同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > リーグ戦全勝優勝 次のステージへ:アメリカンフットボール部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
リーグ戦全勝優勝 次のステージへ:アメリカンフットボール部
2015/11/10 HEAD LINE NEWS

関西アメリカンフットボールリーグDIV.2 (2015年11月1日)

111日、王子スタジアム(兵庫県)にて行われた関西アメリカンフットボールリーグDiv.2最終戦vs京都産業大学SAGITTARIUS。同志社は31-13で勝利し、Div.2 Bブロックにて全勝優勝を飾った。


無敗で迎えた今節。同志社の試合が行われる前の試合でリーグ戦2位の大阪大学が敗れ、その時点で同志社の優勝が決したため消化試合となってしまった。しかし、目の前の圧倒することには変わりない。一戦必勝で臨んだ今節も激しい戦いとなった。



チームに勢いをつけたDL



京産大のキックオフで始まったこのゲーム、開始早々から動き出す。1st、2ndダウンはランとパス組み立てる。試合を通じてパスを多用した攻撃は相手のディフェンスを混乱させた。そして、開始わずか1分30秒、1stドライブの3rdダウンで、ぽっかり空いたディフェンスの隙間をRB菅谷が走り抜け独走のTD。TFPも決まり試合の流れは一気に同志社のものになる。一方のディフェンスチームも負けてはいない。第1QはDB米井(商1)のインターセプトなどもあり相手を3回の攻撃だけに抑える。続く第2Qも同志社の先制から始まる。約45ヤードの距離のあるFGをK井上(スポ3)が力強く足を振り抜き追加点。10-0とリードを奪う。その後もディフェンスから相手にプレッシャーをかけに行く。特にDL山本(商3)はこの日2回のQBサックを決めチームに勢いをつける。1stダウン更新を許さない固い守りで前半を終えたかのように思われた。しかし、前半終了間際にピンチを迎える。同志社のQBの投げたロングパスが相手の胸に収まりインターセプトを許してしまう。残り10秒からのターンオーバーで京産大は1stダウンからロングパスを選択。ディフェンスの裏に走り込んだレシーバーが捕球後そのままエンドゾーンへ駆け込んだ。1本のパスだけであっさり点を取られたシーンについて、「されてはいけないミス。1番直さなくてはいけない点。」と小林HCは振り返る。



後半からは若手中心のフレッシュなメンバーで挑んだ。特にビックプレーを見せたのはQB坂井。第3Qの4分過ぎ、自らボールを持ってDLを突破すると、待ち受けるDBをキレのあるステップでヒラヒラと交わしエンドゾーンの手前までボールを運んだ。3戦目でもランスキルを活かしてTDを決めている坂井。主将からも”思い切りの良さ”が評価されており、スピードの落ちないキレのあるステップで今後の活躍が期待される。第3Qでは坂井のビックゲインから菅谷がTDを決め、第4QではRB山形が約50ヤードを走りきる独走TD。頼りになるRBの二枚看板が今節でも活躍を見せ、最後は31-13で勝利を収めた。



ビッグゲインを見せたQB#16坂井(社1)



TD後にRB#35菅谷(スポ4)に駆け寄る選手たち



これで5戦全勝でリーグ優勝だが満足のいく試合は0に近い。「(全戦圧倒を目標にしてきたが)実力が伴っていなかった。」と松岡主将(経4)は話す。しかし、だからこそ足りない何かを探し成長を続けた結果、次のステージに立つことができるのだ。

「全員が色々な経験ができて次につながったのが1番大きな収穫。」(小林HC)。今節はあくまで通過点にしか過ぎない。この勝利が意味するのは恐らく”経験”といったところであろう。この先に待ち受けるDiv.1昇格への道のりはより一層険しさを増していく。『ALL OUT』とは”何か”を必ずグラウンドで表現してくれるはずだ。松岡組の最終章が幕を開ける。(小林洋貴)


※次戦11月15日に行われる甲南大戦に勝利すればDiv.1の8位と、敗れれば7位とDiv.1-Div.2入れ替え戦(12月6日)で対戦する。



1Q 7-0

2Q 10-7

3Q 7-0

4Q 7-6

TS 31-13

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について