同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 悔しさを糧に、王座へ:アーチェリー部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
悔しさを糧に、王座へ:アーチェリー部
2015/06/10 HEAD LINE NEWS

関西学生アーチェリーリーグ戦 (2015年5月10日)

5月10日に大阪大学レンジにて行われた関西学生アーチェリーリーグ戦・優勝決定戦。

相手は去年の優勝決定戦で敗れた宿敵・近大。何とか去年のリベンジをを果たしたいところだったが、あと一歩届かず、準優勝に終わった。



狙いを定める上山(左)と小笠原(右)



約1か月間にわたり行われてきたリーグ戦。

初戦の相手は追手門学院大学。雨風強い悪天候の下、思うような射はできなかったものの5015-4870で勝利を収めることはできた。

だが「春にやってきたことが出せなくて消化不良だった」(若山)と、満足するような得点を出すことができなかった。

その後の試合では初戦の反省を生かし、徐々に調子を上げていき、戦う度にチームとして力を付けていった。

(第2戦対神戸大学 5155-4941,第3戦対摂南大学 5186-4950,第4戦対大阪大学 5190-4913)



スターティングメンバーの8人



そして全勝でリーグ最終戦を迎えた。相手は京都産業大学。序盤から雰囲気を味方につけるベストの戦い方で、得点を重ねる。

「相当の結果を出すことが出来た」(上山・社4)と、5240点の高得点をたたき出す。これは同志社の歴代2位の記録であった。

いよいよ迎えた優勝決定戦。最終戦でのいい形を持って、盤石の体制で臨んだ一戦。だが、「自分の力不足と、みんなの思いが先行し過ぎて

冷静さを欠いていた」(上山)。自分達らしい戦いはできていた、雰囲気では圧倒していたものの、5135-5268で敗れた。

「確実に強くなってきている。みんなが支えてくれる。」と悔しさが残り、感謝のリーグ戦だったと主将の上山が語ってくれた。



次に見据えるのは王座制覇だ!



優勝は逃したものの、今回のリーグ戦で新戦力である1年生の活躍が目立った。

小笠原(商1)と小川(スポ1)の両選手は全試合に出場。一年生らしからぬ冷静さと戦い方で、既にチームにとって欠かせない存在となっている。

もう一人は行場だ。大学入学後は不調に陥ったものの、その悔しさをバネに第5戦に出場、持ち前の明るさでチームを盛り立てた。


そしていよいよ6月には王座を迎える。「去年の3点を必ず取り返す」と惜しくも敗れた去年の王座のリベンジに燃える上山。

「このチームで必ず優勝したい」(上山)。このリーグ戦での経験を糧とし、レベルアップを図る同志社。

今年こそ、宿敵・近大を倒してみせる、王座の舞台で――。


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について