同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 岡村大爆発!!しかし、守備陣も炎上…立命大に1-3:サッカー部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
岡村大爆発!!しかし、守備陣も炎上…立命大に1-3:サッカー部
2016/04/24 HEAD LINE NEWS

関西学生サッカーリーグ (2016年4月23日)

4月23日にJ-GREEN堺メインフィールドで行われた関西学生サッカーリーグ前期第3節vs立命大。同志社は1-3で敗れた。



ルーキー福地が大学デビューを飾った



インカレ出場を目標に掲げる今季、開幕戦では昨季2位の阪南大を相手に大金星を挙げた。しかし、続く第2節では昨季1位の関学大に力の差を見せつけられ、1-4で敗れた。ここで勝てば大きく勢いづくだろうし、負ければ2季前のように、連敗街道を突き進むことも考えられる。その意味でも、今後を占う重要な一戦となることはわかっていた。ましてや、相手はライバル・立命大。両チームにとって、特別な意味を持つゲームとなった。



スーパークリアも見せた中川


丸本も今季初出場



過去2試合とは打って変わり、序盤から同志社がペースを握った。実際に、20分までに立命大はシュート0本に対し、同志社は3本ものシュートを放っている。8分には松井修平が約25mのFKを直接狙うも、わずかに枠を外れた。すると21分、立命大は右サイドから崩すと、中で受けた木藤舜介が流し込んでゴール。前節と同じく、20分過ぎに先制点を奪われた。追いつきたい同志社は38分、再び松井のFKから渡邉良太郎が頭で合わせるが、惜しくもGKに防がれてしまった。結果的に、前半はシュート1本のみに終わった立命大が、効率的な試合運びでリードを保った。



長谷は前半のみの出場となった


先発出場を続ける向井


チアリーダーを背にプレーする吉村



後半開始時から、同志社は守備的な長谷知季に代えて、打開力に優れる西川佳祐を投入。ゴールを奪うという明確なビジョンが、選手交代によって示された。だが、裏へのボールの回数が増した相手への対応が遅れた。62分には、この日が大学デビュー戦となった福地聡太が痛恨のPKを献上。白岡ティモシィが一度は防いだものの、はね返りを押し込まれ追加点を奪われた。直後の67分にも、DFラインをぶち抜かれて失点。84分には奥野真也から岡村悠矢という前節と同じ形で1点を返したが、後半の同志社のシュートはこの1本のみ。得点を反撃に繋げることはできず、1-3という結果に。同立戦ということで、普段より多くの観客が駆けつけたが、声援に応えることはできなかった。



唯一の得点はまたもや奥野真から…


岡村が決め、このガッツポーズ



「みっともないゲームをしてしまったが、同志社はまだやれるんだと。このままだでは、降格した2年前と変わらない。次は絶対に勝つんだという気持ちで」(岡村)。

開幕から3戦連発と波に乗る男は力強く語った。次節の相手は大体大。ここ2試合、目に見える結果はエースの得点のみ。次は勝ち点3というさらに大きな結果が求められる。(西村健汰)



ほろ苦いデビュー戦となった福地と、励ます同ポジションの先輩・杉本



▼スターティングメンバー

GK1白岡ティモシィ(商2)

DF2吉村弦(スポ2)

DF3渡邉良太郎(スポ3)

DF27福地聡太(社1)

DF13高森大夢(社2)

MF28中川如哉(商1)

MF10松井修平(商4)

MF7安井修平(商3)

MF8長谷知季(スポ4)

FW11向井宏太(経4)

FW35丸本周旦(商3)


▼リザーブ

GK71成田敏彬(商4)

DF4杉本真太郎(政策4)

MF6関純直(法4)

MF14杉原啓太(スポ2)

MF45西川佳祐(文情4)

FW9岡村悠矢(経4)

FW19奥野真也(スポ4)



▼コメント

望月慎之監督

(立命とは)ここ2試合対戦していたし、選手の特徴などは把握していたが、京都選手権の時よりは裏への長いボールを使ってきた。特に後半は押し込まれて、やりたいことをやらせてもらえなかった。不完全燃焼だった。(先制点は)縦パスで抜け出されただけだし、その前にもゴール前まで迫っていたので、そこで決められるかどうか。ゴール前の精度や裏へのケアもまだまだ、甘さが出た。(1点返したが)立ち上がりの100%の時とは別の問題なので。結果を残していることはチームにとってプラスだが。開幕での結果を意識しすぎている気もする。全力を出しきらないと結果は出ないということをもう一度思い出して次の試合に臨みたい。

MF10松井修平主将

入りはよかったが、ちょっとした隙を突かれた。2、3点目は防げる失点だったし、そういう時にもっと引き締めたかった。1失点目がとにかく悔いが残る。2点目を取られず我慢してということをしたかった。みんなナイーブになっていたので、失点しても焦らずに。結局3点目を取られたあとにやらなきゃなとなっていたので。そして、2得点目を取るということも。(1失点目後には)ラインを上げて欲しいことと、まだまだ時間はあるから切り替えて、と。裏への動きも促した。今日も言ってることがあまり伝わっていなかったので、ゲーム中に切り替えさせるような声をもっと出していきたい。

FW9岡村悠矢

入りは良くてそこで点をとれたらよかったが、1点取られて相手のペースになったので、非常にもったいないゲームだった。残り時間が少なくなる中で、(自分の得点が)次のゴールに繋がればいいが。自分のゴールが反撃につながっていないので、そこはもどかしい。でも自信はついてきている。前よりもゴール前で焦らなくなってきたし、もっと長い時間でたいというのはある。(ベンチスタートは)出てない時間で相手の動きを見れるのはいいが、自分の良さはゴールだけじゃないと思っているので。できれば長い時間でたい。同立戦ということで、いろんな人が素晴らしい応援をしてくれたのに、みっともないゲームをしてしまったので、次節は大体大に勝って、まだ同志社はやれるんだと。ここからズルズル行くと2年前と変わらないので、次は絶対に勝つという気持ちで。

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について