同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 関大に鮮やか逆転勝ち:硬式野球部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
関大に鮮やか逆転勝ち:硬式野球部
2015/09/27 HEAD LINE NEWS
同志社000004200-----6111
関大101010000-----373

関西学生野球秋季リーグ戦 (2015年9月27日)

9月27日(日)にほっともっとフィールド神戸(兵庫県)にて行われた関西学生野球秋季リーグ戦、第4節対関大2回戦。5回までに3点を奪われた同志社であったが、6回に連打と相手のエラーが重なり一挙4得点で逆転に成功する。7回には井手(スポ3)がライトへ今季2本目となる本塁打を放ち、2点追加。投げては5回途中からリリーフした平尾拓(経2)が関大打線を0に抑え、6-3で関大相手に勝利を掴んだ。平尾拓は今リーグ初勝利。



諦めない、食らいつく気持ちが勝利へとつながった。5回までに嫌な形で関大に3点を奪われ、追いかける展開となった同志社。関大の好投手・阪本大からなかなか点が奪えず、嫌な流れが漂ったが、意地をみせつけた。6回、井手のタイムリーで1点を返すと、相手のエラーが重なり、同点へと追いつく。その後、一死1.3塁の場面で代打・山岸(法2)がスクイズを決め、逆転に成功。7回には井手のツーランホームランで点差をさらに広げる。関大相手に勝利を奪い、決戦は明日にもちこまれた。



この日先発を任されたのは、今リーグ初先発となった柏原(理工4)。大事なマウンドであったが、なかなか制球が定まらない。「ボールが先行して四球を与えてしまった」と、この回、2つの四球と2本のヒットで先制点を許してしまう(0-1)。



今リーグ初先発の柏原



柏原の次にマウンドにのぼった漆原(社3)、平尾(奎)(法3)の両投手も、関大の4番・小池に犠飛を放たれ、それぞれ1点ずつ奪われてしまう。5回を終わって3点差となり、ゲームは進んでいった。



5回までチャンスは作るも、昨日同様あと一本がでず、苦しい状況が続いていた同志社。しかし、6回を過ぎると、同志社サイドは歓喜の渦に飲み込まれる。



6回、一死から2番小田(文情1)の代打で出場した檜垣(法2)が四球で出塁。続く3番酒谷(商2)がセンター前へと運び、一死1.2塁のチャンスを作る。ここで打席に入ったのは、今リーグ打率4割越えをマークしている、好打者・井手。2球目を捉えた打球はライトへ。頼れる男の一打で、1点をもぎとった。なおもチャンスは続き、一死1.3塁の場面。5番川端(法4)が放った打球は左中間へと飛んでいく。打球が落ちるか、取られるか、微妙なところだった。レフトが飛び込んで取りにいったものの、これを取りきれない。同志社はさらに1点を追加した(3-2)。ここで、相手投手が左の増村へと変わる。しかし、同志社の押せ押せムードはまだまだ終わらない。一死2.3塁。代打・福原(政策1)は、ショートへ相手のエラーを誘う鋭い打球を放ち、これで同点に(3-3)。なおも一死2.3塁のチャンスは続き、打席に入ったのは、代打・山岸。「相手が警戒していなかった」(澁谷監督)。2ボールからの3球目だった。ここで指揮官はスクイズを選択。これをきっちりと決め、見事逆転に成功する(4-3)。



代打で出場の福原。痛烈なショートゴロで相手のエラーを誘い、これが同点打に


逆転となるスクイズを決めた山岸


スクイズは見事成功(走者:川端)


途中出場ながら、今日2安打の西田(貴)(社2)


1四球、1犠打、1安打と自分の役割をきっちりと果たした檜垣


打撃好調の辻。昨日同様、今日もマルチ安打を記録



同志社は、掴んだ流れを離さない。7回、二死3塁から、4番・井手がライトへ今季第2号の本塁打を放つ。「狙ってはいなかった。打った球はストレート。ちょっと詰まったけど入ったかなと思った」(井手)。この回2点の追加点を奪った。



ライトへツーランホームランを放った井手


祝福するベンチ



投げては、5回途中からリリーフした平尾拓が、要所をしめる投球を披露し、今リーグ初勝利を挙げた。試合後、「途中から投げて、チームのみんなに逆転してもらった。点入ってそのままでいきたくてフォアボールとかエラー出したくなかったけど出してしまったからそこは課題」と反省を口にした平尾拓。次へとつながる投球をみせてくれた。



平尾拓は今季初勝利



これで勝敗は一勝一敗の振り出しに。決戦は明日の12:00、同球場にて行われる。リーグ優勝のため、勝ち点を落とせない大切な一戦。同志社エース福島(法1)と、関大エース石田(光)の両エースの白熱した投げ合いとなるだろう。ロースコアが予想される明日の試合、どちらがきっちりとチャンスをものにできるかが、勝敗のカギとなりそうだ。逆転勝ちをおさめ、今、勢いにのっているのは間違いなく同志社。この勢いのまま、明日も勝利を掴んでほしいところだ。



明日は大事な、大事な、決戦の日。関大との決戦のフィナーレは歓喜とともにーー。決戦は月曜日、夢を叶えるのはきっと同志社だ。  (斉藤裕太)




▼コメント

#1川端

(今日の試合を振り返ってーー)

序盤は、点の取られ方がよくなかった。しかし、5回のグランド整備の後、相手の気持ちの余裕に漬け込んだのがよかった。逆転、ダメ押しと、いい形で明日にもちこめた。

(チーム状態はーー)

1点をとれれば乗ってくるチームなので、ランナーをためて、一本でれば、状態はあがってくる。



#19柏原

(今リーグ初先発での意気込みーー)

負けられない試合だったので、とにかく腕を振っま。軸としてはいつも通りストレート

(今後のリーグについてーー)

チームが勝つことが目標。どんな場面で出るか分からないがしっかり抑えられるようにしていきたい



#10井手

(今日の意気込みーー)

後がなかった。キャプテンが楽しんでやろうといったので自分たちもその意識でいった。

(明日の試合ーー)

明日石田さんが投げるので昨日みたいに打てないと思うが流れはこっちに来てるので押し切りたい。



#4檜垣

(今日の調子はーー)

いつでも行けるようにベンチでは準備していた。気持ちの面でも身体の面でも準備出来ていてスムーズに試合に入っていけたのが良かった。



#14平尾拓

(3点取られてたところでの登板ーー)

みんな暗かったから、自分は楽しくいこうと思った。いつ投げることになるかはわからなかったので準備はしてた。

(明日に向けてーー)

いつもと変わらずしっかり準備して、ピンチのときか、勝ってるときに投げるかはわかんないけど、自分の仕事をしっかりやる。



#22山岸

(これからに向けてーー)

今は川端さんがずっと出ているので川端さんが何かあった時にその穴をしっかり埋めれるように万全の準備をしていきたい。チームとしては優勝、個人としては試合に出ることを目標に今リーグをやっていきたい。



#20辻

(2安打3出塁の活躍ーー)

バッティングの調子は上がってきてるし、1番バッターとしての仕事を果たすことだけを考えている。

(とうとう打線がつながったがーー)

今まで京大以外からは得点を取れてなかったからチームにとってその部分は大きいし収穫。



▼スターティングメンバー

1...(一)辻...商1

2...(二)小田...文情1

3...(左)酒谷…商2

4...(三)井手...スポ3

5...(捕)川端...法4

6...(右)佐藤晃...スポ3

7...(遊)末永...商4

8...(中)白水…スポ3

9...(投)柏原…理工4



▼バッテリー

同志社...柏原、漆原、平尾奎、平尾拓ー川端

関大…阪本大、増村、山本、吉川ー久米、高橋佑

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について