同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 追手門学院大の守備崩せずスコアレスドロー:サッカー部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
追手門学院大の守備崩せずスコアレスドロー:サッカー部
2015/06/21 HEAD LINE NEWS

関西学生サッカー2部A前期リーグ (2015年6月21日)

6月21日に同志社大学京田辺グラウンドで行われた関西学生サッカー2部A前期リーグ第8節・追手門学院大戦。同志社は追手門学院大と0-0で引き分けた。



両チームとも1歩も譲らない展開でスコアレスドローとなった。前半から同志社が主導権を握るものの、引いて守る相手に対してなかなか打開策が見出せない。逆に後半は追手門学院大の再三にわたる猛攻を守備陣がことごとく跳ね返した。しかし、守備のブロックを形成する相手から得点を奪うことはできず。引き分けながらリーグ首位の座は守った。



岩田が公式戦初出場を果たした



6試合ぶりの無失点、それでも最後まで相手ゴールをこじ開けることはできなかった。「なかなか攻めきれなかった」(望月監督)と話すように、ボールは保持してもシュートまで結びつくシーンは少なかった。逆に、後半は相手に一瞬の隙を突かれて何度か決定機を作られた。結果的には無失点に抑えたものの「惜しいもったいないゲーム」(望月監督)だった。前半開始から攻勢に出たのは同志社。トップ下に入った岩田、ワントップの金潤求の両1年生を起点に攻め立てる。前半7分、高森のクロスを受けた金潤求が左足を振り抜くもGKの正面。12分には、追手門学院大の右クロスを中で合わせられるも、GK佐藤が右手一本でかき出す。15分には、金潤求の落としを安井がミドルで狙うもゴールを大きく外れる。22分、金潤求から生部、松井とつないで再び安井がミドル。GKがはじいたボールに岩田が詰めるも、惜しくもGKの体に当たってしまう。「決めるべきところで決めきれなかった」(岩田)と、ほろ苦いデビュー戦となった。31分の角度のないところからの生部のFKは免田が頭で合わせるもGK正面 。前半はスコアレスのまま終了した。



エンド替わった後半、先にチャンスを作ったのは追手門学院大。53分、得点ランク2位のFW大前が右から持ち込みシュート。これはポストに救われる。どうしても1点が欲しい同志社は岩田に代えて鶴崎を投入。得意のドリブルでの状況の打開を狙う。64分、松井、金潤求とつないで生部が打つもゴール上へ。続く65分にも金潤求、松井とつないで生部が左足を振り抜くも、これはGKの好守に阻まれる。72分には相手のロングフィードから1対1の状況を作られるも、ここはGK佐藤が落ち着いて対応。30分、安井に代えて瀬尾、34分には金潤求に代えて丸本と、立て続けにカードを切る同志社。引いて守る相手守備陣をなかなか崩せない中、高さのあるDFの渡邊を前に上げてパワープレーに出る。90分には松井の左からのクロスに渡邊が飛び込むもGKがキャッチ。47分にはクリアボールを拾われDFラインの裏に出されるも、エリア外でGK佐藤が体を投げ出して防ぐ。終了間際のCKも得点には結びつかずタイムアップ。0-0で試合を終えた。



結果的にゴールを割ることができなかった同志社。試合の主導権を握ることはできても、シュートまで持ち込むことができない。2部のチームに典型的な守備に枚数を割いてブロックを形成するスタイル。相手の追手門学院大もその戦術を敷いてきたが、「引いて守る相手を崩せなかった」(生部主将)。試合後には選手間で約1時間ほどのミーティングが開かれた。テーマは主に今後の戦い方について。そこで出た結論は、ピッチをワイドに使って攻めていくということだ。今日のようにサイドが絞ってしまえば前線が停滞し、活発な動きが見られなくなってしまう。そのため、サイドの選手が開いてそこに起点をつくり、空いたスペースに他の選手が飛び込んでいく。そういったサッカーをすれば今日のような相手を崩すことは可能だろう。今日は、再三のピンチを迎えたものの、無失点に抑えることができた。望まれるのはどのような形であれ得点すること。選手間の自発的なミーティングにも表れているように、それぞれに自信と危機感は備わっている。それをピッチ上で体現するだけ。前期に残された試合は次の大教大戦のみ。世界で一番熱い夏を迎える準備は整ったーー。次節、勝利という最高の形での前期の締めくくりを期待するしかない。(西村健汰)



先発起用に応え無失点に抑えたGK佐藤


渡邊は終盤に前線で相手の脅威となった


免田は落ち着いた守備、正確なフィードと攻守にわたって貢献


左サイドを駆け上がる高森


体の強さを見せつけた吉村弦


中盤の底でゲームをつくった松井


関はピッチ上を縦横無尽に走り回った


どのポジションも高いレベルでこなす生部主将


柔らかいボールタッチが魅力の安井


岩田は貪欲にゴールを狙った


前節衝撃的なデビューを飾った金潤求


久しぶりの出場となった鶴崎


瀬尾は持ち前の個人技を披露


馬力のあるドリブルで突破する丸本




▼スターティングメンバー

GK51佐藤航(政策2)

DF3渡邊良太郎(スポ2)

DF5免田朋己(商4)

DF29高森大夢(社1)

DF28吉村弦(スポ1)

MF10松井修平(商3)

MF36関純直(商3)

MF7生部麦(政策4)

MF14安井修平(商2)

FW114岩田尚樹(社1)

FW118金潤求(商1)


▼リザーブ

GK1白岡ティモシィ(商1)

DF4杉本真太郎(政策3)

MF6西村洋亮(商4)

MF24稲垣拓斗(スポ2)

MF20鶴崎光(スポ3)

FW95瀬尾光貴(法2)

FW49丸本周旦(商2)



▼コメント

望月監督

なかなか攻めきれなかった。そこで攻め疲れて、パワープレーもなかなかうまくいかず。惜しいもったいないゲームだった。自分たちが攻めきる前にゴール前を固められてディフェンス4枚と中盤4枚でしっかりとスペースを潰すような形で対応されてしまったということは、まだまだスピードや質のところで足りないと感じた。この段階で首位だとかは問題ではないと思うし、ここで大事なのは目標に向かって1歩1歩進んでいくことなので、この1週間準備して結果につながればいい。(システムの変更に関して)バランスや選手の動き方を考えて守備のところではめていくところで、一番最適なバランスということでやっている。(ハーフタイムの指示に関して)単純に縦に早く入りすぎてシュートまで行けなかったので、ブロックを組んだ相手にしっかりと横の幅を使って相手を動かしながらパスを通そうという確認をした。しかし、なかなか得点に至らなかったことからまだ完璧ではない。


MF7生部麦主将

相手は割り切って勝ち点を少しでも取るために負けないサッカー、守ってカウンターというはっきりしたサッカーをしてきて、合わせてしまい崩せなかったのが攻撃陣としての課題。守備はGK含め決定的なピンチを何度も防いでもらったので、なんとか拾ったという表現が一番合っている試合だった。サイドに関してはとても警戒されていて、安井も自分も前半は常にカバーがいる状態で、なかなかドリブルで勝負したり数的優位を作るということができなかった。そのときにサイドを変えて相手を動かすことができれば崩せたと思うが、同じサイドで崩そうとしてしまったのが反省点。(選手間のミーティングに関して)ピッチを広く使って攻めたいということと、きれいな形で攻めようとしすぎているということで、相手をうまく動かしてどうやって隙を作らせてどこで攻めるかというのを修正していた。全体でどう攻めてどう守るかということを確認して、それが自信を持って出せれば次の相手にも結果が出せると思う。今日は2トップが1年生ということで自分たちがフォローできればよかった。


GK51佐藤航

初めの1本目のシュートを止めたことで体が乗った。あとは家族が地元福岡から650㌔の道のりを越えて車で来てくれたので、1人ではなく家族みんなでゴールを守った。今日は家族の応援があったからこそのプレーだった。出場した開幕戦から間が空いたが、自分の仕事は守るだけだった。ティモシィに先輩の意地を見せつけられたかなという感じ。


DF5免田朋己

前半はボールを持てたが崩す手がなく、相手にワンチャンスツーチャンス作られて相手のいいようにされたゲームだった。今日は決定機も作られたが、GKに助けられた。今日は真ん中真ん中ばかりにいって固まってしまったので、サイドに張って起点にしたい。だが、この1週間は守備の練習が9割で、前はある程度自由という感じだった。気持ちだけではどうにもならないところもある。次で前期が終わるので、大教大には去年2試合とも負けているし勝って終われるようにしたい。


MF10松井修平

今日は相手が守備を頑張ってくるタイプで、もっとグラウンドを広く使ってやりたかったが、中ばかりで相手がいるところに突っ込んでしまった。パワープレーでも整理できなかったが、ボランチもセカンドボールが拾えず危ない場面もあったので、もっとゴールに関わる動きが欲しかった。もっとサイドチェンジするためにもっと裏をとることを増やしたほうがいい。今日のような相手ならサイドが張っていた方が効果的なので、そこから中に入って関わるということを増やしたい。(ボランチの役割分担に関して)自分が前目に関わりたかったが、純直が動き回るタイプなので前半は特にバランスを取りながら、あまり前に出られなかった。そこはハーフタイムに言って修正した。(前線の形が変わったことに関して)前の2枚に自分たちがもっと関わりたい。今日はサイドが絞ってきたが、自分たちが関わって、サイドは張って仕掛けさせる場面を作っていきたい。


FW114岩田尚樹

決めるべきところで決めきれなかったので、そういうところからこのような結果につながってしまった。自分はFWなので絶対に点を取って勝ち点3を取るという気持ちでやっていた。(金潤求との関係に関して)自分が1つ下で、ユングは裏を狙いつつ自分は足元で、下でゲームを作ってゴールに関われるようにしたが、今日はあまり距離感もよくなかった。どちらかが裏を狙ってどちらかが足元で、FWは常に裏を狙って相手が引いたところに自分が入って崩していきたい。


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について