同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 京産大に惨敗、自力でのインカレ消滅:バスケットボール部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
京産大に惨敗、自力でのインカレ消滅:バスケットボール部
2015/09/20 HEAD LINE NEWS

関西学生バスケットボールリーグ戦 (2015年9月19日)

9月19日(土)に近畿大学記念会館にて行われた関西学生バスケットボールリーグ戦第7節、対京産大。前半からリバウンドを支配され、セカンドボールを拾われ得点を許した同志社。後半に失速し、51-79で惨敗。これでリーグ戦通算成績は2勝5敗。自力でのインカレ出場は、無念にも消滅した。



負けられない試合を前に、気合を入れる選手たち



昨週の第6節、対関学ではベストゲームで大金星を挙げた同志社。インカレ出場へ、今日も負けられない一戦となった。同志社は荒谷副将(スポ4)、井島副将(法4)、川武(社4)、高山(政策4)、石塚(理工4)の布陣で挑んだ。序盤、同志社は高山の3ポイントが連続で決まり、リードを奪う。京産大は井林(京産大・6)、森岡(京産大・8)のインサイド陣が得点。しかしその後、互いにミスからのターンオーバーが目立ち、思うように得点できない時間帯が続いた。そこで、今リーグ戦初出場となる村井(スポ1)を投入。ガードの交代で流れを変えたい同志社だったが、5人のプレーはうまくかみ合わなかった。得点は伸びず、ロースコアで第1Qを終える(14-12)。



ミドルシュートを放つ荒谷副将



第2Qも両者譲らず、クロスゲームが続く。高山のミドルシュートが連続で決まり、リードを広げる(18-14)。しかし「井林は止めなければいけなかった」と、連続で得点を許しすぐさま同点に。また、一回り身体の大きい相手に対し、リバウンドが取れない同志社。第2Qはリバウンド成功率が60%を下回るなど、傾きかけた流れに乗り切ることが出来なかった。27-29とリードを許して試合を折り返す。



ドライブを仕掛ける石塚



迎えた後半戦、試合の主導権を握ったのは京産大だった。前半から苦しめられてきた森岡に、ポストプレーから振り返ってシュートを打たれ、止めることが出来ない。連続でカウントを許すなど、じわじわとリードを広げられた。その後もリバウンドからブレイクを許し、「雰囲気でも負けた」(荒谷副将)。勢いに乗った京産大を、第4Qも止めることが出来なかった。同志社も、津江(法4)や佐々木など様々な選手交代で策を講じるが、最後までなすすべなく完敗。51-79で敗れ、自力でのインカレ出場は消滅した。


前半に傾きかけた流れを掴みきれず、「リバウンドを拾えてたら10点は広げられた」(尾前監督)。このリーグを通じての課題が浮き彫りになった今、リバウンド奪取は至上命令だ。明日は天理大との一戦を控える同志社。留学生2人に対し、ペイントエリア内で自由にプレーさせないのはもちろん、「そこ以外は絶対に止める気で」(荒谷副将)。また、「応援してくれる人のためにも最後まで」(井島副将)。インカレ出場の可能性が薄れても、勝利への執念は消えない。最後まで同志社バスケを、仲間を信じて戦い抜いてくれ!(平野裕貴)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について