同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 福島、平尾拓の完封リレーで今季初勝利!!:硬式野球部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
福島、平尾拓の完封リレーで今季初勝利!!:硬式野球部
2016/04/16 HEAD LINE NEWS
近大000000000-----051
同志社100000000-----170

関西学生野球連盟春季リーグ戦 (2016年4月16日)

4月16日、皇子山球場(滋賀県)で行われた関西学生野球連盟春季リーグ戦第3節対近大1回戦。同志社は初回に井手(スポ4)のタイムリーヒットで手にした1点を守りきり、今季初勝利をつかんだ。



明暗を分けたのは初回の攻防だった。1回表のピンチを切り抜けた同志社はその裏、2死二塁のチャンスを創りだす。打席に入るのは4番井手。好調の主砲がバットを振りぬくと、打球はライトの前へ。待望の先制点を手にするとその後は福島(法2)、平尾拓(経3)が見事な投球を披露。完封リレーで同志社が今季初勝利を手にした。



今季2度目の先発となった福島



開幕節を落とし、負けられないこの日のマウンドに上がったのはエース福島。近大の1番小深田のヒットなどで試合開始直後から1死一、三塁と攻め込まれるが、「8割くらいの力で、丁寧に投げた」(福島)。二者連続で三振に切って取りこのピンチを切り抜けた。



7回を無失点に抑えた山岸(法3)・福島バッテリー



ピンチの後にはチャンスあり、初回の危機を切り抜けた同志社が先制に成功する。2死走者なしで矢野(法3)がセンター方向へ打球を放つ。平凡なフライになるかと思われたが、これをセンターが捕球に失敗。「センターフライかなと思ったが、風もあったので走っていた」(矢野)、運も味方につけ二塁打となった。続くバッターは4番・井手。「カウントが追い込まれていたし、変化球で勝負してくるかなと思っていた」(井手)。読み通り、甘く入ったチェンジアップをライト前に運んだ。頼れる主砲の一打で試合の流れを手にした(1-0)。



先制タイムリーを放った井手(スポ4)



6回表、この試合二度目のピンチが訪れた。近大1番・小深田に左中間を破るスリーベースを打たれ1死三塁。ゴロでもフライでも1点となるこの場面。2番吉田の放った打球は関大戦では送球ミスのあったショート・平山(社3)のもとへ。「最悪攻めたミスは自分の中でオッケーにして、割り切って攻めていこうと」(平山)、軽快にさばき本塁へ送球。三塁走者を見事アウトにし、チームの危機を救った。後続もセンターフライに断ち、この試合最大の山場を乗り切った。



攻守でピッチャーを盛り立てる大西(商4)・平山の二遊間


攻守に存在感を見せた平山


5番に入りヒットを放った白水(スポ4)


代打でリーグ戦初ヒットを放った大谷亘(社3)



守備で魅せた平山のバットからチャンスが生まれる。2死からこの日5番に座る白水がセンター前ヒットで出塁。1打席目でもヒットを放っている平山が打席に入った。「まっすぐはこないかなと予想していて、ドンピシャで変化球がきた。1球で仕留めることができた」(平山)。初球をフルスイングすると打球は軽々と左中間を破った。1塁走者白水は3塁を回りホームへ。しかし、センターからボールを受け取ったショートがバックホーム、判定はアウト。近大の華麗な中継プレーに阻まれ、追加点を奪うことはできなかった。その後も近大の先発・畠に代わって登板した左投手・伊波を相手にフォームを変えヒットを放った辻、リーグ戦初ヒットを放った大谷亘らの活躍で近大リリーフ陣を攻め立てる。しかし、あと一本が出ず、追加点を手にできないまま試合は最終局面へと突入する。



左投手を相手にフォームを変え、ヒットを放った辻


今季初盗塁もマーク



8回表、同志社は継投策に入る。7回を0で抑えた福島に代わり平尾拓が登板。競った場面でのリリーフとなったが、「緊張はしたけど福島は運がなくて勝ちがつかないこともあるし、自分は大学で1年多く野球をしてるしここは抑えようと思った」(平尾拓)。後輩、そしてチームの思いを背負い快投を披露。チェンジアップを有効に駆使し近大打線を寄せ付けない。9回表2死、最後の打者を空振り三振に切って取りゲームセット。完封リレーで1点を守り切り、今季初勝利となった。



2回を無安打に抑えた平尾拓


初勝利に笑顔を見せるナイン


ベンチも一体となって戦った


「守りに入らず攻めていけた。まだ余裕はないし、勝ち点を取らないと意味がない」(白水)、前節では崩れたピッチャー陣が奮起し1点を守り切った。いかに接戦をものにするかを追い求めていただけに、今日の勝利はただの1勝以上の意味を持つ。それでもまだ1勝。勝ち点を取って初めて今日の勝利が意味を持つ。明日、勝ち点を奪いチームの進化を証明する。(吉田諒)




▼コメント

#1白水

(打順がこれまでの2番から5番になったがーー)

近大の畠が左によく打たれていて、うちは1~4番左だったのでそこの部分で今日は少し打順が変わった。今までやってきたことを変えずにやるだけなんで、特に5番になって意識を変えたりはなかった。

(接戦を勝ちきれた要因ーー)先制して守りに入るんじゃなくて、全員が攻めて守れていた。

(明日に向けてーー)まだ何の余裕もないし、勝ち点を取らないと意味がない。今日のように先に点を取ってピッチャーを楽にしてやっていきたい。


#10井手

(初回に先制タイムリーーー)

打ったのは真ん中低めのチェンジアップ。カウントが追い込まれていたので変化球で勝負してくるかなと思っていた。

(関大戦から修正した部分ーー)

後がない状況のプレッシャーで自分で自分を追い込むといいプレーができないので、開き直ってプレーするようにした。

(明日に向けてーー)

2連勝というのがまず頭にあるし、チーム全体でのびのびとやるべきことをやる。



#2山岸

(先発・福島をリードしていて心がけたことーー)

コントロールが良かったので、打たれたら自分の責任だと思っていたし、打たれる感じもしなかった。中盤で球が甘くなってきたので、交代することになり、完投はできなかった。

(近大打線の印象ーー)

1,2番が足の速い選手を塁に出さなければそこまで怖くはない。1,2番をあまり塁に出さなかったことが良かったと思う。

(明日に向けてーー)

まだ1勝。2勝しないと勝ち点はつかないので、今日は今日、明日は明日でしっかりとやっていきたい。


#20矢野

(今日の調子はーー)

調子自体は悪くなかった。ツーアウトだったのでとりあえず塁に出ようと思った。

(先制点につながる二塁打ーー)

打ったのは高めのボール球。追い込まれていたのでとりあえず当てて、塁に出ればいいかなと思った。普通にセンターフライかと思ったが、風もあったのでとりあえず走っとこうかなと。

(明日に向けてーー)

明日も1点にこだわって、チームで勝っていきたい。


#3平山

(1死三塁から見事ホームでアウトを取ったがーー)

最悪攻めたミスは自分の中でオッケーにして、割り切って攻めていこうと思った。

(6回裏の二塁打ーー)

後ろにいいバッターがいるのでつなぐ気持ちで打った。前の打席で変化球でやられていたし、結構まっすぐばっかり打ってたんでまっすぐは来ないかなと予想してたらどんぴしゃで来たんで一球で仕留めることができた。

(明日に向けてーー)

もう負けることはできないので今日みたいに攻めていきたい。チームの雰囲気もいいのでしっかり攻め切りたいと思う。


#14平尾拓

(今日の調子はーー)

まあまあ良かった。チェンジアップが良くて、右打者の初球は全部チェンジアップでストライクが取れて有利なカウントで行けた。

(接戦でのリリーフだったがーー)

緊張はしたけど福島に「絶対抑えられるんで頑張ってください」と言われて、福島は運がなくて勝ちがつかないこともあるし、自分は大学で1年多く野球をしてるしここは抑えようと思った。

(明日に向けてーー)

明日勝たないと意味がない。明日もリリーフで投げるかもしれないんで準備をしていきたい。


#大谷亘

(代打での出場ーー)

1年春はメンバーに入っていたがけがなどで出られなかった。4回生や学生コーチなどみんなが引っ張ってくれる中でせっかくチャンスをもらったし、結果を出して後ろの井手さんに絶対つなげたいという気持ちで打席に入った。



#9辻

(近大先発・畠の印象ーー)

去年が7打席1安打だったんで、そろそろ5割くらいいっとこうかなと。とにかく打ちたいピッチャーだった。

(今季初盗塁も決めたがーー)

関大の時に2回盗塁失敗しているんで、そろそろ本当に決めないといけないなと思っていた。

(左ピッチャーとの対戦でフォームが変わったがーー)

オープン戦で左ピッチャーが全く打てなくて、それで打ち方をどうにかしないとなと思って左ピッチャーの時に1回変えてみた。その時に2本打てたんで、左の時はこの打ち方でいこうと決めた。

(明日に向けてーー)

もう負けられないんで、この前2回負けたんで、とりあえず勝ちたい。


#38福島

(登板するうえで意識したことはーー)

今日は8割くらいの力で丁寧に投げた。コントロールもよかった。

(軸にしていた球種はーー)

左バッターが多かったのでチェンジアップ中心でいった。

(6回のピンチでの心境はーー)

今日は自分の力で勝ちたかったので、1点もやりたくなかった。三振を取りたかったけどショートゴロでアウトにできたので良かった。

(7回無失点の好投ーー)

ナイスピッチングと思うけど、2節の負けてしまった分はまだ返せていないので、まだまだです。

(7回で降板したが疲れはーー)

全然ないです。明日行けと言われても全然いけます。



▼スターティングメンバー

1...(左)辻...商2

2...(二)大西...商4

3...(一)矢野…法3

4...(三)井手...スポ4

5...(中)白水...スポ4

6...(遊)平山...社3

7...(右)西田悠...社3

8...(捕)山岸…法3

9...(投)福島…法2


▼バッテリー

同志社...福島、平尾拓ー山岸

関学…畠、池田、伊波ー山野、川上


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について