同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 王座ベスト8:アーチェリー部
日本学生トライアスロン選手...
近畿学生トライアスロン選手権大会
立教大に逆転負けを喫す
リーグ戦4連勝![軟式野球部]
逆襲を誓うエース。悔しさを...
'17春の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年5月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
王座ベスト8:アーチェリー部
2016/06/27 HEAD LINE NEWS

第55回全日本学生アーチェリー男子王座決定戦 (2016年6月19日)

まさかのベスト8に沈む


王座を戦った3人(左から服部(文情4)、小笠原(商2)、岡田(商3))



初日の予選は10位と下位に沈むも、「順位の位置取りは悪くなかった」(水野)と決勝トーナメントでの巻き返しを誓った。



迎えた2日目の決勝トーナメント。

初戦は関大との関西勢対決となった。序盤は第2エンドを終え、4-0と大差でリード。だが終盤、関大に2セット連続で2ポイントを奪われ、4-4の同点にされた。「普通にできなかった」(小笠原)と決着はシュートオフへと委ねられた。後半の嫌な流れのまま迎えたシュートオフだったが、「経験の差」(小笠原)で辛くも勝利をおさめた。



ラスト王座に臨んだ服部


チームを牽引した岡田


2年連続で王座出場を果たした小笠原



続く2回戦は早稲田大との一戦。予選を2位で通過した強豪だ。「しょっぱな好スタートを切れた」(岡田)と、第1エンドで2ポイントを先行する幸先の良いスタート。だが、その後は初戦とは対照的に「経験の差」(小笠原)を見せつけられ、第3エンドを終えて2-4とリードを許す。続くエンドで2ポイントを奪わなければ、敗退が決まる同志社。だが、その後も悪い流れを断ち切ることが出来ず、3-5で敗れた。



コーチとして、主将としてチームを支えた水野(商4)(右は小川(スポ健2))



昨年の準優勝から一転、ベスト8と不本意な結果に終わった今シーズン。「まだやれることあった」(服部)と選手たちは悔しさをにじませた。王座を戦った岡田は「外すごとにチームの雰囲気悪くなった」と何度も雰囲気という言葉を口にした。



だがすでに選手達は来年の王座を見据えている。来シーズンは岡田を中心に昨年、今年の王座に出場した小笠原や小川がチームの核となるだろう。「近大以外は点には差がない。あとはチームの雰囲気。この反省を生かして1年後ここに帰ってきたい。」(岡田)



選手達の後ろから大声援を送り続けた



チームとしての真価が問われる来年の王座。一回り大きくなった同志社アーチャーが来年こそ、つま恋の舞台で王座制覇を成し遂げてみせる!(今川将成)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について