同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 王者近大に敗れ準優勝:アーチェリー部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
王者近大に敗れ準優勝:アーチェリー部
2016/05/11 HEAD LINE NEWS

関西学生アーチェリーリーグ戦 (2016年5月8日)

4月3日から行われた関西学生アーチェリーリーグ戦。

近年は優勝決定戦まで勝ち進んでいるものの、あと一歩のところで近大に敗れ準優勝に終わっている。



主将としてチームをまとめる水野(商4)



初戦の対神戸大戦では5132点に終わったが、2戦目では歴代5位以内に入る5256点をたたき出し、好調な滑り出しを見せた。しかし、3戦目以降は思うような得点を出せず、予選全5試合を終えた。「1回いい結果を出したけど、それを繰り返せなかった」(主将・水野、予選最終戦後談話)と不安材料が残ったまま優勝決定戦を迎えることとなった。



予選1戦目のメンバーに選ばれた大川(理工3)


昨年の王座のメンバーに選ばれた小笠原(商2)


チームの柱として期待される小川(スポ2)


最高学年としてチームを支える若山(スポ4)


優勝決定戦でスタメン入りを果たした行場(スポ2)


大活躍を見せた服部(文情4)



迎えた近大との大一番。近大は今年のリーグ戦でも予選全5試合のG.T.(グランドトータル)のアベレージで同志社よりも100点以上上回っており、盤石な戦いぶりで優勝決定戦まで勝ち進んできた。

試合の序盤。王者相手に序盤からペースをつかみたいところだったが、思うような得点を出せず流れは近大に。その後も近大有利な展開が続き、終わってみれば5186-5327と大敗を喫した。「全然ダメ、近大に申し訳ない」(岡田)。主将の水野も「良くも悪くも予想通り。もうちょっとくらいつけるとこあった」と終始ペースを握れず、同志社らしさを出すことが出来なかった。



またしても準優勝に終わってしまったが、王座に向けて明るい材料も数多く見えてきた。

まずはルーキーの活躍だ。1戦目こそルーキーの出場は無かったが、2戦目以降は毎試合起用し、ルーキー達も期待以上の活躍を見せた。



優勝決定戦のスタメンに抜擢された菅野(スポ1)


堂々としたプレーを見せた武田(商1)



そして今年のリーグ戦で素晴らしい活躍を見せた岡田拓己。予選から安定した点数を出し続け、「680点出るように」(予選3戦目後談話)とその言葉通り、優勝決定戦では両チームの中で最高点となる682点をたたき出した。

だがそんな岡田は去年の王座でメンバー入りを果たせず、悔しさを味わった。「今年は(メンバーに)なることが目標じゃなくて、優勝することが目標」。去年の悔しさをバネに、大舞台での活躍を誓った。



チームの中心選手として、王座での活躍が期待される岡田(商3)



王座まで残り1か月。近年は準優勝止まりで、昨年もあと一歩のところで慶大に敗れ準優勝に終わった。「部としての目標を如何に意識して、行動するか」(水野)。残された時間で如何にチーム力を高めることが出来るか。2006年以来の王座制覇へー、「同志社らしさ」で頂点まで駆け上がる!(今川将成)



【リーグ戦の成績】

1回戦 vs神戸大 5132-4960  MVP 大川直紀

2回戦 vs関学大 5256-4097  MVP 菅野博暉 

3回戦 vs京産大 5102-4956  MVP 岡田拓己

4回戦 vs甲南大 5182-4970  MVP 武田祥孝 

5回戦 vs関大 5130-5015  MVP 岡田拓己

(MVP:スタメンとして出場した選手によって選ばれた)



同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について