同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 川端組、最後の雄姿:硬式野球部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
川端組、最後の雄姿:硬式野球部
2015/10/26 HEAD LINE NEWS
同志社000000001-----170
立命館10000400x-----5110

関西学生野球連盟秋季リーグ (2015年10月26日)

10月25日(日)にわかさスタジアム京都にて行われた関西学生野球連盟秋季リーグ戦、第8節対立命館2回戦。リーグ最終戦、そして4年生にとってはラストゲームとなったこの試合。同志社は1回に先制を許すと、6回には4安打を放たれ4失点。最終回に1点を返し、意地を見せつけた同志社であったが反撃はここまで。1ー5で立命館に敗れ、伝統の一戦を勝利で終えることはできなかった。今リーグの通算成績は4勝8敗。チームワーストとなる4季連続リーグ5位で秋リーグを終えた。



伝統の一戦にかけつけた大勢の観客。応援団が盛り上げてくれた


最後の一瞬まで、ゲームセットとなるまで、選手たちは諦めなかった。0ー5で迎えた最終回の攻撃。2本のヒットと四球で、一死満塁のチャンスを作る。ここで打席に入ったのは5番・佐藤(晃)(スポ3)。強く地面に叩きつけられた打球はサードへ。この間にランナーは生還。意地の反撃を見せた。続くは6番・白水(スポ3)。逆転を信じ振り抜いたが、バットをへし折られ、打球は投手前に。リーグ最後の結末に、悲しみが溢れ出た。


試合は初回から動いた。この日、先発のマウンドを任されたのは福島(法1)。「相手は優勝を決めた立命でいいバッターが多いし、いつも以上に慎重になったのもあって、自分の思い通りに投げれない部分もあった」。春秋ともにリーグ連覇を果たした立命館相手に、福島は初回から捕まってしまう。先頭打者の山足に安打を許し、二死3塁とすると、5番・辰巳がレフト前へと運ぶ。あっさりと先制点を許してしまった(0ー1)。その後も福島は球数を重ねる苦しい投球が続いた。6回には、福島とリリーフ登板した平尾(奎)(法3)を擁したがこの回4失点(0ー5)。中盤、完全に試合の流れをつかんでいたのは立命館であった。



このリーグ、同志社を支えてくれた福島


リーグを通して、得点力不足に喘いだ同志社打線。「いいピッチャーなので、しっかり対策とらないといけないのはわかってた」(井手・スポ3)。最終戦を勝利で飾るためになんとか打線の奮起をーー。しかし、立命館の好投手・西川(大)の前に、決定打を放てない。2回には井手のスリーベースで無死3塁を作るが得点を奪えず。その後も得点圏にランナーを進めるも、あと一本がでなかった。


流れは依然立命館に流れたまま。流れを引き寄せ、反撃の糸口をつかみたい。そんな同志社に、流れを持ってきたのは、これまでずっとチームを支えてきた4年生バッテリーだった。8回裏、平尾(奎)に続いてマウンドに登ったのは柏原。捕手の川端(法4)と共に、2人は1年生の頃からバッテリーを組んできた。そんな2人の集大成ーー。川端のリードと、柏原の気迫のこもった投球で、三者連続三振を奪い流れを引き寄せた。



ずっと一緒に組んできた二人。三者連続三振と、最高の形で締めくくった


直後の最終回、同志社は反撃に出る。先頭の1番・酒谷(商2)がセンター前ヒットで出塁。その後辻(商1)の四球、井手のヒットで一死満塁のチャンスを作る。このチャンスに5番・佐藤(晃)が内野ゴロ。その間にランナーが生還し、1点を返した。有終の美を飾るため、負けられない同志社であったが、ここで力尽きてしまう。6番白水が投手ゴロでラストバッターとなり、試合終了。リーグ最終戦を勝利で飾ることはできなかった。



リーグ最後を勝利で飾ることは出来なかった


全日程を終え、同志社は4季連続のリーグ5位に。目標であった優勝へは届かなかった。「今季は投手は頑張ってくれたけど中心選手が期待に沿うような成績を残せなかったのが最大の要因」(澁谷監督)。投手が踏ん張り、接戦が多かっただけに、チャンスであと一本が出ればという試合が多かった。長い暗闇の中からなかなか脱出することはできないが、そんな中でも見えた光はある。福島投手は1年生ながら他大学のエースと投げ合い、同志社のエースとして成長した。今リーグ全試合出場のルーキー・辻は打率.311でリーグ9位。ファーストでのベストナインに選ばれた。また、サード井手はリーグ3位となる打率.367、リーグ1位となる2本塁打を放った。来季に向けて、投打ともに存在する明るい材料を、どのようにして勝利に結びつけられるかが、来季以降問われてくるであろう。



ベストナインに選ばれた辻(左から3番目)


リーグ3位となる打率を残した井手。来季も中心選手としての期待がかかる


また、4回生にとってはこの試合で大学野球が最後となった。「俺たちは挑戦者」をスローガンに掲げたこの一年。思うような結果が出なくても、挑み続けた。最後の試合で、最高の花道は飾れなかったが、「自分たちが達成できなかったことを、次は下が達成してほしい」(川端主将)。低迷し続けたからこそ、言葉の一つ一つにある重み。「来季は優勝して、神宮へ行きたい」(白水新主将)。思いはしっかり次代へと受け継がれた。



主将の川端(右)と、Bチーム主将の久芳(左)


復帰した今日の試合で見事レフト前ヒットを放った宮川


末永も最後までチームのために戦った


来季、主将を務める白水。来季こそは雪辱を果たしてほしい


川端組で野球をするのはこれで最後。野球があるから苦しかった。だけど、野球があるから楽しかった。仲間がいるからぶつかりあった。だけど、仲間がいたからここまでこれた。その全てに無限大の感謝を込めてーーありがとう。 (斉藤裕太)



今リーグを5位で終えた



▼コメント
澁谷監督
(1、2年生など若い選手が多く起用されたがーー)
1年間登用したけどもういつか使われるだろうみたいな甘えも無くなってきてる。学年関係なしに真剣に練習に取り組んでいるというところありきで人選してる。
 (来季に向けてーー)
5位以上とか言ってられないし、優勝を目指してそこありきでチームを作っていかないといけない。リーダーシップの面では白水、プレー面では井手。白水はチームを引っ張っていくという面で一番気持ちが強いし、言葉や姿勢でもチームをまとめてほしい。いいチームが多いし負けないように。投手も打者もレベルアップさせて、特に気持ちの面。来週から新チームでスタートする。


#1川端
大学での4年間は、内容が濃くて、あっという間であった。未知の世界に飛び込んで、勝つ喜びを知ることができなかったのは悔しい。自分が引っ張ってゆく立場にあることはわかっていたし、責任を感じている部分はある。いろんな思いがあったけど、4年間は本当にいい経験になった。同期をはじめ、みんなには感謝している。後輩に向けては、勝ちへのこだわりを見せて欲しい。勝たないと意味がない。やっぱり野球は勝つと楽しいもの。


#19柏原
結局1回も優勝できなくて悔しい。入ってきたときは、勝つのが当たり前のチームだと思っていた分、悔しさはある。自分は、優勝するための力になれなかったが、どんな結果になっても使い続けてくれたことに感謝している。投手陣に向けては先制点をとられないようにしてもらいたい。負けないチームを作って欲しい。いろんなことがあって、全てが良かったわけではないが、4年間やってこれて良かった。


#21末永
振り返るとあっという間であった。楽しい時間を過ごさせてもらった。毎リーグ5位が続いていて、しんどい部分はあったが、勝利したときは嬉しかった。後輩には、プレッシャーに強くなって欲しい。冬の厳しい練習を乗り越えて欲しい。最後までやってきて、みんなで終われてよかった。


#12矢野(敦)
苦しい4年間だった。振り返ると、長かった。自分が調子の悪い時も、応援してくれる人がいるから、その期待に応えようと思って続けられた。1年生の頃から、背番号12をつけてきて、それを背負い続けられたことが良かった。1回つけた番号を手放さないようにした。


#24宮川

(レフトへのヒットを放ったが)最後の打席だとだいたい分かっていたので、結果よりも自分のスイングをしようとした結果、外野へのヒットになった。肩はよくなかったが、痛み止めを使いながら。最後だったので気持ちでいった。四年間を振り返って.やっていた時は長かったが、終わってみるとあっという間だった


#9白水
今シーズンを終えて、悔しいの一言。チームとして勝ちに対する執念が足りない。来季は優勝して神宮へ行きたい


#10井手
いっぱい応援来てくれて、スタンドも一体となっていたのはわかってた。4回生はこれが最後だったので、いろいろ思うところもあった。結果としては負けてしまったけど、いい雰囲気だった。(大活躍だった秋リーグを振り返って)、個人的にはチャンスでもう1本打たないといけなかった。チームとしての課題もたくさんみつかったので、冬練でしっかり。(来年最高学年でチームを引っ張る立場になるが)、自分たちが入学してから負け続けているので、この結果を忘れたらだめ。みんなで勝つという気持ちで。


#18平尾(奎)
同立戦ということで、普段のリーグ戦とは一味違った戦いとなった。応援も多くて、緊張したが、良い緊張感だった。そのおかげで自分の力がより強く出せたし、楽しめました。一番印象に残ったのは柏原さん。一つ上の柏原さんは、ずっと自分の見本で、最後に三者三振をとって、ストレートもはやくて、感動しました。


#31佐藤(晃)
ケガしていた足が痛くて5回までとか5回からなどの半分しか出られず、途中交代ばかりだったので、足を完璧に治して出たかった。チャンスがまわってきたときに足が痛いとみんなに迷惑かけてしまった。冬頑張ってチームに貢献したい。4回生は1番よくしてもらっていた学年。結果的には5位だったが、来年恩返しとして1位目指していきたい。全員が1位しか目指していないので、1戦1戦大事にしていきたい。


#7大西
入ってから5位ばかりで、1年秋から試合に出させてもらってるが、3回の1年間がいちばん悔しかった。同じ5位でも試合に出れなくて、悔しかった。来年は結果を出すしかないと思っている。今日から新チームが始まったし、良いチームを作るのはもちろんだが、もっと応援してもらえるような、応援しがいのあるような、強いチームを作っていきたい。


#6京田
チームにあまり貢献できなかった。全てにおいてもっとチームに貢献できるようになりたい。特に打撃を重点に置いている


#4檜垣
今回はあまり出れなかったが、ベンチの雰囲気もよかったし来季に繋がるいいリーグ戦だったと思う。来季は、3年の春なので気を引き締めて、まずは確実に結果を残せるようやっていきたい。すべての面において、ワンランク上を行けるように練習に励みたい。


#30酒谷
打率2割台で悔しい部分もあるが、今後どうしていく必要があるか、課題が明確になったリーグ戦だった。練習を重ねるしかない。個人的に努力を重ねるしかないと思っている。毎試合、コンスタントに打てる選手を目指していく。課題だらけなので、すべての面において磨きをかけたい。


#29西田(貴)
全体的にチャンスで打席が回ってくることが多かったが、ものにできなかった。来年はチャンスの場面で勝負強さを見せられる選手になりたい。(4年生と最後の試合だったが)、先輩の雄姿はしっかり見せてもらったので、その思いを受け継いで、来年は神宮へいきたいと思う。


#15福島
リーグ戦を振り返って、悔しい思いしかないし、自分の力でチームを勝たせたこともなかったので、ほんとに悔しく思う。今後は全部のレベルを上げないと思うし、今はただの力不足。全てをレベルアップさせていきたい。収穫という部分はないし、リーグ後半は体に疲労がたまって肩を痛めていた。大学にはいって投げ込みをもっとしなければと感じた。自分が点をやらなければ負けないので、相手より先に点をやらない投手になりたい。もっと信頼されるピッチャーになりたい。


#20辻
結果は5位。何も変われていない。自分は秋から入っているが、そういった意味では戦力になれていなかった。課題がまだまだ多い。経験がまだ浅いから、後ろの先輩にチャンスで回すことしか意識していない。来年は勝ちにこだわっていきたい。



▼スターティングメンバー
1...(左)酒谷...商2
2...(一)辻...商1
3...(捕)川端…法4
4...(三)井手...スポ3
5...(右)西田貴...社2
6...(中)白水...スポ3
7...(遊)片山..商3
8...(二)大西…商3
9...(投)福島…法1


▼バッテリー
同志社...福島、平尾奎、柏原ー川端
立命館…西川大ー小林



川端組の同期たち

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について