同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 近大に敗れ、リーグ戦2連:バスケットボール部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
近大に敗れ、リーグ戦2連:バスケットボール部
2016/09/04 HEAD LINE NEWS

関西学生バスケットボール選手権大会 (2016年9月3日)

93日に京都産業大学総合体育館にて行われた関西バスケットボール選手権大会2日目、対近大。序盤から攻防戦を繰り広げるも、同志社64-74近大で敗北。リーグ戦初勝利はならなかった。



ジャンプボールにより試合開始。



岩坪(政策3)、村井(スポ健2)、柳原(文情2)、古村(1)、田邉(1)の布陣で挑んだリーグ戦2戦目。試合開始後すぐに村井が先制し、バスケットカウントで点を獲得。続けて田邉、古村とルーキー2人が点を決め、相手を突き放す。流れは同志社のまま第1Q22-16で終了。しかし第3Q。近大の当たりの強いディフェンスにボールがうまく回らなくなる。岩坪のファーストブレイクや古村の連続のシュートなど、積極的に点をとりに行くが、リバウンドがなかなか取れず相手に点を許し、54-52で第3Qが終了。



ファーストブレイクを決めた岩坪(政策3)。



迎えた第4Q。序盤から攻防戦が続き、後半でついに近大に追いつかれてしまう。その後、完全に流れを相手に持って行かれ、試合終了(64-74)。「ディフェンスリバウンドが負けていた」(尾前監督)。前回の天理戦で課題が多く見つかった同志社。今回の近代戦に向けて、オフェンスの強化はやってきたつもりだった。しかし相手の強いディフェンス、ディフェンスリバウンドに負け、シュート率も下がってしまった。「ディフェンスでいかに点を抑えられるか」(尾前監督)が次の課題だ。明日はリーグ戦3戦目。気持ちを切り替え、明日の一戦に挑む。(畠中美空)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について