同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 関学エース・中内を攻略できず 天王山初戦は惜敗:硬式野球部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
関学エース・中内を攻略できず 天王山初戦は惜敗:硬式野球部
2016/05/07 HEAD LINE NEWS
関学002001000-----380
同志社100000000-----170

関西学生野球連盟春季リーグ戦 (2016年5月7日)

5月7日、ほっともっとフィールド神戸で行われた関西学生野球連盟春季リーグ戦第6節対関学1回戦。7試合連続となる先制点を挙げるも逆転負け。天王山初戦は1-3で関学に惜敗した。



同立戦前夜祭のためこの日は應援團が不在。それでも優勝に向けた天王山のこの試合、声援なしで戦うことはできない。選手たち自らが精いっぱい声を出し、高校野球さながらの応援で試合を盛り上げた。



應援團不在も自らの声でスタンドを盛り上げた



その気持ちに応えたい同志社は先発・平尾奎(法4)がマウンドに登る。今季はこれまで2戦目の先発を務めていたが、「相手に左が多かったし、調子も良かった」(渋谷監督)。2試合連続完封を果たし調子を上げている平尾奎が初戦の先発に抜擢された。



リーグ戦初となる初戦の先発を務めた平尾奎


この試合まで2試合連続完封中の山岸(法3)・平尾奎バッテリー



初回を三者凡退で終えると、その裏に同志社が先制に成功する。好調の辻(商2)がセンター前ヒットで出塁し、大西(商4)が送って1死一、二塁。打席には前の試合スタメンを外れた矢野(法3)が入る。「チャンスは少ないと思っていたから積極的にいった」、前節の悔しさをぶつけ4球目のチェンジアップをセンター前にはじき返す。好投手・中内から貴重な先制点をもぎ取り、試合の主導権を手にした(1-0)。



先頭辻がセンター前ヒットで出塁


2番大西がきっちりバントを決め


3番矢野がセンター前にタイムリーを放った


辻が先制のホームを踏んだ


ベンチに戻りハイタッチを交わす



しかし、つかんだ流れを自ら手放すこととなる。2回裏、平山(社3)、山岸(法4)のヒットで1死一、三塁のチャンスをつくる。追加点を取ればさらに試合を優位に運べる場面だが、「一番やってはダメなこと。あのミスで流れが向こうに行ってしまった」(山岸)。一走山岸が痛恨のけん制死。2死三塁となり、バッター平尾奎は7球粘るも三振に倒れる。追加点のチャンスは瞬く間に霧散してしまった。



嫌な形で攻撃を終え迎えた3回表、平尾奎が関学打線に捕まった。簡単に2死までこぎつけたが、2番大倉に内野安打で出塁を許すと次打者に四球を与え2死一、二塁のピンチ。ここで昨季、3試合の対決で6安打4打点と相性の悪い4番片山に打席が回る。ボール球を使い警戒を払いながら攻めるが、「強振というよりもシュアなバッティング」(平尾奎)。甘く入った4球目にうまく合わされレフト前タイムリー。天敵の一打で試合を振り出しに戻された(1-1)。さらにヒットを放たれ満塁となると6番姫野にストレートの押し出し四球(1-2)。後続を断つが、逆転を許しこの回を終えた。さらに6回表には2死三塁のピンチでピッチャー中内にまさかのタイムリーヒットを打たれリードを2点に広げられた(1-3)。



勝負強い白水(スポ4)だが、この日はチャンスで走者を返すことができなかった


ファインプレーで投手を助けた井手


バントだけでなくヒットでチャンスを演出した大西


スタメン復帰もこの日は無安打に終わった西田悠(社3)


けん制死はあったが1安打2出塁と好調をキープする山岸


4割に迫る打率を残す平山はこの日もマルチ安打



あと一本が出なかった。4回裏、2死二塁のチャンスをつくるも西田悠はセカンドゴロに倒れる。6回には先頭・大西のヒットを足がかりに1死二塁。絶好の場面で中軸に回るが、4番井手がショートゴロ、5番白水は三振と2点ビハインドのまま試合は終盤戦に突入した。



3回無失点と好リリーフを果たした平尾拓(経3)



7回からマウンドに上がったのは4月16日近大戦以来の登板となった平尾拓。ボール先行の投球が続くが、「調子は良くなかったけどピンチで粘れた」。8回には1死二塁のピンチを招くが、まずは8番小田原を三振に切って取る。9番中内の打球はレフトの前に落ちたかと思われたが、これを辻がダイビングキャッチ。バックの好守にも助けられ追加点を許さない。毎回走者を出すが、なんとか3回を無失点に抑える。自らの役目を果たし味方の反撃を待った。



「生命線のスライダーを見極めて打っていこうと話していたが、それ以上にキレがあった」(澁谷監督)。しり上がりに調子を上げていく中内を相手に同志社打線は沈黙。得点圏に走者を進めることができない。9回裏、平山が2死からヒットで出塁するが反撃はならず。代打・大谷司(商2)が三振に倒れゲームセット。相手エースを攻略することができず、1-3で敗北した。



代打・大谷司は三振に終わった


天王山初戦を勝利で終えることはできなかった



関学との天王山、第1ラウンドは惜しくも敗戦に終わった同志社。リーグ制覇のためにはもう一試合も落とせないが、「明後日のことは考えない。もう負けられないし、まず明日出し切る」(白水)。ここから4連勝が必要となるが、まず必要なのは次戦での白星だ。4月から続けてきた快進撃をここで終わらせるわけにはいかない。つかみかけている悲願も、自らのプライドも、すべてを懸けて明日の大一番に臨む。(吉田 諒)



▼コメント

#1白水

(中内の印象--)

いいピッチャーなんであんまし点取れんこと覚悟で、3点取って、3点以内に抑えようと。逆のことをやられてしまったけど、惜しいとこもあった。

(5回のチャンス惜しくも三振--)

チェンジアップ。ボールだったけど、あそこで1点取ったら分からなくなってたから。

(明日に向けて--)

もう負けれないし、まず明日出し切って。明後日のことは考えず明日勝ちに行く。3戦目まで持っていけたら絶対勝てると思う。


#18平尾奎

(今季初めて1戦目で先発--)

任されたというところから、責任感があった。プレッシャーというより、やってやろうという気持ち。

(関学打線の印象--)

左バッターが多く、引っ張らない印象。強振というより、シュアなバッティングをしてくる。

(反省点や課題は--)

2アウトから、シングルヒットや四死球でランナーを出してしまったところ


#14平尾拓

(久々の登板--)

近大戦から2週間空いてたけど、すんなり入れた。ボール先行で調子良くなかったけど、ピンチで粘れた。反省点は、リリーフとして流れを大切にするためにストライク先行しなければならなかった。収穫はランナー出ても落ち着いて、焦らず投げれた。

(関学4番片山の印象--)

2ストライクに追い込んで、(3球目が)外れた時点で自分の負け。選球眼はいいけど、インコースは嫌いだと思う。

(明日に向けて--)

明日もリリーフだと思う。チームが勝つために投げるだけ。


#2山岸

(今日のリードについて--)

先発はストレートで良い球を投げていた。そのストレート中心で抑えようと思った。3回も低めに球がこればよかったけど、2回裏自分のミスで流れが向こうにいってしまった。

(2回に牽制死のミスについて--)

一番やってはダメなこと。気を抜いてたわけじゃないですけど、あれで負けたようなもの

(明日にむけて--)

今日でつかんだ課題を明日にしっかり活かしたい。

#20矢野

(1打席目に先制タイムリー)

チャンスが少ないと思っていたので、それを逃さないように積極的にいった。

(関学先発・中内の印象--)

まっすぐと追い込んでからのチェンジアップがいいので、追い込まれる前に勝負しようとしてた。

(明日への意気込み--)

絶対落とせないので、チーム一丸となって勝ちに行く。



▼スターティングメンバー

1...(左)辻...商2

2...(二)大西...商4

3...(一)矢野…法3

4...(三)井手...スポ4

5...(遊)平山...社3

6...(中)白水...スポ4

7...(右)西田悠...社3

8...(捕)山岸…法3

9...(投)平尾奎…法4


▼バッテリー

同志社...平尾奎、平尾拓ー山岸

関学…中内ー仲川

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について