった後半は、お互い蹴り合いの様相を呈す。「後半はセカンドボールの処理が落ち着かなかった」(松井)と、次第にペースも京園大に握られてしまう。50分には俵石が持ち込んでシュートを放つも、これは惜しくもクロスバーに嫌われる。さらに同志社をアクシデントが襲う。CKの処理をしようとしたGK白岡が相手選手と接触し鼻を負傷。ピッチに倒れこみ、一時同志社ベンチは騒然としたが、この試合がリーグ戦初出場の白岡は気合で立ち上がりプレー続行。その後も押し込まれる時間帯が続くが、76分には鶴崎が途中出場の向井とのワンツーで抜け出しシュート。これはわずかにゴール右に外れる。88分には相手のセットプレーからのボールを奪い、平田が1人でおよそ50㍍もの距離を持ち上がる。それを、「長い距離を走るのが持ち味」の生部につなぎ、最後は向井が頭で合わせる。鋭いカウンターだったが、惜しくも枠は捉えられず。試合終了間際にも相手の猛攻を浴びるが、「無失点の試合を続けたい」という今季初スタメンの杉本を中心とした守備陣が踏ん張りタイムアップ。なんとか1-0で辛勝し、勝ち点を6に伸ばした。


50分の俵石のシュートシーン

ドリブルで駆け上がる岡村

控え選手たちの応援もピッチ上のメンバーを後押しした

今日の相手である京園大は、同志社に対して守備を固めるという厄介な相手であった。しかし、2部にはこのようなスタイルのチームが乱立していることだろう。この試合では「相手が守備をする中で攻めきれなかった」(望月監督)が、次は内容でも完勝することが求められる。また、今日の試合で苦戦した要因としては、司令塔である松井のケガも挙げられるかもしれない。試合中、彼の右足は痛々しいテーピングで何重にも巻かれていた。現在は右足が思うように使えず、利き足ではない左足でのプレーを余儀なくされている。それでも、右足が使えない分万全の準備をして試合に臨み、流れを変えるパスを何本も供給した。今後の同志社の浮沈の鍵は、背番号10の右足に託されている。


満開の桜が散り、やがて葉桜へと装いを変えるこの季節。たとえ桜の花が散っても、同志社イレブンの志が散ることはない。桃色の桜の花びらが散るたびに、ひとつ、またひとつと、紫色の想いは届いていくーー。次節も、それぞれの胸に秘める想いを勝利という形で届けてくれるはずだ。(西村健汰)
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について