同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 接戦を繰り広げるも、立命館に惜敗:バスケットボール部
日本学生トライアスロン選手...
全日本学生RCS第3戦白馬...
課題、浮き彫りに
'17ルーキー特...
全員で守り抜き、関西インカ...
'17ルーキー特...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年6月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
接戦を繰り広げるも、立命館に惜敗:バスケットボール部
2016/09/09 HEAD LINE NEWS

関西学生バスケットボール選手権大会 (2016年9月7日)

97日に枚方市立総合スポーツセンターにt行われた関西学生バスケットボール選手権大会4日目、対立命館。序盤、流れを掴みかけるも後半で巻き返され同志社74-80立命館で敗北。これでリーグ戦通算成績は04敗となった。



試合開始。



まずは1勝。気持ちを切り替え挑んだリーグ戦4戦目。対戦相手は立命館。昨年のリーグ戦で完敗した相手だ。スターティングメンバーは岩坪(政策3)、村井(スポ2)、柳原(文情2)、古村(1)、田邉(1)。第1Q、相手のファイルが重なり、古村・柳原がフリースローを決め4-0。リバウンドも確実にとれていた。さらに1年生の田邉、古村が立て続けにシュートするなど活躍を見せる。しかしここで立命館の2本続けてのスリーが入りついに逆転される(16-17)。後半、切り替えができずにシュート率は下がり、下田(2)がスリーを決めるも21-28で第1Qを終える。



スリーを決めた下田(法2)。



2Q、序盤は立命館に流れを持って行かれたまま、シュートがなかなか入らず、ミスが多かった。積極的にプレーし、34-373点差まで追いつく。第3Q、ここで同点に追いつきたいところ。開始3分、切り替えができたのか、岩坪が3本連続のスリーを決める。さらに相手のファウルで古村のフリースロー。ここも確実に点を決め、同点に追いついた。続けて古村が点を決め、48-46で逆転を果たす。しかしその後も相手に点を決められ53-59で第3Qを終える。6点差で迎えた第4Q。開始後すぐに相手にスリーを決められさらに点差が開く。古村のミドルシュートや右田(スポ2)のスリーなど、積極的に攻めるが相手も負けてはいない。その後も激しい攻防戦が続き、74-80で試合終了。「勝負所でチームの集中力が切れてしまった」(古村)



この試合で大きな活躍を見せた古村(商1)。



今回の立命館戦でリーグ戦通算4連敗となってしまった同志社。オフェンスリバウンドを意識して挑んだが負けてしまった。次の戦いは大経大との試合。「一番大事なのはチーム力、再確認して次の試合に挑みたい」(古村)と課題は明白だ。まずは1勝。同志社のチーム力が今試される。(畠中美空)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について