同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 同立戦制し連勝飾る:ラグビー部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
同立戦制し連勝飾る:ラグビー部
2015/10/19 HEAD LINE NEWS

関西大学ラグビーAリーグ第3戦対立命館 (2015年10月18日)

10月18日に宝ヶ池ラグビー場(京都府)にて行われた関西大学ラグビーAリーグ第3戦、対立命館戦。リーグ戦1勝1敗同士の対戦カードとなった。両者ともに関西優勝には1敗も許されないだけに試合は白熱した展開に。結果は22-15と同志社に軍配。同立戦を制しリーグ戦績を2勝1敗とした。


同立戦に応援団も駆けつけた


しつこく粘り強いディフェンスと強力なFW陣に定評のある立命館。前節の京産大戦ではロスタイムに逆転し劇的勝利を収めるなど勢いに乗っているチームだ。そして、同立戦ということもあり試合会場は大盛り上がり。多くのラグビーファンが見守る中、同立戦の火蓋が切って落とされた。


立命館FWの好プレッシャーに苦戦


会場の盛り上がりとは裏腹にロースコアで前半は進む。「ブレイクダウンのところで良い球出しができなかった」(林)と立命館FWのプレッシャーに苦戦。また、試合開始早々HO東の負傷交代もあり、強みのスクラムでも圧倒しきれない。攻め手を欠くなか、SO渡邉やSH大越のキックで打開を図るも、ハンドリングエラーやパスミス、安易なペナルティーでそのあとが続かず一進一退の攻防が続く。0-0とスコアに動きがないまま迎えた前半30分。自陣スクラムから右サイドへ順目につなぐとFB﨑口がビックゲイン。そこからフェーズを重ね、マイボールキープし続けるとたまらず相手が反則。ここで同志社はショットを選択。SO渡邉が難なくPGを決め、3-0。ようやく試合が動き始める。


再三相手ゴール前に迫った同志社

今季Aチーム初スタメンを飾ったWTB氏家


このまま前半をリードで終えたい同志社だったが、先制直後にミスからピ ンチを招く。キックオフボールの処理を誤り、インゴール手前5メートルでノックオン。思わぬビックチャンスに立命館はスクラムからしつこくFWの連続攻撃を仕掛ける。じりじりとゲインされゴールライン上の攻防に。最後は重量のある立命館FWのアタックに耐えきれず被トライ(3-5)。先制直後の失点に沈むなか、立命館がさらに勢いづく。前半ロスタイム、同志社は度重なるペナルティでピンチを脱出できない。自陣で釘付けにされ、苦しい時間が続く。ターンオーバーしプレーを切りたい同志社だったが、密集で反則をとられPGを献上。これをきっちり決められ3-8で前半終了。悪い流れのまま試合は後半戦へ。


突破を図る№8倉本


「前半の最後から相手FWの足が止まってきていたので後半が勝負 と思っていた」(才田)。立命館FWの強力なプレッシャーで思うようなアタックができなかった前半とは一転、後半はFWの縦突破と横への展開を織りまぜ、アタックを組み立てる。後半6分、ヤンボールスクラムからコラプシングを誘うとインゴール手前でラインアウトを獲得。すぐさまモールに持ち込むとじりじりインゴールへ。最後はNo.8倉本が飛び込みトライ。コンバージョンキックも決まり10-8。後半開始早々に逆転する。続く同13分には、No.8倉本、PR海士がノーラックの素早い縦への突破で攻勢に出る。そしてラインアウトからしつこくラックサイドを攻め、LO山田がインゴールへ(17-8)。同31分には、WTB氏家のビックゲインからゴール前に迫ると、マイボールスクラムからSH大越、FB﨑口、そして大外で待ち構えてい たWTB吉澤へ繋ぐ。「繋いでくれたので、ここは絶対決めなければ」(吉澤)。タックルを受けながらもインゴールへと持ち込みトライ(22-8)。相手を突き放す貴重なトライを挙げる。


トライ後仲間と喜ぶWTB吉澤


試合時間はあと9分。2トライ差。試合会場に同志社勝利の雰囲気がたちこめる。その後も同志社が主導権を握り試合が進むが、試合終了間際の同39分。同志社の反則からゴール手前でラインアウトを与えると、そこから近場を攻められる。立命館FWの猛攻に耐えるが、数的不利の逆サイドへ展開されそのまま被トライ(22-15)。あと1トライで同点に。沸き立つ立命館ベンチ。ロスタイムに突入し立命館が怒涛の攻撃をみせる。ボール保持し続け、じりじりゲインする立命館。ペナルティを犯さず同志社に付け入る隙を与えない。そして迎えたラストプレー。左右の展開からディフェンスラインを崩されると相手BKがラインブレイク。一対一の状況を作られるもWTB吉澤の好タックルでトライ阻止。外へ大きく蹴りだし22-15でノーサイド。薄氷の勝利を収めた。


SHとして攻撃にリズムをもたらした大越

同立戦を制し掴んだリーグ戦2勝目。初戦こそ落としたものの順調に勝ち星を重ねている。また、第3節を終え全勝は天理大のみとリーグは混戦。どの大学が抜け出るかーー。次戦、摂南大に勝利し優勝争いに名乗りをあげたい。(杉本大)


☆コメント☆
山神監督
同立戦ということもありお互い熱が入っていました。フィジカルやブレイクダウンで厳しい戦いになるだろうと思っていました。入りは悪くなかったし、やられているという気はしませんでしたね。前半はあえて相手の得意なところで戦って、後半はボールを動かし横を使う。後半相手がつかれたところをしっかり狙えたと思います。80分間通してどこで勝負するか。そういう意味ではプラン通りといえますね。2人目で負けないってことを意識してやってきましたが、そこで前半は立命館に負けてました。ただ、後半から相手ディフェンスが横に広がっていたので分析して、ピックアンドゴーを使うなり縦を上手く使うことができました。初出場した氏家は良くやったと思いますよ。一発目良いタックルもあったし、アタックでまだ課題はありますが、今日の彼の出来は良かったですね。チームとしてもこうした厳しい戦いが関西でできるのは幸せなこと。勝ち切れたし価値ある一勝だと思います。

PR才田 智
前半はタフな試合になるだろうなと思っていました。前半の最後の方からは相手のFWも足が止まっていたので、後半が勝負だなと、FWが前に出るようにしようと思っていました。スクラムは東が途中で怪我して不安なところもあったが、組むうちに相手が軽くなってきたし後半はいいスクラムだったと思います。(摂南大戦に向けて)今日は7点差で勝ったが内容は良くなかったと思います。ただ、勝って反省できるのは幸せなこと。残り1週間準備して次は外国人選手を止めることが最低条件だと思います。

PR海士 広大
ブレイクダウンが強くてタックルも体の近場の強さがすごいあるチームでした。スクラムでプレッシャーを与えるつもりだったんですが全くできなかったです。(前半はビハインドで折り返しましたが)いい感じにいっているから自分たちのプレーをすれば必ず勝てるとハーフタイムで話していました。(後半は)近場を攻めていけば相手も寄ってくる、そこで展開をすればとれると分かってきたのでそういう攻め方をしました。流れにのっていったという感じです。(摂南大戦では)力強い外国人選手、そこに乗られてしまえば相手の流れになってしまうので徹底していきたいです。

LO森山 雄
負けている感じはしませんでしたが、前半はスコアが取れず我慢しながらの戦いでした。後半のスクラムは相手がバテていたのでやられる気はしませんでした。(ラインアウトからトライしたが)春からしっかり練習してきたのでラインアウトモールでは取り切る覚悟がありました。そこで決められてよかったです。摂南大戦は外国人選手に対し2人、3人と人数をかけて確実に止めきって調子に乗らせないことが重要になってくると思います。

FL野中 翔平
前半はスロースタートだと分かっていたのであえて風下を取りました。そのなかで意識していたのはエリア取りをしっかりとすることです。2トライ差以内に前半抑えられたら、後半には取り返せると思っていましたので焦りはありませんでした。摂南大相手にはまず1対1で勝つこと。そしてリアクションスピードを速くして数的有利を作っていけたらと思います。

NO8倉本 吏哉
同立戦に臨むにあたってチームとして強みを出していこうとチームで話していました。デビュー2戦目ということでしたが、才田さんをはじめ頼りになる先輩方のフォローがあったので落ち着いてプレーができました。しかし、今日はボールタッチの回数が少なかったので、きつい場面でNo.8がボールを持たないといけないと思います。立命館とは夏合宿から練習をしてきていたので、スクラムに関してはプライドのぶつかり合いでした。前半は立命館が(アグレッシブに)くるとわかっていたので我慢の時間でした。ハーフタイムでは自分達のラグビーをしようと話し、風上に入る後半はエリアを意識しました。試合終了間際には、守るより攻めてトライを取りきる気持ちの方が強かったです。来週の摂南大 戦はバックローの外国人選手を止めにいきます。

SH大越 元気
立命館はDFがいいチームで、基本的なことをやってくる印象を持ちました。春は勝ちましたが、必ず成長してくると思っていました。今日はどんな場面でも、ブレイクダウン、アタック、DFで、同志社が早く仕掛けるようにしました。そこは、要所要所できました。ただ、自分の持ち味である早いテンポができなかったので、力不足ですね。そのせいで、前半ああなってしまったのかもしれません。前半は風下だから我慢しようと夏燦さんとも話していました。ロースコアになるのは、仕方ない、そのぶん風上の後半はしっかり前に出て、横に振って、思い切りやろうと臨みました。次戦の摂南大は勢いがあっていいチーム、キーマンは外国人の選手だと思います。しっかり2人でも3人で止めて、早くリア クションして、仕事量を上げないといけません。アタックは縦にも横にも動かすラグビーをしていきたいです。

SO渡邉 夏燦
自分としては前半はいい出来だったと思います。後半の入りも2トライ連続でとってすごくよかったんですが、最後の20点取った後にそこでもっとたたみかけるぐらい、どんどん前に行かないといけないですね。逆にそこで取られて最後追い上げられたので、そこが反省すべきところだと思います。前半は風が強い中で相手陣に入っていけたし、相手のミスも誘えたので、前半40分トータルで見たら、前節の関大戦よりは、エリアでも対等に戦えていたと思います。自分1人のキックだけではなく、みんなのハイパンドなどで、逆にこっちがプレッシャーをかけれたのは良かったですね。少し受けに回ったディフェンスが何本かあって、そこから勢いに乗られてしまったので、ディフェンスでもアタックでも 受けに回らないようにしなければいけません。

CTB林 真太郎
前半は相手のFWが強くてブレイクダウンであったりコンタクトの場面でもう少し前に出れる場面があったので、ああいう場面で激しく前に出れるようなアタックであったりディフェンスにこだわってやっていかなければならないなと思いました。立命館は接点でアグレッシブにやってくるチームでした。そこが分かっていながら前半、前でとめられませんでした。前半負けて折り返して、自分たちは負けられないチームだと話しました。自分たちが今までやってきたことを出せば勝てるからと全員で確認しました。やりきろうという感じです。勝ちましたが、点差はそこまで開かずに苦しい試合が続いてしまったのでもう一度基礎からやり直さなければいけません。

WTB氏家 柊太
良かった部分もあったけど良くない部分も出てしまいました。緊張してたのもあったのかと思います。一発目のタックルが良く、試合にもいい感じに入れました。他にも仕事があるのに、1つしか見えてなかったところがあったのでそこは修正しないといけないですね。特にボールを持ったらキャリーしかできていなくてパスやステップ切ったりと色々なオプションがあるのに、それができませんでした。(前半ロースコアで折り返したが)後半追い風になるし、後半も走り切れると思ったのでそこまで大きな焦りはなかったですね。初スタメンで緊張もしたが、思い切りやれたので良かったです。自分の持ち味は強さだと思っています。そこをこれからも出していけたらと思います。

HO藤川 翔悟(前半16分途中交代)
4年間で初めての同立戦で緊張していましたが、その緊張感を良いモチベーションにかえていました。前半の東の負傷交代は想定外でしたが、出場して勝ちきることができて良かったです。個人としてはセットプレーのミスもあったので、1週間で修正してチームに勢いをつけられるようにしていきます。

WTB吉澤 奨悟(後半12分途中交代)
途中交代だが、もう一度チームのやるべきことを伝えてくれ、もっと声をだして整備してくれといって送り出されました。点差こそ7点差でしたが全く焦りはなく落ち着いていたと思います。ただ、ゴール前まで持ち込んだのに最後取り切れない場面が多く、自分らのテンポにもっていけなかったですね。ディフェンスの部分で引いてしまいました。後半から入る選手として流れを変えるタックルでみんなを助けたいし、インパクトを残していかないといけないと思っています。練習はすごくいい雰囲気でやれてるし、練習でやっていることをもっと試合で出せたらなと思います。

1 海士 広大(商3)
2 東 大樹(スポ4)
③ 才田 智(社4)
4 山田 有樹(社3) 
5 森山 雄(商4)
6 野中 翔平(スポ2) 
7 秦 啓祐(心理3)
8 倉本 吏哉(商2)
9  大越 元気(商3)
10 渡邉 夏燦(社4) 
11 氏家 柊太(政策3)
12 石田 幹太(商3)
13 林 真太郎(商4) 
14 安田 卓平(商1)
15 﨑口 銀二朗(社4)
16 藤川 翔悟(社4) 
17 趙 隆泰(法3)
18 石橋 海洋(スポ2)
19 戎 勇(社3)
20 山崎 翔太(社2)  
21 岩村 昂太(スポ4)
22 永富 健太郎(スポ3)
23 吉澤 奨悟(商4)
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について