同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 初戦を勝利で飾れず:バスケットボール部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
初戦を勝利で飾れず:バスケットボール部
2015/08/30 HEAD LINE NEWS

関西学生バスケットボールリーグ戦 (2015年8月29日)

8月29日(土)に流通科学大学にて行われた関西学生バスケットボールリーグ戦初戦、対大経大。

「初戦ということもあり、ペースを掴めなかった」(尾前監督)。64-83で敗れ、格下相手に手痛い一敗を喫した。



エンジンを組む選手たち



ついにバスケシーズンの幕開けだ。約2ヶ月間に渡り、繰り広げられるリーグ戦。全10チームが総当たりで対戦。その後、上位、下位各5チームに分かれ2次リーグを戦い、優勝を争う。全日程終了後、上位5チームはインカレ出場権を獲得することができる。例年、4枠だったが今年は、昨年のインカレで近大がベスト8に入ったため関西地区に1枠追加され、そのチャンスは大きくなった。昨リーグ戦は関西準V、最終戦ではリーグ戦無敗を誇った近大に土をつけた同志社。今年はどんなドラマが生まれるのだろうか。戦いの幕が上がった。


スターティングメンバーは荒谷(スポ4)、石塚(理工4)、川武(社4)、高山(政策4)、元田(商3)。序盤からオフェンスのリズムが悪く、リバウンドをとられるシーンが目立った。それでも川武、高山が得点源となり攻める同志社。一方の、大経大も橋下(大経大・30)の3ポイントなどで食らいつく。両者譲らぬクロスゲームで第1Qを終える(17-16)。



ゲームメークする高山



迎えた第2Q、試合は大きく動く。「いつか突き放せるだろう」(荒谷)。そんな余裕が、油断が、どこかにあったのかもしれない。橋下(大経大・30)の3ポイントや、関西選抜にも選出された重本(大経大・33)のインサイドプレーを止めることが出来ない。オフェンスでも、1対1が多くなりパスが回らず、無理なシュートが続いてしまった。徐々に開く点差に痺れを切らした尾前監督がたまらずタイムアウトをとる(22-33)。そこから、代わった井島(法4)の得点などで息を吹き返したかに思われたが、勝負所での一本を取りきることができず10点ビハインドで前半を終える(28-38)。「後半は徐々に自分たちのプレーを取り戻したね」(尾前監督)。その言葉通り、荒谷や川武の3ポイントが決まりついには3点差まで詰め寄る(39-42)。一気に畳み掛けたい同志社であったが、大経大の勢いは止まることを知らなかった。コートも、ベンチも、観客の雰囲気も、相手が上回り、試合を立て直すことが出来なかった同志社。初戦、格下相手に手痛い一敗を喫した。



監督自らが喝を入れる



誰も想像もしなかった展開に、選手たちはがっくり肩を落とした。しかし、目標のインカレ出場へここで足踏みしている時間はない。「挑戦者にならないと」(川武)。明日は大体大との一戦を控える同志社。サイズは無いが、フィジカル面には定評がある。当たり負けせず、身体を張ったプレーに期待したい。まずは明日、泥臭くてもいい、一勝をもぎ取ってくれ!(平野裕貴)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について