同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > FWBKともに圧倒!大差つけ摂南大下す:ラグビー部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
FWBKともに圧倒!大差つけ摂南大下す:ラグビー部
2015/10/28 HEAD LINE NEWS

関西大学ラグビーAリーグ第4戦対摂南大 (2015年10月25日)

10月25日に宝ヶ池ラグビー場(京都府)にて行われた関西大学ラグビーAリーグ第4戦、対摂南大戦。外国人選手を軸に高い攻撃力を誇る摂南大を相手に迎えた。試合は終始同志社ペースで進みBK、FW共に摂南大を圧倒。55-26と大差をつけリーグ戦3勝目を手にした。



爆発力ある外国人選手を軸に試合を組み立て、強力なアタックが持ち味の摂南大。天理大に敗れはしたものの昨年王者・関学、京産大を自慢の攻撃力で下し同志社と同じ2勝1敗でこの一戦を迎えた。



試合前、気合を入れる選手たち



開始早々、ボールの処理ミスから自陣に攻めこまれると、そこからラインアウトモール起点に先制を許す(0-7)。それでも失点直後、着実にフェーズを重ね、じりじりゴール前へ。そして5分、サイドを広く使い摂南大ディフェンス崩すとFL野中が抜け出し右中間にトライ(5-7)。ここから勢いに乗った同志社は15分、ラインアウトモールからFW戦に持ち込み、最後はLO山田が逆転のトライ。コンバージョンも決まり12-7。その3分後、CTB石田からWTB 髙野に繋ぐと一気に加速。快速飛ばし50メートルの独走トライを決め19-7に。立て続けに得点し相手を突き放す。その後はラインアウトモールからトライを許したものの、得点を重ね着実に点差を広げていく。ブレイクダウンで圧倒、そして内を固める摂南大にテンポの速い展開ラグビーがうまくハマり36-12で折り返す。



2戦目からスタメン出場するNO8倉本


持ち前のスピードで独走トライを決めたWTB 髙野



後半も終始主導権を同志社が握る。後半立ち上がりを攻めこまれ、再びラインアウトモールから被トライ。しかし直後の5分、WTB氏家がラインブレイクし敵陣深くポイントを作ると、素早く逆サイドへ展開。ルーキーCTB永富晨が長距離のパスを通しHO山﨑がインゴールへ(41-19)。12分にも左右に大きく振った素早い展開から数的有利を作り、最後はHO山﨑がしっかり決めハットトリック達成(48-19)。終盤は疲れから自陣に押し込まれる場面もあったが、最終的に55-26と大差をつけ試合終了。危なげなくリーグ戦3連勝を飾った。



摂南大のラインアウトモールに苦戦


好パスで何度もチャンスを演出したCTB永富晨


「同志社の良い部分が多く出せた」(野中)。ブレイクダウンで圧倒し素早い球出しから何度も好機を演出、グラウンドを広く使いFWBK一体となった展開ラグビーが色濃く見てとれた。そして、「オプションも多いし、良い判断ができていた」(山神監督)とCTB永富晨を賞賛。また、持ち前のスピードで存在感を示したWTB髙野の活躍に指揮官は頬を緩ませた。

理想とする展開ラグビーが出せたこと、またルーキーの活躍など収穫の多い試合となった反面、「ディフェンスが悪すぎた」(秦)と終始ペースを握りながらもラインアウトモールから4本の被トライ。セットプレーディフェンスに課題が見えた。



ハットトリックを達成したHO山崎


ブレイクダウンでは圧倒。春の成果をみせた



摂南大に勝ちリーグ戦績を3勝1敗とした同志社。全勝中の天理大に次ぐ単独2位と混戦から一歩抜け出した形となった。次なる相手は昨年敗れた京産大。雪辱果たし、天理大との一騎討ちに持ち込みたい。(杉本大)



☆コメント☆

山神監督

相手に先制されましたが、取られた後も落ち着いてプレーできたと思います。今回の失点の形は全てラインアウト。ペナルティーを取られラインアウトにという流れで取られてしまいました。規律の面でも修正が必要ですね。フィットネスでは負けないと思っていたし、そのなかでしっかりボールを回していけました。相手にボールを渡さなければ怖くない。試合が進むにつれ摂南大がみせた開始10分の怖さは消えていましたね。何より、天理大以上に摂南大から点を取りたかった。今回はそれができて良かったですね。


PR才田 智

とりあえず、勝てて良かったです。ゲームプランとして摂南大は外国人選手を軸に内に内に攻めてくるだろうと思っていました。なので前半からテンポを上げてかき回していこうと試合に臨みました。そこは、しっかりできていましたね。次は京産大戦ですが去年負けた相手ですし、もちろん負けたくない。京産大が終われば少し時間が空くので、次は勝ち切って終わりたいですね。


HO山﨑 翔太

セットプレーは絶対に安定させないとチームが上手く回らないと思ったので、そこは何度も見直して臨みました。負けたら優勝はないし、摂南大も強い相手。スタメンということで緊張もありました。でも、今日は1,2回生が多く、その下級生が良いプレーできる環境を上級生が作ってくれたので、そこは感謝しかありません。セットプレーも大事ですが、ノーペナルティでボールを取ってゲインしトライすることも大事だと思っています。チームのテンポを上げられる起爆剤のような選手になれたらと思います。


LO森山 雄

外国人選手が強いので勢いづけないよう人数をかけて止める気でいきました。全員で止める意識でいきました。ゴール前で少しいかれたが、全体的には我慢して止められたかな。(モールでの失点)ズラされて外国人選手にいかれるのは分かっていたが、やられてしまいました。その前のペナルティを減らしていきたい。ブレイクダウンは今年特に意識していて、続けて出来ているので継続していきたいです。京産大はセットプレーがしっかりしていて、11.14.15が走ってくるので、FWで圧倒してBKにいいボールを供給していきたいと思います。


FL野中 翔平

今日は同志社のいい部分が多く出ました。FWのブレイクダウン際、1枚で止め続けることができましたし、外国人選手も上手く止められたと思います。モールディフェスはコールとアクションが違うシーンが多くそこでうまくできませんでした。その辺をちゃんとすることが今後は大事だと思います。次の京産大戦というより今後の試合に言えることですが自分たちの強みを発揮することが一番大事だと思っています。ストラクチャーをちゃんとし、規律を守った上で攻めていきたいと思います。


FL秦 啓祐

負けたら優勝が消える試合で、もちろんチームとしてとても大事な試合でしたが、個人としては気負わずに、前回の反省を生かしてプレーしようと思っていました。前回よくなかったアタックにフォーカスしていましたが、1週間やってきたところが生かせず、今日はディフェンス面が悪すぎました。摂南は実力があるので、勢いにのらせないように前半の入りを大事にしていました。自分たちの処理ミスから先制点を与えてしまいましたがリードして前半を終われてよかったです。次戦の京産大には春は大勝していますが、夏を終えシーズンが始まると力が僅差になってくるので、前半から飛ばして、後半さらに突き放す試合にしていきたいと思います。


SH大越 元気

チームとして、前半からテンポよくボールを動かしていくプランでした。外国人選手のところでいかれるのはわかってました。そこで、なんとか我慢して自分たちのペースで試合を運べたと思います。モールを起点として失点したが、その前のプレーで自分たちのペナルティでそこまで運ばれてるので、改善点はそこだと思います。自陣では絶対にノーベナルティを徹底したいです。相手SOはうまかったので、指示出す上で内からDFを意識させられたら良かったかなと思います。終盤はFWが頑張ってくれたので、最初から出来たら。(京産戦に向けて)目の前にある一戦を戦うのが大事。同志社は強いという意識はもういらない。チャレンジャーとして練習から準備して、次の一戦に挑みたいです。


CTB永富 晨太郎

A戦初出場でしたが、最初は大学の強さを痛感したがすぐに対応できました。外国人選手は前に出させず自分が前に出てすぐ倒すことが大事だと思っていました。そこはできだと思います。DFが張っていたら内のブレイクダウンで攻めきり、外にDFが余ったらすぐ外に振ることを想定して練習していましたが、うまくいきましたね。ただ、前半はSOが当たってきて外に回してこない分楽だったけど後半ばてて対応出来ないこともありました。大学ラグビーはコンタクトが強いので各対戦相手ごとに対策をしっかりやっていく事が大事だと思います。


WTB高野 蓮

後半は少し疲れましたが、前半からいいかたちで点数がとれていたので自分たちのラグビーができました。試合を通して、力のある外人選手に対して一人では厳しいので2、3人で向かっていこうと事前に話していました。実際に試合が始まって、結構ディフェンスが上がってくるのでそのギャップをついて、隙を狙いました。やりやすかったです。(同ポジションにいる松井について)ウィングとしてのプレーを真似できるところは真似して、よく観察しできるだけ吸収するように努力しています。直接アドバイスをもらうこともあります。チームから頼られるトライゲッターになりたいと思っています。


CTB光部 修平(前半40分途中出場)

アタックに前に出れて、なおかつそのボールをキープできたところは良かったですが、ダイレクトタッチやノータッチなどしてしまいキックはすごく悪かったですね。(テンポのはやいラグビーについて)ブレイクダウンで優位にたって、はやい球出しができたからそれがテンポのはやいラグビーにつながったと思います。今回はポジションがいつもと違い、少し難しかったですね。パス回しというよりはラインブレイクで貢献できたのではと思います。


SO永富 健太郎(後半22分途中出場)

(途中交代だったが)いい流れができていたので入りやすかったです。ただ、それを引き渡されて後半10分良いゲーム運びができなかったのがすごく残念。来週までに修正しないといけないですね。(次は京産大戦ですが)去年負けた相手で、勢いのあるチーム。自分たちの強みであるコンタクトを全面に出していきたいです。



1 海士 広大(商3)

2 山崎 翔太(社2)

③ 才田 智(社4)

4山田 有樹(社3) 

5 森山 雄(商4)

6 野中 翔平(スポ2) 

7 秦 啓祐(心理3)

8 倉本 吏哉(商2)

9 大越 元気(商3)

10 渡邉 夏燦(社4) 

11 氏家 柊太(政策3)

12 永富晨太郎

13 石田 幹太(商3) 

14 高野蓮(社1)

15 﨑口 銀二朗(経3)

16 藤川 翔悟(社4) 

17 趙 隆泰(法3)

18 石橋 海洋(スポ2)

19 戎 勇(社3)

20 高田将侑(法4)  

21 岩村 昂太(スポ4)

22 永富 健太郎(スポ3)

23光部修平(社2)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について