同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > まさかの敗戦 リーグ戦黒星スタート:ラグビー部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
まさかの敗戦 リーグ戦黒星スタート:ラグビー部
2015/09/28 HEAD LINE NEWS

関西大学ラグビーAリーグ第1戦対近大 (2015年9月27日)

9月27日に花園ラグビー場第2グラウンドにて行われた関西大学ラグビーAリーグ開幕戦、対近大戦。昨年7位と低迷し今季巻き返しを図る近大との一戦になった。開幕戦に勝利しスタートダッシュしたい同志社だったが19-22で敗北。初戦を白星で飾ることができなかった。



試合前、カレッジソングを歌う選手たち



「今年の同志社は強い」。リーグ開幕前の前評判は例年以上に高かった。また関西王者筆頭候補の同志社にとって徹底マークは避けられない。「かなり研究されていた」(才田)と近大の周到な同志社対策も見受けられた。開幕戦の緊張感、高い前評判ゆえのプレッシャー、そして綿密な同志社対策。それを前に「強い紺グレ」の姿はなかった。



インゴールへ走りこむHO東


同志社のキックオフで始まった前半戦。試合開始早々、同志社は攻勢に出る。キックオフのボールをキープし、一気に敵陣へ持ち込む。WTB髙野のラインブレイクから大きくゲインすると、敵陣中央で相手ペナルティを誘発。クイックスタートから大きく左へ展開し大外のHO東へ。そのままグラウンディングし5-0。同志社は前半2分と開始早々鮮やかな先制トライを奪う。



1年生ながらスタメン出場を果たしたWTB髙野



先制トライの勢いそのまま近大を突き放したい同志社だったが、「相手のキック合戦に付き合ってしまった」(山神監督)とSO喜連(近大)のキックによる巧みなエリアマネジメントや統率のとれた組織的なディフェンスラインが同志社を苦しめる。スコアに動きがないまま迎えた前半28分。自陣右サイドインゴール5メートル手前で相手ラインアウトのピンチを迎える。ラインアウトからすかさずモールへ持ち込まれると、近大の勢いを止められず被トライ。コンバージョンキックも決められ5-7に。その後は一進一退の攻防が続くが、両者ともに好機を生かしきれない。このまま前半終了かと思われた前半36分、相手のハイタックルペナルティから粘り強くフェーズを重ねる。相手ゴールライン手前でラインアウトを獲得すると、ラインアウトモールからじりじりインゴールへ。最後はNO8高田が飛び込みトライ(12-7)。前半ロスタイムには相手PGが決まり12-10とされるも、同志社リードで前半終了。



スクラムでは力の差を見せつけた同志社


ラインアウトの精度が勝負のカギを握った


相手を突き放すトライをあげるもペースを握れず


後半に入り同志社の歯車が少しずつ狂い始める。相手ラインアウトをスチールし相手インゴール手前までボールを運ぶ。ゴールライン上の攻防を繰り広げるもトライを取り切れない。すると後半11分、同志社にアクシデントが発生。攻守の要のFL末永が負傷交代。試合が近大へ傾き始める。後半13分、スクラムから順目につなぎ、CTB林がトライを奪うも流れを手繰り寄せられない(19-10)。追加点をあげるが終始近大ペースで試合が進む。後半の中盤以降は自陣に釘付けにされ、防戦一方の展開。ラックサイドで優位に立たれ、ハイパントを効果的に使い同志社に付け入るスキを与えない。後半24分、自陣ゴール前の近大FWの連続攻撃を守り切れず被トライ(19-15)。そして後半28分、近大ボールのラックから近場に走りこんだFWへボールは渡りインゴールへ一直線。そのまま止めきれず被トライ(19-22)。ついに逆転を許してしまう。



近大の好ディフェンスに苦戦した



残り時間12分、そしてその点差は3点。逆転のチャンスを十分に残し試合は終盤へ。「固く攻めたらとれるはずだった。落ち着きがなかった」(石田・商3)と、同志社は好機を演出するも、安易なペナルティやハンドリングエラーで点を取り切れない。

試合終盤、同志社は何度もチャンスを作るが潰してしまう。左サイド敵陣ゴールライン上までボールを運ぶと、素早く右へ展開。トライまであと一歩まで迫るが、インゴール手前で痛恨のノックオン。そしてロスタイムには敵陣インゴール手前のラインアウトをノットストレート。5分と長めのロスタイムを生かしきれず19-22で試合終了。



同志社に勝利し喜ぶ近大の選手たち



「同志社らしさが出せなかった」(高田)。今季徹底して取り組み、磨いたブレイクダウンは鳴りを潜め、代名詞の展開ラグビーもみることはできなかった。次戦の関大戦は来週に迫っている。短期間で修正する力もリーグ戦を戦い抜くうえでポイントになるに違いない。そして負けはしたものの、紺グレの奮起に期待を寄せるファンも少なくはないだろう。多くの人の思いを胸に、紺グレたちは再び立ち上がる。(杉本大)


☆コメント☆

山神監督

春は良いシーズンを過ごせたし、夏は自分たちのラグビーがしっかりできていた。でも今日は別のチームのようだったしウォーミングアップの時は良い感じだと思っていたが、試合中は別人のように大人しかった。1本目のトライが早い時間にとれて、悪い意味で気持ちが軽くなったのかもしれないね。自分たちのラグビーができなかったことも確か。相手のキック合戦に付き合ってしまったし、ペナルティでのチョイスミスも見受けられた。次戦は関大戦だが、それまでに選手たちと話し合って、修正点を直していきたいし、この負けを良い薬になったと思えるようにしたい。


PR才田 智

開幕戦ということもあって緊張はあった。ヒフティーヒフティーのプレーではなく、100%のパスをして固くいこうと試合に臨んだ。かなり研究されていたし、それに対応できなかった。研究されていても、それの上をいくラグビーができなかったのが弱さだと思うし、アタックでも受け身になってしまった。ボールを動かし、グラウンドを広く使うのが同志社のラグビー。春夏やってきたことをブレずにやっていかないと。負けはしたが、下を向いていても仕方がない。今までやってきたことを再確認し次戦の準備をしたい。


PR海士 広大

勝ちにこだわろうと思ったが、みんな慌てていたし、自分も重大なミスで抜かれたりしてしまったので、いいゲームをしたとは言えない。相手にいいラグビーをさせてしまって、自分たちのラグビーを出せず、後手に回ってしまった。相手に合わせたプレーをしてしまった。(前半、同志社ペースの時間帯で)ふり切りたいときに、ペナルティをしてしまって、相手にペースを握られた。近大のタックルはすごく良く、またキックでもいいタッチを蹴られたので、相手のペースだった。これからも落とせない試合が続くので、自分たちのラグビーで勝っていきたい。


LO秦 啓祐

悔しい。近大のディフェンスももちろん良かったが自分たちのアタックが単調になっていた。そこに勢いのあるディフェンスをされミスが出てしまった。FWのポジショニングが浅かったしブレイクダウンでのターンオーバーができなかった。このような小さな要素が重なってミスにつながった。次戦から、チームとしては入りからやっていきたい。最初、点を取れたがそこから取ることができなかったので最初から相手を圧倒し続ける試合展開をしたい。これで優勝を逃したわけではないので次からも頑張っていきたい


FL野中 翔平

自分たちのやってきたことには自信があった。しかし、細かいところの準備不足や正直どこかに過信があったのかもしれない。向こうは死に物狂いできていて、そこにはめられた感じ。FWでユニットを組んで、9番、10番ボールからしっかりと回して、トライするという自分たちの形があった。そこが出せなかったのが、弱さなのかなと。近大のDFには、個人的にプレッシャーは感じなかった。崩せるところで崩せなかった自分たちの判断ミス、あと一歩のところで動けなかったフィットネスなどに問題がある。(キック合戦について)キックチェイスは悪くなかった。キックの長さで負けて、何本かエリア取り負けしていたところはあった。攻めのバリエーションを増やさなければ。FWのユニットのところと、細かいミスを修正していきたい。


NO8高田 将侑

近大の情報は一切なかった。春、夏合宿と自分たちのやってきたことを信じてやりきろうと話していた。戦ってみて、勝てていないということはできてなかったということ。上手いように抑えられた。同志社らしさが出せなかった。また80分通してテンポが悪かった。後手に回ってしまった。アタックを継続していたらよかったのに。攻め急ぎすぎた。トライ取ろうという気持ちが前に出過ぎて、ミスに繋がってしまった。自分たちの持ち味である、展開して外でトライだったり、FWのモールができなかった。4年生で初めてのAリーグ。緊張もあったし、開幕戦の難しさを知った。思いっきりプレーすると言っていたが、積極的にできなかったので、原点戻って自分の良さだったり、自分が何をできるか考えたい。


SH岩村 昂太

近大はDFとブレイクダウンが良かった。同志社はいいゲームメイクができなかった。敗因はエリアを取られて、自分たちのラグビーができなかったしリズムが作れなかったこと。次戦に向けてしっかり切り替えて、反省して、臨んでいきたい。


SO渡邉 夏燦

エリア取りについては相手のSOのキックが上手く、もっと対策しておけば良かった。ただ19-10という1トライ1ゴールをリードしている状況の中でプレッシャーを受け、後手に回った結果2本のトライを許してしまった。ただ、ディフェンスでは1人1人が勝っていたしペナルティをしてもしっかりと止めることができていた。次戦に向けて、自分たちの形でアタックすれば必ず勝てる。余計なパスをなくしてしっかりと自分たちのアタックをしていきたい。


CTB石田 幹太

相手がどんな攻めをしてきても同志社のラグビーをしようとしたが、前半はずっと相手に合わせてしまった。後半は焦りで自分たちのプレーができなかった。近大のディフェンスはとくに分析とかはしていたわけじゃないので始まってから分かった。そこで、相手のディフェンスへの工夫や裏をかくプレーができなかった。固く攻めたら取れていたはず。落ち着きがなかった。安全ではない攻め方になった。プレーが軽くなっていたことが原因。(次戦に向けて)負けたことは仕方がない。自分たちが目指している関西リーグ制覇に向けて切り替えて練習していきたいし課題を修正していく。


CTB林 真太郎

勝ちたかった試合ですが、自分たちのやりたいアタックが1試合を通してできなかった。自分たちのペースを乱されたとしても、しっかりそこから作り直して、自分たちのやりたいアタックをできるように修正しないとダメかなと思います。フィジカルの部分では全然通用すると思うので、継続して、関西ではフィジカルで圧倒し勝てればベストかなと思います。

近大はラック周辺のフォワードのところは結構しっかりはっていて、フォワードの前で止められていたのはやられたなって思います。自分たちもそこが強いとわかっている中で、ちょっとずらして違うところでポイントを作ったり、戦術的なところがしっかりできなかったのが敗因ですね。(点を決め切れなかった原因は)自分たちがいい形でラックが作れなかった。フィジカルで勝っている分、前に出れてしまうので、そこでクリーンボールを出せなかったのが原因だと思います。あとは、チームでアタックするところで、個人が欲を出してしまって前にでてしまったので、次はしっかりコントロールして自分たちのアタックをやりたい。


WTB髙野 蓮

公式戦初出場で緊張していたが先輩方の声かけで、やってやろうという気になった。(高校時代の同級生岩佐選手とのマッチアップについて)ライバルだと思っているので燃えた。

(得点に繋がるゲインについて)自分で取り切りたかった。少し早くステップをきってしまったので、抜けなかったが、サポートがしっかりついていたのでトライにつなげることができた。チームのオフェンスとしてはFWで当ててから外にふりたかったがディフェンスにプレッシャーをかけられてボールの継続が上手く出来なかった。(次戦に向けて)ボールの継続とミスを減らすことを意識してやりたい。


WTB安田 卓平

近大は同志社よりもいいDFしていた。キックでエリアを取っていきたかったが、相手のペースに合わせてしまった。相手のキックが上手い選手に有効に使われて、ペースに乗られてしまった。個人的な改善点としてはボール触れなかったこと、積極的に触っていきたい。次戦に向けて、自分たちのラグビーをして勝ち進んで、チャレンジャーの気持ちで臨みたい。


FB﨑口 銀二朗

近大のDFはしつこかった。同志社はアタックができず、リズムも悪かった。ロングキックを奥まで蹴られたとき蹴り返せず後手に回ってしまった。同志社のDFは悪くなかったと思うが、良い球出し、アタックのセットができなかったと思う。良いリズムで攻められなかった。個人的な改善点として、良いセットができるようなFWの立ち位置を後ろから声だしていかないと。


1 海士 広大(商3)

2 東 大樹(スポ4)

③ 才田 智(社4)

4 山田 有樹(社3) 

5 秦 啓祐(心理3) 

6 野中 翔平(スポ2) 

7 末永 健雄(社3) 

8 高田 将侑(法4)

9  岩村 昂太(スポ4)

10 渡邉 夏燦(社4) 

11 安田 卓平(商1)

12 石田 幹太(商3)

13 林 真太郎(商4) 

14 髙野 蓮 (社1) 

15 﨑口 銀二朗(経3)

16 山崎 翔太(社2) 

17 趙 隆泰(法3)

18石橋 海洋(スポ2)

19朴 成脩(法2)

20 津ノ森 晃平(スポ4)  

21 大越 元気(商3)

22永富 健太郎(スポ3)

23 吉澤 奨悟(商4)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について