同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 彗星のごとく現れた男・金潤求のゴールで勝利:サッカー部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
彗星のごとく現れた男・金潤求のゴールで勝利:サッカー部
2015/06/18 HEAD LINE NEWS

関西学生サッカー2部A前期リーグ (2015年6月14日)

6月14日に大阪商業大学第一グラウンドで行われた関西学生サッカー2部A前期リーグ第7節・大阪経済大戦。同志社は大経大に2-1で勝利した。



同志社はリーグ中断明けの重要な一戦で貴重な勝ち星を挙げた。1分に公式戦初出場を飾った金潤求のゴールで先制すると、30分には生部主将が追加点を奪い、試合を優位に進める。後半もより一層攻勢を強める同志社だがゴールには及ばない。逆に88分の失点で1点差に詰め寄られるものの、DF陣の踏ん張りで最小失点に抑えた。勝ち点3を積み重ねた同志社は首位をキープした。



スタメン11人中4人が今季初先発



相手の大経大は関西選手権で2部ながら総理大臣杯の出場権を獲得。今関西で最も波に乗る嫌なチームだ。対して同志社はこれまでの4-4-2から4-2-3-1にシステムを変更。トップ下を置くことで中盤に厚みをもたせた形だ。そしてゲームは開始早々から動きをみせる。1分、西村拓のスルーパスに抜け出した金潤求がシュート。これが決まり同志社があっさりと先制に成功。貴重な先制点を奪った同志社は落ち着いてゲームを進めることとなる。12分には相手FKが壁に直撃、こぼれ球をボレーで打たれるも、これは白岡がスーパーセーブ。13分には相手CKからカウンター。関が持ち込み稲垣、高森とつないで稲垣が裏に抜け出すもわずかに合わず。得点にはつながらなかったが、新戦力たちが躍動し良い形をつくった。その後は1,2列目に良い形でボールが入らず苦戦するも、迎えた30分。免田からのロングボールを受けようとした西村拓が潰れたところを生部が押し込んでゴール。今季初となる主将の一撃で追加点を奪った。35分には相手のクリアを拾った安井がミドルを放つもこれはGKがセーブ。41分には稲垣のパスを受けた安井がシュート。こぼれ球を稲垣が頭で押し込むも、ライン際でDFがクリア。2-0で前半を終える。



後半はダメ押しの3点目を奪うべくさらに攻勢を強める。51分には吉村のクロスから金潤求が自身2点目を狙ってシュート、60分にはGKの位置を見逃さない生部がロングシュートを放つも、どちらもGKがセーブ。62分には左サイド高森の正確なクロスにまたもや金潤求が合わせるも、惜しくも枠の外へ。同志社はさらに追加点を奪うべく、西村拓に代えて瀬尾を投入。瀬尾は公式戦初出場となった。80分には生部の右CKを渡邊が折り返して安井が技ありのジャンピングボレーを放つもポスト直撃。逆に88分、ゴール前中央でパスを受けた大経大MF住田にゴールを許してしまう。残り数分での痛恨の失点となった。逃げ切りを図りたい同志社は安井、金潤求に代えて杉本、丸本を投入。後半アディショナルタイムには相手CKからピンチを迎えるもなんとかしのいで試合終了。同志社のシュート10本に対し大経大は17本と押し込まれる展開だったが、相手攻撃陣を最小失点に抑えた。



開始早々に先制ゴールを奪った金潤求


今季初出場の稲垣は中盤に安定感をもたらした


この日もスーパーボレーで魅了した安井


途中出場の瀬尾も公式戦初出場


ボランチで躍動した関


シュートを放つ生部



今後の命運を大きく左右する6月の3連戦の初戦をものにした同志社。「なんとしても結果がほしかった」(生部主将)と勝ち切れたことが何よりもの収穫だ。それでも、「内容は足りなく、まだまだ甘さが見えた」()と、内容には決して満足していない。それでも、劣勢に立たされた試合でも勝ち点3を奪えたことが今の同志社の強みといえる。また、この試合では今まで出場機会を得ることができなかった選手たちが抜てきされた。「競争を激しく、今戦える18人を選んだ」と望月監督。関、金潤求、瀬尾は公式戦初出場、稲垣は今季初出場ながらもそれぞれ上々のパフォーマンスをみせた。中でも金潤求は初出場からわずか1分でのゴールと衝撃的なデビューを飾った。「ユングはガチガチに緊張していた」(白岡)そうだが、それを感じさせない堂々としたプレーで勝利に貢献。チーム内競争をより激化させる存在となることは間違いない。6月の残り2試合は上位陣との直接対決ということで「勝てばそのまま差が開く」(望月監督)と絶対に落とせない。2部優勝を目指す同志社にとって、求められているのは勝利のみだ。(西村健汰)



 

▼スターティングメンバー

GK1白岡ティモシィ(1)

DF29高森大夢(1)

DF3渡邊良太郎(スポ2)

DF5免田朋己(4)

DF28吉村弦(スポ1)

MF7生部麦(政策4)

MF24稲垣拓斗(スポ2)

MF36関純直(3)

MF14安井修平(2)

FW9西村拓馬(4)

FW118金潤求(1)


▼リザーブ

GK51佐藤航(政策2)

DF4杉本真太郎(政策3)

MF6西村洋亮(4)

MF10松井修平(3)

MF20鶴崎光(スポ3)

FW95瀬尾光貴(2)

FW49丸本周旦(2)



▼コメント

望月慎之監督

中断前の龍谷大戦と関西選手権の大商大戦で結果が出なかったので、選手たちがどれだけできるのかというところで不安があった中で、最初のワンプレーで点が取れたというのは楽な入りができて精神的な重荷が取れた。(大経大は)1人1人の役割を理解してパスのつなぎであったりフィジカルといったところではボールを相手にコントロールされている時間も作られたので、そういったところはさすがだと思った。ただキーとなる16番と4番のケアはしっかりできたので、そこで相手にボールを持たれながらもうまく対応は出来ていたと思う。(選手の起用に関して)競争を激しくすることと、走れない選手や戦えない選手がいたので、そこはIリーグチームを含めたチーム全体で見直してこういう形で今戦える18人を選んだ。(6月の残り試合に関して)上位と対戦するということは直接勝てば差が開くので自分たちの結果や状況をコントロールして一戦一戦戦って、特に次の追手門学院大戦は絶対に落とせないと思う。


MF7生部麦

公式戦で2連敗していたのでなんとしても落とせない試合で勝ちきれたことはすごくよかった。新しく入った選手がいい動きをしてくれたのでチームとしても底上げができていると感じた。得点シーンは戦術的にワントップなのでその選手にボールが入った時にサイドが追い越したり絡む動きが要求されていたので、それは常に意識していた中でいい落としが来て諦めずに行って、練習していたことが出せた。勝ち点6しっかりとり切ること。今日も苦しい時間をみんなで耐えたのでそれをプラスに捉えて次は無失点に抑え、自分たちのサッカーを突き詰めてしっかりと単独首位で前期を折り返すようにやっていく。


GK1白岡ティモシィ

リーグ中断して自分たちの内容も良くない中で勝ち点3を取れたことは非常に大きいことで、ビルドアップなどの内容のところはまだできてなく、自分たちは守備をやるという考えではなく点を取るという考えに全員が方向を合わせていかないといけない。(失点シーンは)相手が左から流れてきて、ボールウォッチャーになっていたので、GKとして判断してもう少し思い切り行けるようにしたい。(ワントップの選手は)練習から2枚で挟んでみるというふうにしていたけどやっていてそんなに怖いというイメージはなかった。前期残り2節を連勝して自信を持って終えたい。


DF3渡邊良太郎

まずは勝てたことは一安心。良かったことは立ち上がりにユングが点を取ってくれたのでそれで後ろは余裕を持って出来た。逆に、前半2点取れて後半は余裕を持って回せると思ったが、結構慌ててボールを失ってカウンターという場面が多かったので、攻撃のところで走れないのもそうだし自分たちでボールを持てないというのが課題。大経大のワントップで4番が入っていて、映像を見たりして強いと感じたので、免田くんとどっちかでついて潰していこうというのをはっきりしようとしていた。(失点シーンは)攻撃の準備をしている時にとられてカウンターという形で、練習試合でも何本かあったので修正していこうと言いながら公式戦で出てしまったので、もっと追求しながら次の試合に生かしていきたい。次は勝つしかない。


FW118金潤求

先制点を取れたのは自分自身大きかったが最後追いつかれてからは苦しい時間帯が続いたがチームがまとまって勝てたので良かった。(公式戦初出場ということで)深く考えずにのびのびプレーすることを意識していた。少し緊張した。(ワントップの役割は)相手のラインも高く、最初は裏に飛び出していけと言われていた。(得点シーンは)最初の時間帯はシュートで終わろうと思っていた。

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について