同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 関大に完封負け:硬式野球部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
関大に完封負け:硬式野球部
2015/09/26 HEAD LINE NEWS
関大100000011-----370
同志社000000000-----050

関西学生野球連盟秋季リーグ (2015年9月26日)

9月26日(土)にほっともっとフィールド神戸(兵庫県)にて行われた関西学生野球秋季リーグ戦、第4節対関大1回戦。同志社は関大エース・石田(光)の前に5安打完封負け。先発の福島は8回途中を2失点の粘りの投球をみせたが、打線が援護できない。終盤にも追加点を奪われると、反撃できないまま試合終了。3-0で敗北を喫した。


前節で、京大相手に2年ぶりの連勝を勝ち取った同志社。勢いそのままに今日も勝利を掴み取りたいところであったが、リーグ3連勝とはなはなかった。初回に関大に先制点を奪われると、8回には投手・石田(光)に追加点となるレフトオーバーの本塁打を浴びてしまう。さらに9回にも追加点を奪われ、3点差となり、試合終了。同志社は得点圏にランナーを進めたが、あと一本が出ず、5安打完封負け。対関大初戦を勝利で飾ることはできなかった。


この日、先発のマウンドに上がったのはエース福島。前節の京大戦で、今リーグ初勝利を挙げた福島に、いきなり関大打線が牙をむく。先頭打者の杉森が初球をセンターへと運ぶと、2番多田にきっちりと犠打を決められてしまう。その後、二死3塁となり、4番平岡の放った打球はセンターへ。あっさりと先制点を奪われてしまう(0-1)。



先発した福島


先制点を取られてしまった同志社。流れを相手に渡さないためにも、たたみかけたいところ。先頭打者の辻(商1)が四球で出塁し、盛り上がる空気となったが、2番小田(文情1)がここで犠打を決められない。初回は攻守共に関大ペースで進んでいった。


勢いに乗る関大は、3回、またしてもチャンスを作る。1番杉森がレフトへ今日2本目の安打を放つと、四球と犠打が絡まり、一死3塁のピンチに。しかし、「近大、京大戦で三振が取れず苦しい投球になったので、今日の試合までに三振を取れるボールを磨いた」(福島)との言葉通り、福島は続く打者から立て続けに三振を奪う。相手に傾きかけた流れを、エースの力で食い止めた。



一死3塁のピンチを二者連続三振で乗り切った


3回のピンチを乗り切った後、福島は徐々にギアをあげ、7回まで関大スコアボードに0を並べる。


福島の気迫こもった投球になんとか応えたい打線は、4回、この日初めてのチャンスを迎える。二死2塁となり、打席に立つのは好打者・井手(スポ3)。同点への期待が高まったが、レフトフライに倒れてしまう。「4番を務めている以上、ランナー返すことを求められている」と、期待に応えることができなかった。6回には二死から1番辻がヒットで出塁すると、すかさず走り、二死2塁を作った。しかし、2番小田はここで決めきれない。


打線の援護を待つ福島であったが、8回、点差を広げられることとなる。8回先頭の9番石田(光)が放った打球はレフトスタンドへ。「最後のホームランは気の緩み、悔しい一球だった」(福島)。相手投手からまさかの本塁打を浴び、2点差となる(0-2)。


その裏、同志社は福島の代打で出場した竹中(商2)のライトへのツーベースを放つ。「監督さんから、アウトコースにボールが多いから踏み込んでいけと言われた」(竹中)、とチャンスを広げるが、1番辻はショートゴロ。「2点差だったのでとりあえず点を縮めていこうと思った」(辻)。この日2安打の辻に期待が高まったが、点差を縮めることはできなかった。



1四球2安打1盗塁と、気を吐いた辻


掴めない流れ、奪えない1点ーー。9回、同志社はリリーフした坂東(スポ3)が2者連続四球でピンチを作り、矢野敦(商4)が継投をはかるが、センターへの犠飛で痛い追加点を奪われてしまう(0-3)。点差は3点。最終回、最後の攻撃も、同志社は得点を奪えず関大相手に完封負け。エース石田を攻略できなかった。



ピンチで登板した矢野(敦)


放ったヒットは5本。チャンスは作れたが、あと一本が出なかった。先発の福島の好投に、応えることができなかった。しかし、「切り替えて、明日に備えるしかない」(川端・法4)と、決して下を向いている場合ではない。京大相手に2試合で15点奪った打線が奮起し、明日こそ勝利を掴み取る。


今日は負けてしまったが、負けたからこそ気づけることはあるはず。敗者にしか見えないものを武器に、明日こそは勝者となる。  (斉藤裕太)



▼コメント
#1川端
(今日の試合を振り返ってーー)
相手投手がさすがだった。点を取られるタイミングが悪かった。立ち上がりを反省したい。チーム的に悪い雰囲気はないので、打線がつながれば勝利がみえてくる。個人的にも、調子は悪くないので、チャンスで一本打ちたい。


#10井手
(チームの雰囲気はーー)
前に比べれば粘る、まだまだいけるという雰囲気にできている。けれどもう一押しという感じ。
(明日に向けてーー)
負けられない。しっかり反省して今日は忘れてはいけない。各々反省することあるし、チームとしてやるべきことをする。


#8竹中
(ツーアウトで代打だったがーー)
春出してもらってたのに全然打ててなくて1回ドン底まで落とされた。今やっと這い上がってきたところで任されたので、ここで打たなきゃと思った。
(明日以降の意気込みーー)
また明日も大事な場面で代打任せてもらえると思う。今までチームに迷惑をかけてきたので、しっかり一本出してチームに貢献できるように頑張りたい。


#15福島
(次の登板に向けての意気込みーー)
もう負けられない。絶対に2つ勝つ。どの場面で登板しても自分のピッチングをして、チームの勝利に貢献する。


#20辻
(個人として3出塁の活躍ーー)
調子は良い方だったけど最後の得点圏の打席で打てなかったのが自分の弱さだと思う。チャンスメークに関しては仕事はできたんじゃないかと。
(明日に向けてーー)
もう3敗してしまっているし負けられない。今日の試合は1度忘れて明日勝ちに行くことだけを考えて臨みたい。


#37小田
(犠打を決めきれなかったがーー)
絶対に決めなければならなかった
(完封負けが続くがその要因はーー)
振り負けて、相手投手の球におされている。次の試合では、1年らしく明るくプレーしたい


▼スターティングメンバー
1...(一)辻...商1
2...(二)小田...文情1
3...(左)酒谷…商2
4...(三)井手...スポ3
5...(捕)川端...法4
6...(右)前田...商1
7...(遊)大西...商3
8...(中)白水…スポ3
9...(投)福島…法1


▼バッテリー
同志社...福島、平尾拓、坂東、矢野敦ー川端
関大…石田光ー久米、高橋佑

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について