同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 福島3勝目!!先発全員安打で勝負をタイに戻す:硬式野球部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
福島3勝目!!先発全員安打で勝負をタイに戻す:硬式野球部
2016/05/08 HEAD LINE NEWS
同志社041000200-----7120
関学000011002-----490

関西学生野球連盟春季リーグ戦 (2016年5月8日)

5月8日、ほっともっとフィールド神戸で行われた関西学生野球連盟春季リーグ戦第6節対関学大2回戦。序盤に4点を先行するとその後は関学の追撃をかわし勝利。7-4で勝負を1勝1敗のタイに戻した。先発の福島(法2)は6回を2失点に抑え今季3勝目を挙げた。



自身のバットで勝利を引き寄せた。2回表1死満塁のチャンスで先発・福島に打席が回る。流れを大きく左右する場面で、思い切りバットを振りぬいた。打球は一、二塁間を破り先制のタイムリーヒットとなった。この1点を契機に打線が爆発。援護を背に6回を2失点に抑え、今季3勝目を挙げた。



負けられない一戦にチーム一丸で挑んだ


今季初めて2回戦での先発となった福島



関学大に先勝され、負ければリーグ優勝が消滅する2回戦。マウンドには初戦の登板がなかったエース福島が登る。「1戦目外されたことは悔しかった」(福島)と、初回から気持ちの乗ったピッチングを披露。3回までに6奪三振と上々の立ち上がりとなった。



打撃好調の同志社は序盤から関学大投手陣にたたみかける。初回、トップバッター辻(商2)が昨日に続きヒットで出塁。大西(商4)が送り早速好機を演出する。得点には至らなかったが、試合開始直後から先制への期待を抱かせた。



ビッグイニングが訪れたのは2回の攻撃だった。先頭の5番白水(スポ4)がセンター前ヒットで出塁すると西田悠(社3)、山岸(法3)とつなぎ1死満塁。先制のチャンスでピッチャーながらも打撃での貢献度が高い福島が打席に入る。スクイズなども考えられる場面だが、「何もサインがなかったので期待してくれているのかなと」(福島)。野手さながらのバッティングで一、二塁間を破り、自らを助ける先制タイムリーとなった(1-0)。続いて2死から大西が押し出し四球を選び追加点(2-0)。ノースリーからフルカウントまで持ち込まれたが、「今までだったら1-3から振りにいってたと思うけど今日は余裕をもってボールを見れた」(大西)と4年生らしい冷静さが垣間見えた場面だった。さらに変わらず満塁から矢野(法3)が2戦連続となるタイムリーヒット(4-0)。打者一巡の猛攻でこの回一挙4点を奪った。



今季初打点をマークした福島


3度出塁し2得点と打線の起爆剤となった白水


打線のつなぎ役、守備でのファインプレーと攻守に貢献した大西


自身の誕生日に2安打4出塁と大活躍の西田悠


貴重な2点タイムリーを放った矢野



3回にはまたも先頭・白水のヒットから1死一、三塁のチャンスを創りだす。ここで8番山岸に投じた2球目がワイルドピッチとなり3塁走者がホームイン(5-0)。相手のバッテリーミスでさらに1点を追加した。



同じく負けられない関学大も粘りを見せる。5回裏、2死三塁から2番大倉の内野安打で1点を返される(5-1)。さらに6回には2死満塁のピンチを招いた。1番赤川に押し出し四球を与えてしまい(5-2)、この日すでに3安打を放っている大倉と4度目の対戦。一打同点の場面だが、「これ以上点をやったら流れが悪くなる」(福島)。3球目のフォークに相手のバットが空を切り、失点を最小限にとどめた。



6回を2失点に抑えた山岸・福島バッテリー。福島は今季3勝目を挙げた。



ピンチを切り抜けた7回表、追いすがる相手にとどめを刺した。矢野、さらにここ9打席ヒットがなかった井手の連打で1死二、三塁。このチャンスでこの日全打席バントと、黒子に徹していた平山のバットが火を噴いた。「ストライクボールだけ見て、来た球を打つつもりで」強振した打球は左中間を破るタイムリースリーベース(7-2)。関学大に流れを渡さない、大きな追加点となった。



7回裏からは1回戦で好リリーフを見せた平尾拓が登板。9回に2死一塁から本塁打を浴びるも(7-4)、落ち着いて後続を断ち試合終了。勝負を1勝1敗のタイに戻した。



とどめの2点タイムリー三塁打を放った平山


1回戦に続きリリーフで3回を投げた平尾拓


チームに欠かせない存在となっている福島・辻の2年生コンビ



負けられない一戦を制し、3回戦に望みをつないだ。先発全員安打の12安打と打線は好調を維持。守備でもいくつものファインプレーが飛び出すなど、チームの状態は悪くない。明日は初戦、完投負けを喫したエース・中内の登板が予想される。「去年の秋からずっとやられているし、チームでしっかり対策を練りたい」(井手)と主砲も十分に警戒している。昨季も11回を無失点に抑えられるなど、相性の良くない相手だ。この好投手から、いかに少ないチャンスをものにするかが勝利のカギとなる。



「3戦目に勝たないと意味がない。明日にすべてかけるつもりで」(白水)。ここ数年で最も優勝に近い位置にいるが、すべては最後まで勝ち切ってこそ。勝ち点を奪い優勝戦線に踏みとどまるのか、志半ばでリーグ戦を終えるのか、明日が運命の分かれ道となる。(吉田 諒)




▼コメント

#1白水

(2安打3出塁の活躍ーー)

一打席目自分が出て点につながったし、出塁することだけ考えてた。

(関学は6人の投手をつぎ込んだがーー)

正直1戦目の先発よりはやっぱりちょっと落ちるし、強くたたこうとおもった。

(3戦目に向けてーー)

これを取らないと何の意味もないし、同立戦で優勝決めたい。明日に全てかけるつもりで。


#10井手

(数打席ヒットがなかったーー)

しんどかった。でもみんな打ってくれた。周りが頼もしくてカバーしてくれてる。今日はベンチにアドバイスをもらって、試行錯誤のなかで1本出たのでよかった。

(最近好守備が出ているーー)

関大の2回戦で守備のミスが出てしまっていたので練習に力を入れた。イメージと一致したプレーかできた。

(チームとしての雰囲気ーー)

すごくいい。今日も緩むことなく戦えた。チームとしてやるぞっていう気持ちが出てる。

(明日は中内の先発が予想されるがーー)

去年の秋からずっとやられているので、今日チームでしっかり対策を練りたい。絶対に勝って勝ち点を取って、優勝につなげたい。


#7大西

(2回表、満塁で四球を選び追加点ーー)

押し出しになった場面は今までだったら1-3になったときに多分振りに行ってたと思う。でも今日は1つ見逃して2-3になってもまあいけるかなという余裕がすごくあってそれで自分自身冷静になってボールを見れた。調子も少しずつ良くなってきて余裕をもって打席に入れてるかなと思う。

(守備ではファインプレーもあったがーー)

打つことでチームを引っ張るのは難しいので守りでチームに貢献しようというのは常に思っていることなので。自分のできることを精一杯やっているだけ。

(3戦目に向けてーー)

向こうも負けたら終わりで状況的には同じ。ここまで来たら技術うんぬんというより勝ちたい気持ちが上回った方が試合に勝てると思う。苦しい試合になるとは思うが最後の一球まで全員が集中してチーム一丸となって勝ちにこだわりたい。


#20矢野

(タイムリー含む2安打ーー)

後ろの井手さんに繋ぐことだけを考えていた。でも打ったヒットはすべてボール球だったので、見極めができていなかった。

(見逃し三振が2つーー)

見極めることを意識しすぎて見極めすぎた。

(明日は中内の先発が予想されるがーー)

いかに低めの変化球が見極められるか。簡単には打てないので、狙い球を絞って積極的にいきたい。

(明日への意気込みーー)

明日が勝負なので取るしかない。一丸となって全力で勝ちに行く。


#2山岸

(福島のリードはーー)

ストレートもすごくよく走っていて、変化球でもカウント取れてたんで、すごくリズムよくできた。ストレートで印象づけて変化球で仕留めた。

(バッティングについてーー)

落ちてきている。1打席目ヒットを打って、その後打てなかったので。今までが良すぎたので、こんなもんだと思う。

(明日に向けてーー)

明日にかかっている。一番大事な試合なので、決勝戦のつもりで、絶対勝ちたい。


#28西田悠

(今日の試合はどうだったか--)

負けられない戦いだった。変に固くならず、自分たちの野球をすることを心がけた。

(2安打4出塁だが調子はーー)

朝の段階ではあまりよくなかった。もう割り切って、楽しもうという気持ちでいった。結果オーライ。

(3戦目に向けてーー)

明日ももちろん負けられない。今日の雰囲気というかイメージで、自分たちのやってきたことを信じて戦いたい。


#3平山

(バントをする機会が多かったがーー)

バントは大の苦手(笑)今日はなんとか、って感じでやった。

(7回のスリーベース、狙い球などはーー)

狙い球は特になかった。ストライクボールだけ見て、来た球を打つつもりだった。

(3戦目に向けてーー)

何としてでも勝つ。立命館との試合を優勝決定戦にしたい。どんな形でもいいから、本当に勝ちたい。


#14平尾拓

(ホームランは何を打たれたかーー)

まっすぐ。甘くはなかったんですけどね、打たれましたね(笑)正直、直前の山岸のやつで、気が抜けてたのかもしれない。ストライク投げればいいや、と思ってた(笑)

(準備はできていたかーー)

福島が潰れれば、3、4回からいくと言われてたので、準備はできていた。でも、今日は福島がピンチでも粘ってくれた。

(他のピッチャーの活躍についてーー)

一緒に練習してる仲間なんで、負けてられないという思いはある。自分はリリーフと決まってるので、先発ががんばってくれてるところで準備をしっかりしている。楽しくやってる(笑)

(3戦目に向けてーー)

明日はたぶん、中内が投げてくると思うので、点は取れない試合になると思う。監督も明日は総力戦になると言っていた。いつ投げるかわからないけど、ピッチャー陣全員で、相手を抑えて、攻撃に繋がるようにしたい。


#38福島

(今季初めて2回戦での先発となったがーー)

昨日負けたし、1戦目外されてたことは悔しかたっし、監督に僕を使わなかったことを後悔させてやろうぐらいの気持ちで投げた。

(自身を助ける先制タイムリー)

バッティングは好きで、あの場面で何もサインがなかったので、期待してくれてるのかな、とも思っていたし、打ててよかった。

(6回の二死満塁のピンチを三振で切り抜けたがーー)

最後はフォーク。今日は点を取られたくないなって思ってマウンドに立ってたので、1回目取られた時は悔しかったけど、2回目は押し出しで自分の力不足だった。これ以上点やったら流れが悪くなると思ってたんで、2点で抑えれてよかった。この回を1点で食い止めれたのは大きかった。

(3回戦に向けて)

あと3つ全部全部勝たないと優勝はないし、優勝がなくなったわけではないので、しっかり準備して、行けって言われたら、チームの勝利に貢献できるようなピッチングをしたい。



▼スターティングメンバー

1...(左)辻...商2

2...(二)大西...商4

3...(一)矢野…法3

4...(三)井手...スポ4

5...(遊)平山...社3

6...(中)白水...スポ4

7...(右)西田悠...社3

8...(捕)山岸…法3

9...(投)福島…法2


▼バッテリー

同志社...福島、平尾拓ー山岸

関学...山口、重田、朝倉、下山、後藤田、中内ー仲川、浅尾、大上

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について