同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 大教大下し、ベスト16進出:バスケットボール部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
大教大下し、ベスト16進出:バスケットボール部
2015/06/10 HEAD LINE NEWS

西日本学生バスケットボール選手権大会 (2015年6月10日)

6月10日に大阪府立体育会館にて行われた西日本学生バスケットボール選手権大会3回戦、対大教大。予想以上に苦しい試合を強いられた同志社だったが、なんとか逃げ切り79-67。4回戦へとコマを進めた。


相手を置き去りにする高山



「外の人間に振り回されないように」(尾前監督)。大教大はアウトサイドプレーヤーに定評がある。そのため今日の試合は、改田(スポ4)、高山(政策4)、川武(社4)を3ガードのポジションに置き、石塚(理工4)、荒谷(スポ4)の布陣で挑んだ。試合開始。同志社は川武から石塚への合わせで、幸先よくバスケットカウントを奪う。しかしその後、大教大のガード陣に幾度と苦しめられる同志社。吉田(大教大・13)の素早いドリブル、山野(大教大・6)の外のシュートや、ポストプレーを止めることがでかない。オフェンスでは「石ちゃんのタイミングがよかった」と高山のドライブから中での石塚の合わせなど昨日には見られなかったいいプレーが見られた。リードこそ奪うが、なかなか引き離せなかった。次のQでも、相手の攻撃の手は緩まらない。同志社のオフェンスがかみ合わない時間帯には猛追を許し、リードを5点差まで縮められてしまう(45-38)。




ドライブをしかける川武



迎えた後半。山野(大教大・6)のミドル、スリーが連続で決まりついにワンゴール差に(45-43)。「粘り強かった」(改田)と点差を開けることはできない同志社。一進一退の攻防が続き、勝負の行方は最終Qまでもつれ込んだ(59-56)。目標のベスト4へ、ここで立ち止まるわけにはいかない。最終Q開始すぐ、同志社のギアが一段上がる。高山のスリーが決まると、元田(商3)が気迫のリバウンド。ベンチにも活気が出はじめると、勢いそのままに川武のドライブがきまり、一気につきはなす(65-58)。このまま同志社ペースで試合が進むと思われたが大教大も諦めない。山野(大教大・6)のOFリバウンドからゴール下、またスリーが決まるなど必死に食い下がる。残り2分、10点リード。最後まで緊迫した試合展開となったが、その後は高山の冷静なゲームコントロールでリードを死守。79-67で勝利し、ベスト16へと駒を進め、昨年の同大会結果に並んだ。




円陣を組む選手たち



明日は今大会初めての山場となる九産大との試合を控える同志社。九州2位、190㎝台のセンターが3枚と苦戦を強いられることが予想される。これまで以上にインサイド陣の体を張ったプレーが求められる。「元田と協力してやりたい」と、相手センターシャットアウトを誓う。そして、昨年はここで夢が断たれてしまった。リベンジを果たし、昨年からの思いを、夢を繋いでほしいーー。(平野裕貴)



☆コメント

尾前Hコーチ
サイズはなかったので、アウトサイドのシュートへの対応を意識した。ペイントエリア内で、石塚への合わせは効果的だった。(残り1分でのTOについて)スリーポイントをうってくるから警戒し、うまく時間を使えと話した。明日の九産大はサイズもあるし、外も上手い。OFの終わり方を良くし、良い形でDFに入れるようにしたい。

#5 改田賢太
速い展開で攻めることを意識した。アウトサイドはうまかったが、しっかりとチェックにいけていたし、そこを粘り強く出来たので勝ちにつながったと思う。相手のチャレンジャー精神は、うちが見習うべきところ。明日はDFから走って、自分たちのバスケをして勝ちたい。

#0 荒谷優斗
出だしがよかったので、そこで緩んでしまった。離せるところで、離せなかった。詰めが甘いんだと思う。井島がいないので、外でかき回していかないといけない。川武、竜の調子がいいので得点はあまり意識していないが、明日からはとっていきたい。

#24 石塚渉
昨日、外中心になってしまったので中のプレーは意識した。しっかりと体をぶつけられたと思う。予想以上にズルズルいってしまった。明日は元田と協力してインサイドを止める。ランプレーも意識してやりたい。

#14 高山竜之介
アウトサイドのプレーに対し、ローテーションがうまくいってなかった。もっと声をかけあってコミュニケーションをとり、マークマンの受け渡しをしっかりしたい。前から当たってきたのでドンドン抜いていった。元田にはもうワンテンポ早く、中で合わせてほしい。九産大も前からくる情報があるので、ドライブ仕掛けたい。

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について