同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 85分からまさかの逆転負け:サッカー部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
85分からまさかの逆転負け:サッカー部
2016/05/07 HEAD LINE NEWS

関西学生サッカーリーグ (2016年5月4日)

54日に亀岡運動公園陸上競技場で行われた関西学生サッカーリーグ前期第5vs桃山大。同志社は1-2で敗れた。



奥野滉はリーグ戦初出場初先発



前節、大体大に逆転負けを喫し、3連敗となった同志社。開幕戦に勝利したものの、気づけば降格圏はすぐそこの10位。是が非でも勝ち点3が欲しい今節の相手は5位桃山大。降格した2季前には1勝1分けと、相性の悪くない相手だけに、連敗を止める絶好のチャンスだった。



鮮烈デビューとなった奥野滉



前節と同じく、開始早々にセットプレーから得点が生まれた。7分、丸本周旦がPA右外の角度のないところで倒されてFKを獲得。キッカーは、前節でもFKから得点を演出した松井修平。ふわりと上げたボールに、「駆け引きでマークを外した」奥野滉平が頭で合わると、ボールはポストへ直撃。「入れ」という叫び声に導かれるように、ボールはゴールネットに吸い込まれた。大仕事をやってのけたのは、前節退場により出場停止の渡邉良太郎に代わり、リーグ戦初出場で初スタメンに抜てきされたセンターバック。苦手なヘディングから貴重な先制点を奪った。先制点は同志社に落ち着きを与えてくれた。強風の中、前半は風上でプレーしたこともあり、桃山大に決定機を作らせることはなかった。実際に、45分間での被シュート数を1本に抑え、危なげない内容で前半を締めくくった。



先制点を決めた奥野滉を祝福する選手たち


松井主将は自身のミスを悔やんだ


後半40分までは杉本を中心とした守備陣が耐えた



風下に立たされた後半だったが、守備陣は前半の良い流れを引き継いで、相手の長身FWめがけたロングボールにも対応。被シュートも75分まではわずか1本に抑えた。試合を決める1点が欲しい同志社は、稲垣拓斗、大雄一慶と、攻撃のアクセントとなる選手を投入。だが、フィニッシュまでは繋がらず、選手たちにはゲームを支配できない焦りが生まれてしまう。その焦りが、残り5分で歯車を一気に狂わせた。85分、桃山大の左サイドのスローインから、中央でキープして逆に振られると、マークが遅れ同点とされた。さらに94分、自陣でボールを失うと、今度は左へ振られ、痛恨の逆転弾を許してしまった。これで2試合連続の逆転負けとなった。



これで4連敗と、厳しい状況は続く。だが、リーグ戦はまだ始まったばかり。残り17試合をどう戦うのか。トンネルの出口は、すぐそこにあるはずだ。(西村健汰)



スターティングメンバー

GK1白岡ティモシィ(2)

DF2吉村弦(スポ2)

DF5奥野滉平(3)

DF4杉本真太郎(政策4)

DF8長谷知季(スポ4)

MF6関純直(4)

MF10松井修平(4)

MF7安井修平(3)

MF22清岡恭祐(4)

FW19奥野真也(スポ4)

FW35丸本周旦(3)


リザーブ

GK71成田敏彬(4)

DF27福地聡太(1)

MF45西川佳祐(文情4)

MF32稲垣拓斗(スポ3)

MF14杉原啓太(スポ2)

FW9岡村悠矢(4)

FW60大雄一慶(2)



コメント

望月慎之監督

リードしてある程度まで守れただけに、最後の10分が悔やまれるに尽きる。後半は風も向かい風で押し込まれるかと思ったが、しっかり対応できたのは評価できるが、最後に細かいパスで幅を使われた。守備のところで後手後手に回ってしまった。予測してコースに入れればよかったが、慌てて飛び込んでしまった。戦う姿勢は出ているのでそこは心配ないが、結果につながらないことにジレンマを感じて自分たちを見失うことが一番怖い。今日は点差以上にメンタル的な差が大きいと思うので、そこを選手一人一人がどう乗り越えられるか。選手を欠く中で徐々に良いプレーは増えてきている。あとは結果を出せるかそうか。

DF5奥野滉平

早い時間で先制できたが、2点目が遠かった。後半は守備に回ってしまい、耐えきれなかった。ヘディングは得意じゃないが、相手DFとの駆け引きで逆を突いて勝てた。(1失点目は)右サイドに寄りすぎて、相手の9番に誰もついていけなくて、長谷くんも連れ出されて、どうしようもなかった。(2失点目は)できたらファーサイドを消したかったが、疲労もたまり、寄せきれなかった。連敗が続いているし悪い流れを断ち切るためにも、改善するところは直して勝ち点1でも欲しい。

MF10松井修平主将

締め方が悪かった。1点取られた後も耐えるべきだったが、そのまま行ってしまい、勿体無い試合だった。失点シーンでは技術の甘さが出てしまった。風で良いキックが飛ばなかったが、1個目で決められたのはよかった。でも、自分のミスから失点してしまったので。風に押されていた前半のうちにもう1点取りたかった。1点目は取れるけど、2点目を取れるかどうか。そこが弱さかなと。最後の締め方など細かいところも徹底して失点しないように。点は取れると思うので。

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について