同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 攻守ともに圧倒!慶応撃破し選手権白星発進:ラグビー部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
攻守ともに圧倒!慶応撃破し選手権白星発進:ラグビー部
2015/12/15 HEAD LINE NEWS

全国大学ラグビーフットボール選手権大会 (2015年12月13日)

12月13日に秩父宮ラグビー場(東京都)で行われた大学ラグビー選手権大会セカンドステージ第1戦、慶応戦。同志社はスクラム、ブレイクダウンで慶応を圧倒。FW、BK一体となった展開ラグビーで6トライを奪い、守っては慶応のアタックをわずか1トライ、1PGに抑え36-8で大学選手権白星発進を決めた。



試合前、円陣を組む同志社



堂々たる戦いぶりだった。スクラムでは強烈なプッシュから好機を幾度となく演出し、ブレイクダウンでも優位に立ちFW戦を制圧。BK陣も決定力の高いWTBを筆頭に躍動し、サイドを広く使ったアタックが効果的に機能。同志社が終始主導権を握り続け、慶応に付け入る隙を与えなかった。



試合は序盤から動いた。前半2分、WTB氏家の左サイドを抜く突破で敵陣に攻め入ると、そこから素早く逆へ展開。インゴール前でFWの連続攻撃に持ち込むと最後はPR海士がグラウンディング。10分にもゴール前スクラムからNO8秦が持ち出しインゴールへ(10-0)。14分にはWTB松井が華麗なステップで狭いスペースを抜きトライ(17-0)。試合序盤から立て続けに3トライを挙げ、幸先の良いスタートを切る。23分に慶応にPGを決められたものの、同志社はテンポの良いパス回しから何度もチャンスを演出。その後はトライこそ奪えなかったが、終始同志社ペースで試合が進んだ(17-3)。



先制トライにつながる突破をみせたWTB氏家


持ち前のスピードで何度も好機を演出したWTB松井


FW陣の奮闘が随所に見られた


ゴール前で激しい攻防が続いた



後半戦も同志社の勢いは止まらない。後半1分にシンビンにより慶応が1人少なくなると、一気に敵陣に畳み掛ける。3分、ラインアウトモールからゴール前へ。ゴール前ラックから数的優位と見るや素早くオープンサイドに展開し、FB﨑口が左中間にトライ(24-3)。6分にも、SO渡邉のドロップゴールを狙ったボールが相手選手に跳ね返りWTB氏家のもとへ。そのままインゴールへ飛び込み31-3。運も味方し、同志社を盛り立てる。24分に慶応に今試合初トライを許すも、2分後にLO山田のピックゴーからトライを決め勝負あり。「(勝因は)ディフェンスで前に出られた部分が大きかった」(大越)と出足の速いディフェンスでピンチの芽を摘み、最後の最後まで試合を支配。36-8でノーサイド、セカンドステージ1勝目を飾った。



ピックゴーからトライを決めたLO山田


素早い球出しで勝利に貢献したSH大越


試合を通してスクラムでは力の差を見せつけた



勝利したものの、反則数6の慶応に対し同志社は14とペナルティー数の多さが際立った。「ペナルティーが多くなったのでそこは修正すべきところ」(山田)と今後も筑波大、大東文化大と強敵との試合が続くなか、規律が1つのポイントになるに違いない。いかに不用意な失点を防ぐことができるか、短期決戦の選手権だけに1つ1つ確実に課題を消化していきたい。



慶応、筑波大、大東文化大と強敵ぞろいのセカンドステージC組。「今日勝ったことは忘れて1から精度を高めて、相手を分析して、しっかりと準備していきたい」(大越)。選手たちはすでに次を見据えている。次なる相手は筑波大。対抗戦では帝京大を破るなどその力は確か。新年、もう一度この秩父宮で戦うために、1戦1戦勝ちを積み重ねていきたい。(杉本 大)




☆コメント☆

山神監督

戦いが終わって、ほっとしています。勝利してこうして話せるのは本当に嬉しいです。関東で戦うのは同志社としては久しぶりで、入りの10分で機先を制しようと送り出しました。5年前、帝京さんに秩父宮で敗れているので、ここで勝つことが8年ぶりの関西での優勝より大きいと言って鼓舞しました。おそらく、慶應さんは同志社の弱点を狙ってくるので、そこを修正してターンオーバーしていけと言いました。ピックアンドゴーも今までできなかったので、やろうと。非常にアタックの判断が良かったと思います。セットプレーでは、ラインアウトの獲得を増やせたが、スクラムよりゲーム全体で支配していこうと。(残り2戦に向けて)監督1年目で筑波さんに負け、再びチャレンジができます。新しいページを開くべく、選手の力に期待したいと思いますし、スタッフも全力で備えたいと思います。


PR才田 智

今日の試合の前から、この初戦が全てだとメンバーに言ってきました。(ファーストスクラムでは)僕は十分いけると感じましたね。そして良い勝ち方ができて、チームにとっては大きな勝利でした。筑波と大東文化大は強い相手なので、そこで勝ってベスト4につなげたいと思います。秩父宮は初めてなので、大観衆の雰囲気に慣れようと前の日に行われた(トップリーグの)試合を見に行きました。試合も熱くて、観戦して良かったと思います。先週から一週間、この慶應戦が全てと思いやってきました。来週は筑波さんですので、ここから良い準備をしたいと思います。


HO東 大樹

FWがポイントの近場を打ってくることに対するディフェンス、ラインアウトモールでトライを取ろうと今日まで準備してきました。(勝因は)前半いい感じで入れて、後半の入りもよかったことだと思います。ただ、スクラムは浮いてしまったので、そこを直さなければいけません。(筑波は)展開の速いチームなので、FWで優位に立てるよう頑張りたい。


PR海士 広大

素直にうれしいです。常翔学園出身の3人(海士、山田、松井)でトライできてうれしいですね。ハーフからFWの近いところを打ってくることは分かっていたのでそこを警戒していました。そのなかでも、スクラムはしっかり押せましたし、ポイント周辺の近場をしっかり意識できていたと思います。ゴール前でとられず守りきれたしディフェンスはよかったですね。つぎの筑波は今回より強い相手になってくると思います。今日以上に一層頑張りたいです。


LO山田 有樹

(慶応戦に向けて)もう一度ディフェンスをやり直そうといって準備してきました。ディフェンスの部分では良かったと思います。ディフェンスでは常にプレッシャーをかけられていたし、アタックもミスなくやれてトライできたのでそこが良かったと思います。(勝因は)ブレイクダウンでプレッシャーをかけ続けられたこと、ミスが少なかったことだと思います。ただ、試合中盤にペナルティが多くなったのでそこは修正すべきところだと感じます。スクラムでは前の3人が頑張ってくれたし、そこから良い展開ができました。(ピックゴーが多かったが)慶応は外に張ってくるチームだったので、ラックの真上を狙っていこうというのはありました。そこが自分のトライに繋がったと思います。(筑波大戦に向けて)帝京大を倒した相手で、ブレイクダウンがしつこく、激しいチームだと思います。根くらべの試合になると思うので、しっかりやっていきたいなと思います。


LO森山 雄

慶応戦に向けて特別対策はしていません。自分達のラグビーをしようと話していました。自分達の強みをいかし、ゴール前でこだわった。先制ができたことが勝因だと思います。自分達が常にリードしている状態だったので、それで気持ちにゆとりを持ってプレーできたと思いますね。ただ、、気の緩みがペナルティの多さにつながってしまった。関学戦も同じ感じだったので、そこを修正したい。(筑波は)夏合宿で負けてる相手。ここで勝てたら波に乗れる。絶対勝ちたい。


FL野中 翔平

(慶応戦に向けて準備してきたこと)天理戦で自分自身が不甲斐ない部分が多く、ディフェンスミスもありアタックでも前に出られなかったので、自分が起点となってボールを動かし前に出られるときは前に出る、ディフェンスでも前に圧力をかけてゲインラインを越えさせない、という部分を個人的には意識していました。(勝因について)波に乗った時に、その波に乗り切れたところです。具体的には、エリアを取れたときに、前に出られたところとか、ボールを大きく動かしてビックゲインできたところです。そこで結局トライに繋がらなくても敵陣にいるときに、チャンスだというところを全員が明確に分かっていたました。ディフェンスからのターンオーバーもありましたし、そういう部分でまとまれたことが大きいと思います。秩父宮という会場に対する緊張感もなく、練習で不安要素を消していたので、そこでの緊張はありませんでした。(次戦に向けて)相手に適応していかないといけないと思いますが、自分たちの「やってておもしろい、観ておもしろい」展開ラグビーを突き通して勝ちきることが大切だと思います。


NO8秦 啓祐

(慶應戦)チームのテーマとしてアグレッシブというのを掲げていました。色んな意味でアタック、ディフェンスもアグレッシブにやっていこうとこの1週間やってきました。それが出来なかったところもありましたが、試合の入りでは良かったと思います。ただ、1トライ取られたくなかったですね。あそこは自分のミスでやられてしまったので、(PGの)3点に抑えたかったし、すごく悔しいです。慶応はコンタクト力の強いチーム。前半は苦戦しましたが、後半でフィットネスで優位に立ってから良い形で試合を進められたと思いますね。FWが接点で負けなかったこと、BKが外に良い展開をしてくれてトライを取り切ってくれたこと、そこはすごく良かったです。同志社の良さが徐々に出てきていると感じますね。(筑波戦に向けて)タックルが自分の課題だと思っています。そこでチームに迷惑をかけない、またチームを勢いづけるディフェンスができるようにやっていきたいです。


SH大越 元気

チームとして準備してきたことはハードワークをしてボールを動かしていくことです。アタックはテンポを上げていかないといけないと考えていました。特に、リアクションとリロードの部分を意識してやりました。個人としては、パスとキックの精度。また、秩父宮という会場で大歓声があがった時に通る声で、コミュニケーションを上手くとるところも大事にしていました。雨の試合ということもありそこへの適応力も大切でした。自分は関東出身で秩父宮に何度も足を運んだことあり、中学時代にも1度試合をしたことがあるので緊張感はなかったです。いつも通りに声を出して臨みました。(今試合の勝因について)ディフェンスで前に出られた部分が大きかったと思います。ただ、相手のミスに救われた場面もあったので、そこは謙虚に突き詰めていきたいです。ベスト4にはもっと高いレベルを求めていかないといけません。次戦の筑波戦も落とせない一戦になります。今日慶応に勝ったことは一旦忘れて、1から精度を高めて、相手を分析して、しっかりと準備していきたいです。


SO渡邉 夏燦

天理戦から1週間、DFは良かったので継続して、後半の悪かった部分は修正してきました。どういうプレーのオプションで攻めるか、アタックのところに重点を置いて練習していました。思った以上にコンタクトのエリアで負けていなかったので、チャンスを作ることができましたね。関東にフィジカル負けしなかったこと、FW戦で体力を消耗させたことで、BKが思うようにランできた要因。次の筑波は帝京にも勝ってるくらいフィジカルが強いので、セットプレーで押し負けないようにすれば、今日のような展開に持ち込めると思います。


WTB松井 千士

前半はいい形でトライできました。途中落ちたところもあったんですけど、最後は修正して立て直すことができました。勢いに乗ってきたところで怪我をして、士気を下げたくなかったので踏ん張りました。プレッシャーをはねのけ、リオへの出場権を獲得しました。次はその経験をこの全国の舞台で。筑波は1年生の時にやられている。トイメンの福岡さんとは、スピードで勝負して、観客を魅了していきたいと思います。関西が勝てない時代が続いていますが、今回勝って歴史を変えたいです。



1海士 広大(商3)

2 東 大樹(スポ4)

③ 才田 智(社4)

4 山田 有樹(社3) 

5 森山 雄(商4)

6 丸山 尚城(商2)

7 野中 翔平(スポ2)

8 秦 啓祐(心理3)

9 大越 元気(商3)

10 渡邉 夏燦(社4) 

11 氏家 柊太(政策3)

12 永富晨太郎(商1)

13 林 真太郎(商4) 

14 松井 千士(スポ3)

15 﨑口 銀二朗(経3)

16 山﨑 翔太(社2) 

17 趙 隆泰(法3)

18 石橋 海洋(スポ2)

19 戎 勇(社3)

20 倉本 吏哉(商2)  

21 岩村 昂太(スポ4)

22 永富 健太郎(スポ3)

23 吉澤 奨悟(商4)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について