同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 2年ぶりの連勝で、京大から勝ち点奪う:硬式野球部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
近大に快勝。大学選手権へ望...
田辺での最終戦を完勝で終える
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
2年ぶりの連勝で、京大から勝ち点奪う:硬式野球部
2015/09/21 HEAD LINE NEWS
京大000001020-----390
同志社00111100x-----4112

関西学生野球連盟秋季リーグ (2015年9月21日)

9月21日(月)に、南港中央球場(大阪府)にて行われた関西学生野球連盟秋季リーグ戦、第3節対京大2回戦。同志社は川端(法4)のホームランなどで中盤から追加点を重ね、試合の主導権を握った。終盤には京大の猛追にあうものの、福島(法1)がこれを逃げ切り、4-3で見事勝利。先発の漆原(社3)は大学リーグ初勝利を飾った。また、同志社が2試合連続で勝利を収めるのは実に2年ぶりであった。


最後の最後に、ハラハラする展開が待ち受けていた。中盤、小田(商1)のタイムリーや川端の今季初ホームランなどで、6回までに4点を奪い、試合を有利に進める。しかし、先発の漆原が6回に1点を奪われると、試合の流れはやや京大に傾きかけた。8回には京大に2点を返され、京大は完全に押せ押せムードに。9回にも追い詰められた同志社は、最終回にエース福島を投入する。二死満塁、一打逆転。絶体絶命の大ピンチーー。張り詰めた空気の中、福島はファーストゴロに打ち取り、見事同志社は勝利。京大から勝ち点を掴み取った。


「昨日勝ったので、なんとしても2連勝したかった」(井手・スポ3)。勝ち点奪取のため、なんとしてでも負けられない同志社。この大事なマウンドを託されたのは、オープン戦で結果を出し続け、先発を勝ち取った漆原。「調子はいつも通り。変化でもストライクを取れるところが漆原の強み」(川端)。立ち上がりからストライク先行のピッチングで、京大打線を抑え、試合の空気を作っていった。



先発として試合を作った漆原


漆原の好投に応えたい打線は、昨日の勢いそのままに、今日も先制点を奪うことに成功する。3回裏、同志社の攻撃。一死から9番漆原がショートの頭を越えるツーベースを放つ。自らのバットでチャンスメイクした。このランナーを返したのは、今日も2番に座った小田。「昨日は本当にダメだったので打つしかないと思った」と、鋭い当たりをライトへ飛ばし、先制点を奪う(1-0)。



今日2打点の活躍を見せた小田


4回、5回、6回にも同志社は立て続けに得点を重ねる。4回、二死走者なしの場面で、打席に入った川端。「何も考えないように、強く叩いた」と、京大・宇納の投じたカーブを見事に捉え、レフトスタンドへ。頼れる主将の一発が飛び出し、追加点を挙げた(2-0)。5回には1番辻(商1)、2番小田の1年生コンビが2者連続で2塁打を放ち、点差を3点に広げる(3-0)。小田はこの日2打点の活躍をみせた。6回表に京大に1点返されるものの、その裏には白水(スポ3)がタイムリーを放ち、4点目(4-1)。中盤、完全に試合を握ったのは同志社だった。



レフトオーバーのホームランを放った川端


1番辻は今日2安打


6回にタイムリーを放った白水


中盤の良い流れのまま、逃げ切りたい同志社であったが、終盤、京大の猛追にあうことに。先発の漆原は、初回から危なげないピッチングで、6回を投げ1失点と、先発としての役割を十分に果たした。7回からマウンドに登った平尾(拓)(経2)は、7回と2/3をきっちりと抑えるが、ここで投手交代。マウンドに登ったのはリーグ初登板となった仲間(商4)。きっちりと抑えたいところであったが、踏ん張ることができない。二死満塁のピンチを作り、マウンドを矢野(敦)(商4)へと託す。しかし、「甘く入ったわけではない。初球いい感じに入ったけどうまく合わされた」と、センターへと打球を運ばれ、1点差まで詰め寄られてしまう。



リーグ戦初登板となった仲間


ピンチは最終回にも訪れた。9回、リリーフとして坂東(スポ3)が登板するが、先頭の4番前川に内野安打を許してしまう。ここで指揮官が動き、投手交代。マウンドに登ったのは、連投となったエース福島。「気持ちで負けたらだめだと思うので、腕だけはきっちり強く振ろうと思って投げた。」(福島)。しかし、死球とヒットで二死満塁で一打逆転の大ピンチを迎えてしまう。抑えれば勝利。打たれれば逆転。逆転を期待する京大サイドの盛り上がりは最高潮に。球場がただならぬ緊張感に包まれる中、放たれた打球はファーストへ。これを辻が捕球し、きっちりと福島へとつないだ。判定は、アウト。この瞬間、同志社は2年ぶりに2連勝での勝ち点奪取を記録。先発の漆原は大学リーグ初勝利を飾った。



ファーストゴロで試合終了


「打つべき人が打って、エースで守り切れたのが大きい」(澁谷監督)。なんとしてでも欲しかった勝ち点を手にした同志社。次戦は今週の26日(土)、関大との試合となる。「関大はピッチャーがいいので点が取れないと思うが、少ないチャンスをものにしたい」(井手)。関大は、同志社が負けた近大から勝ち点を奪っている相手。優勝するためには、絶対に勝たなければならない相手だ。



代打で初出場した久芳(商4)。見事センター前ヒットを放った


スタンドの応援も大きな力となる


2年ぶりの連勝を味わった同志社。暗い闇の中で彷徨った過去とは決別のとき。過去の呪縛から解き放たれた彼らが進むのは、栄光への道のみだ。   (斉藤裕太)



▼コメント
#1川端
(今日の試合を振り返ってーー)
早い段階で打てて楽になった。リーグ戦は納得いかなかったが、今日は自分的には納得している。打席の中でいかに落ち着けるかということをやってきた。気負いしている部分があった。勝てて良かった。
(ホームランについてーー)
打った球はカーブ。何も考えないように打席に立った。与えられたポジションの中で、役割を果たせたのが良かった。


#12矢野

(今日のピッチングーー)
調子はまあまあ。いつも通り抑えようと思ってマウンドにあがった。
(次への意気込みーー)
一戦も負けれない。勝つだけ。どんな形でもいいから勝利に貢献できるように。


#10井手
(今日の調子ーー)
昨日と同じで低く強い打球を心がけた。フライは打たないように心がけた。
(守備に関してーー)
昨日、今日と一つずつエラーしてしまった。球場がいつもと違うので対応できてなかった。


#9白水
(チャンスでタイムリーーー)
前の打席はチャンスで打てなかったのでここは絶対打たなあかんと思って打席に入った。
(次の関大戦に向けてーー)
自分たちが負けた近大に勝ってるんで、ピッチャーがいいですけどそこを打ち崩せるように。残り期間短いけど調整していきたい。


#13漆原
(どんな気持ちで臨んだか――)
春京大の2回戦で先発して、1回で降板したことがあったので、その雪辱を果たすために強い気持ちをもって臨んだ。
(次に向けて――)
2連勝したことでチームに優勝の可能性もある。これからも全部勝つつもりで頑張っていきたい。


#20辻
(今日を振り返ってーー)
昨日の試合を含めて2試合勝てたことが大きい。この調子でどんどん流れに乗りたい
(1番という打順についてーー)
学年は関係ないと思う。しっかり役割を果たすだけ。


#37小田

(二番の打順についてーー)
高校のときから一番や二番というのが多かったのでやりやすい。ポジションも基本的にはセカンドだった。
(入って一年も経ってないが大学野球についてはーー)
リーグ戦ということ。高校では負けられないトーナメント制であるところ。だからこそミスしても気持ちを切り替えやすい


#15福島
(今日の登板についてーー)
昨日の時点で今日後ろの方で投げるというのは言われていました。
(次戦に向けてーー)
優勝するためにはもう負けられないと思うので、しっかり一戦一戦戦っていきたい。


▼スターティングメンバー
1...(一)辻...商1
2...(二)小田...文情1
3...(左)酒谷…商2
4...(三)井手...スポ3
5...(右)佐藤(晃)...スポ3
6...(捕)川端...法4
7...(遊)末永...商4
8...(中)白水…スポ3
9...(投)漆原…社3


▼バッテリー
同志社...漆原、平尾拓、仲間、矢野敦、坂東、福島ー川端
京大…宇納、岩本、小林、大山ー奥山、村山

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について