同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 激闘制し、逆転勝利:バスケットボール部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
激闘制し、逆転勝利:バスケットボール部
2016/06/10 HEAD LINE NEWS

西日本学生バスケットボール選手権大会 (2016年6月9日)

69()にエディオンアリーナ大阪にて行われた西日本学生バスケットボール選手権大会2回戦、対九国大。序盤から激しい攻防戦が続くも、見事68-57で勝利した。



気合いを入れる選手たち。



この試合に勝てば、ベスト8。さらに上を目指す同志社にとって大事な一戦。スターティングメンバーは、元田(4)、岩坪(3)、村井(スポ2)、柳原(文情2)、古村(1)。試合開始後、互いに譲らずしばらく攻防戦を繰り広げるが、ついに相手に先制点を許してしまう。その後すぐに古村が点を入れるも相手に流れを持って行かれ、1Q16-171点差で終える。「オフェンスがうまく機能していなかった」(尾前監督)。流れはそのまま、2Qでも攻防戦は続き26-30の同志社ビハインドで前半が終了。



岩坪(政3)がチームに勢いをもたらした。



迎えた後半。九国大に先手を取られ、またしても流れを持って行かれる。3Q開始から4分、相手にスリーを決められ32-39。なんとか自分たちの流れにもちこみたい同志社。3Q残り2分、ここで岩坪が魅せる。「前半は決めれなかった。後半は決めようと思った」(岩坪)。スリーを2本決め、続けて古村もシュートを決め、チームに勢いが出始める。残り1分を切ったところで41-41と追いつくも、その後得点を許し3Q41-432点差で終える。勢いづいてきた同志社。4Q開始後、山形(生命3)や下田(2)など順調に得点を重ね、見事相手のペースを崩すことに成功。「相手のズレにいかにタイミングよく攻めきれるかが大事」(尾前監督)。最終的に68-57で逆転勝利を収めた。



山形を讃える選手たち。



ベスト8が決まる試合。去年を越えるためにはまずこの一戦を勝ち取る必要があった。そして明日はベスト4をかけた名古屋経済大との対戦。身長の高い選手がいるため、インサイドで負けないようにすることが重要だ。「相手のギャップができたところでいかに攻めきれるか」(尾前監督)が明日の課題だ。勢いづいてきた同志社。この課題を克服し、また一歩成長することができるのかーー。(畠中美空)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について